FC2ブログ

一学期終了。ごちそうさまでした。

平成30年7月20日(金曜日)
カレー
ごはん・牛乳・甘口カレー・青森のフルーツヨーグルト和え

今日は一学期の給食最後の日でした。
最後はみんなが大好きなカレーライスとフルーツヨーグルトのコンビでしたね!
みなさんは色々な国で色々なカレーが作られていることを知っていますか?インドやタイ、ミャンマー、ベトナム、イギリス、フランスなどその国のカレーがあります。

では、日本のカレーはどんな料理か調べてみましょう。日本にはイギリスからイギリスの料理として伝わった説が有力です。そのカレーに小麦粉を加えてとろみをつけてご飯に合うようにしたものが定番となり、そこから現在では様々なアレンジカレーが作られています。
他にもカレー粉を使った野菜炒めやパスタ、そば、うどんなどカレー味の料理もたくさんありますね。
日本のカレーは、今ではすっかり日本の味。『和食』です。
レトルトカレーは海外でも評判が良いようですね。お土産にしたいくらいだとか・・・

さぁて、明日から夏休みの人も多いと思いますが、病気や怪我をしないように、事故に巻き込まれないように楽しい夏休みにしましょう!
スポンサーサイト

夏の貝柱

平成30年7月19日(木曜日)
ほたて
わかめごはん・牛乳・ホタテ入り厚焼き玉子・おかか和え・せんべい汁

今日の玉子焼きはホタテ入りの玉子焼きで美味しかったですね。
ホタテは、夏は貝柱、冬は大きくなった卵とが楽しめます。特に夏場の6月~8月は旨み成分のアミノ酸がギュッと濃縮されて甘さもピークに達するようです。
その年の海水温にもよりますが大体は7月上旬から中旬が「旬」と言われ、日に日に卵の部分が小さくなって貝柱が大きくなります。夏は濃厚で大きな貝柱が好きな方はフライ、浜焼き、カルパッチョなど貝柱が主役の料理はどうでしょうか。

きつねの味

平成30年7月18日(水曜日)
7月18日
きつねうどん・味付きいなり・大豆と豚肉のソテー・雪人参ふっくら蒸しパン・牛乳

いよいよ夏休みまで・・・あともう少しになりました。楽しみですね(^^)/

今日のきつねうどんにはなんとお揚げが二枚入りました。なので今日はきつねうどんについて探ってみました。
「きつねうどん」とは、甘辛く煮た油揚げを乗せたうどんの事で、蕎麦の場合はきつねそばといいます。
きつねうどんの名前の由来はいなり寿司と同じくキツネの好物が油揚げだとされているからというのが一番有名な説です。
油揚げの色、形が狐がうずくまっている姿に似ているからという説もありますが詳しいことは分かっていません。
何故キツネの好物が油揚げとされていたのか?
農耕上有益な動物で頭のよさそうなキツネを信仰し、お供え物をしていた時、お供え物の油揚げに口をつけたためキツネは油揚げが好きなんだと思いこむようになったという説があります。

大阪弁では「けつねうどん」と呼ばれるとか(*^^*)

夏はなすで涼んでみる

平成30年7月17日(火曜日)
マーボーなす
鉄腕春巻・甘口マーボーナス・サンラータン・ごはん・牛乳

三連休は連日気温が高くて暑かったですね~(^^;)
まだ梅雨明けはしていませんが、そろそろでしょう。暑さに負けずに、熱中症にも十分注意して、水分はこまめにとり、ごはんをしっかり食べて睡眠もしっかりとって、疲れを残さないようにしましょうね。

今日の献立は中華でしたね。春巻はサクサクしておいしかったです。マーボーナスもごはんに合いました。サンラータンもさっぱり優しい味で卵がふわふわでした。
今日のマーボーナスにも使われている夏を代表する野菜のナスは、きゅうりと同じく90%以上が水分です。
そして、利尿作用のあるカリウムが豊富に含まれています。カリウムには体の熱を逃がす働きがあります。尿で排出することで、体内の熱を逃がします。
しかし、カリウムは加熱することによってその働きが弱くなルトも言われています。だから、「体を冷やしたいな~」というときは、漬物やサラダなどの加熱しない料理にすると効果が高まるようです。
暑い夏は、冷たい飲み物もいいですが、キュウリやナスを食べて賢く体を冷やすことができれば、夏バテ知らずで夏を過ごせるかも??(笑)しれません。
ちなみに私は、夏はキュウリやナスの浅漬けを作ります!市販の浅漬けの素を使ってもいいですが、塩とすこしの酢と千切りの生姜を入れて作っても簡単にできて美味しいですよ。
とてもさっぱりしていておすすめです(^^)

ごまの種類

平成30年7月13日(金曜日)
ごま
ごはん・牛乳・スコッチエッグハーフ(パックソース)・金ごまごぼうサラダ・キャベツのみそ汁

「金ごまごぼうサラダ」にはたっぷりの金ごまが使われています。
ごまは健康に良いことは皆さんもご存知と思いますが、白ごま、黒ごま、金ごまの違いについてわかりますか?
実は生産量と見た目の違いが大きいようです。栄養価もほとんど違いはありません。
しかし、成分については若干の違いや特徴があります。
金ごま、白ごま、黒ごまの順に風味、旨みがあるということになります。金ごま、白ごま、黒ごまがあるということはいろいろな料理の彩りに使えるということですよね。おまけにごまはそのままでも良し、擦っても、炒めても良し。お好みのアレンジができます。
ごまを上手に料理に取り入れて健康な食生活を目指しましょう。
セサミン効果ですね。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR