米粉でハロウィン

平成24年10月31日(水曜日)


山菜うどん・牛乳・キャベツ入り平つくね・れんこんサラダ・米粉のカップケーキ

今日の米粉のカップケーキはふんわり、しっとりしたやさしい食感でおいしかったですね。
「米粉」は古来から伝わる技術や製法で作られる、米を粉にしたものです。
よく目にする、おだんごや、柏もち、和菓子や米粉パンの原料になります。
また、もち米を粉にしたものを「もち粉」といい、大福もちの原料となります。
スポンサーサイト

ハヤシライス

平成24年10月30日(火曜日)


ハヤシライス・青じそサラダ・牛乳

今日は子供たちが大好きな、ハヤシライスでした。
中には玉葱嫌いの児童も居るのでどきどきでしたが、残って帰ってくる食缶がが少なくうれしかったです。
ハヤシライスとは、薄切りにした牛肉と玉ねぎをバターで炒め、赤ワインとドミグラスソースで煮たものをごはんの上にかけた料理です。
(カレーのように)肉は牛肉を使うのが一般的ですが、他に、豚肉を使う場合は「ポークハヤシ」になります。
マッシュルームや、シメジ、エリンギ、あるいは薄くスライスしたシイタケや人参を入れ、ごはんの上にプレーンオムレツをのせてハヤシをかけると「オムハヤシ」です。
さて、明治時代のお話しです。
神奈川県、横浜市にあった西洋式(洋館?)の病院食として出たそうです。
一皿で栄養が高いので病気の回復が早なると考えられて、それでいて美味しく、使う食器が少ないので後片づけが楽だと言うエコな理由だったそうです。なるほどですね。

さつま鶏

平成10月29日(月曜日)


ごはん・牛乳・千草焼き・小松菜のなめたけあえ・さつま汁

さつま汁は鹿児島を代表する郷土料理です。
「さつま」とはさつま鶏を使うことに由来(ゆらい)していると伝えられています。
そして、さつまいもの甘さやいろいろな材料のうま味が溶け出して、みそ味によくあいます。
体がホカホカ温まり、ついつい箸(はし)が進んでしまいますね。

コールスローのこと

平成24年10月26日(金曜日)


てりやきチキンステーキ・コールスローサラダ・かぼちゃスープ・食パン・いちごジャム・牛乳

秋らしくかぼちゃのスープでした。(ハロウィンシーズンだしねっ)
パンプキンポタージュをベースに牛乳もたっぷり入れて、とろりとした甘味のあるスープに仕上げました。
子供たちにも大人気だったようで、ほとんど残らず食缶が帰ってきました。
体も暖まって、寒い季節にはいいですね(^○^)

コールスロー は、細かく切ったキャベツを使ったサラダのことです。
細切りにしたニンジンが入っていることも多く、赤キャベツを使ったものや、パイナップルやリンゴなど果物を入れてバリエーションが多いサラダです。
コールスローのドレッシングには、かつてはサラダ油と酢で作ったシンプルなヴィネグレットが使われましたが、現在では、地域によって差はあるものの、液状マヨネーズ (あるいはその代替品) が使われています。

いなりと豊穣の秋

平成24年10月25日(木曜日)


きのこごはん・信田煮・山くらげ炒り煮・まいたけすまし汁・牛乳

本日は秋の和食献立でした。
主菜の信田煮(信太煮)とは、油揚げを使う煮物で、中にお好みの詰め物をして食べられています。
由来は大阪の南側にある和泉市が起源とされる説があります。土地に受け継がれる話しだと「信太の森」の狐の好物が油揚げだったそうです。
いなり様が守っている山の幸(山クラゲ、きのこ、マイタケ)が材料でしたね。

あんのう芋はサツマイモ

平成24年10月24日(水曜日)


みそラーメン・青菜の海苔和え・安納焼き芋・牛乳

安納芋について、詳しく調べてみました。安納芋とは、紫芋と共に種子島の芋を代表するさつまいもです。
高水分で、焼くとまるでクリームのようにネットリとした食感で、生の状態で糖度が16度にもなるのでとても甘いことから人気が非常に高まってきたそうです。
(スイカの糖度が13度だと、とても甘く感じるね)
時間をかけて上手に焼くと糖度が凝縮してさらに甘くなるそうです。でも、糖度の割にはカロリーは低いので安心して食べることができます。
焼いた後に冷やして食べてるとアイスクリーム感覚で楽しめますよぉ。

餃子で健康

平成24年10月23日(火曜日)


ごはん・白金豚餃子・いか野菜あんかけ・中華スープ・牛乳

今日の白金豚餃子の「白金豚(はっきんとん)」は岩手県花巻市の養豚メーカーである高源精麦(たかげんせいばく)株式会社が飼育配合から出荷まで一貫体制で生産しているブランドの豚肉です。

餃子は味だけでなく、栄養価的にもとても良い食べ物です。
小麦粉で作った皮の中に肉と野菜が最高のバランスで入っています。
ニラとニンニクに含まれている「アリシン」には殺菌作用があります。
豚肉のビタミンB1とこのアリシンを一緒に食べると「アリチアミン」というものに変わって、疲労回復を助けてくれます。
疲れると餃子が食べたくなるのは、とてもしぜんなことなのですね。
そして餃子を食べるときのタレに入れるラー油ですが、とうがらし成分の「カプサイシン」は中枢神経に作用して、エネルギー代謝を盛んにしてくれます。
体内の蓄えている脂肪を燃焼(ねんしょう)して分解してくれるので肥満予防に効果があります。
しかし、チャーハンや、ラーメンと組み合わせて食べる場合は、炭水化物のとりすぎになるので、食べ過ぎには注意しましょう。
(余談)本場中国の餃子はニンニクを入れないってタモリさんがテレビで言っていたなぁ。 

メンチカツ

平成24年10月22日(月曜日)


ごはん・牛乳・メンチカツ・もやしとハムの和えもの・キャベツのみそ汁・Feのり佃煮

子供から大人まで日本人なら大好きな揚げ物といえば、コロッケやメンチカツですね。
メンチカツは、日本で生まれた洋食で、サンドイッチやハンバーガーの具として使われることもあります。
卵とじして『カツ丼』みたいに食べてもおいしいですね。
ふつう、コロッケやメンチカツは庶民的で手軽な洋食のイメージがありますが、神戸牛や松阪牛を使って高級感をだした高価なものもありますね。(高いのは食べたことないけどv・・)v

今日の海苔の佃煮(のりのつくだに)に『Fe』がついています。これは「鉄分がたくさん入っているよ」ということです。甘い鉄ならたべられるねっ。

関根中学校のバイキング給食風景

平成24年10月22日

関根中12
関根中学校で行われたバイキング給食の様子です。
巻頭の写真はチョッと大きな校長先生ですね。(欲張っているように見えますね^o^)
献立の写真は続きを見てね。。。

続きを読む

人気のカボチャ

平成24年10月19日(金曜日)


米粉パン・ハニーソフト・牛乳・たこボールスープ・たれ付きケチャップ肉団子・パンプキンポテトサラダ

今日のサラダは、子供たちに人気のあまぁ~いパンプキンポテトサラダでした。(女性も好きですね)
今が旬のいも、くり、かぼちゃは、お料理やスイーツの魅力的な食材として大活躍(かつやく)をしています。
体を温める効果もあり、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEが豊富で植物せんいも多く含まれているので、腸内をきれいにしてくれます。
ダイエット効果もありますが、どんなに美味しくても食べすぎはカロリーオーバーになりますよ。

すいとん

平成24年10月18日(木曜日)


ごはん・牛乳・ほっけ塩焼き・切り干し大根炒り煮・すいとん 

今日は寒い季節にぴったりの『すいとん』でした。
強力粉やすいとん粉を練ってから薄くのばして鍋にちぎりながら『すいとん』を入れます。
同じようですが、小麦粉を使って少しかために練って厚めにちぎると『ひっつみ』と言われます。
どちらもこれからぴったりの献立ですから、野菜をたくさん入れてお家でも作ってみてはいかがですか。

フレンチドレッシング

平成24年10月17日(水曜日)


ミートソーススパゲティー・はなやさいサラダ・グレープフルーツ・牛乳

今日のメニューは温麺を使った「スパゲティ・ミートソース」でした。「ボロネーゼ」とも言いますね。
チョッとケチャップ風のこってりとしたミートソースは子供たちにも人気のメニューです。
はなやさいサラダは、フレンチドレッシングでブロッコリー・カリフラワー・人参を和えてさっぱりとした味わいにしました。野菜も残さず食べてきてくれたので、たいへんうれしかったです。

フレンチドレッシングは、お酢とマスタードに玉葱とニンニクのピューレ(ミキサーをかけたもの)を混ぜてサラダ油を加えた白いドレッシングだよ。 赤パプリカや人参のピューレが入ると赤いドレッシングになるよ。
献立表に自家製マヨネーズの作り方を載せているから参考にしてね。

栗と亜鉛

平成24年10月16日(火曜日)

焼き栗コロッケ・ふきの油炒め・大根菜のみそ汁・牛乳・ごはん

今日のコロッケには旬の栗がはいっていて秋を感じさせる一品でした。
栗はミネラルが豊富!
現代人に不足しがちな微量性要素の『亜鉛』が豊富です。
亜鉛が不足すると味覚障害や生殖機能の減退、肌荒れ、抜け毛等が症状がでて元気がなくなってしまうと言われます。
しかし、亜鉛の取りすぎには注意が必要です。たくさんとりすぎると、めまいや吐き気、胃の痛み、発熱といった症状が出ると言われます。
また、「鉄」や「銅」という身体に必要な成分の吸収の邪魔をすることがあるそうです。
栗や、マロンのお菓子などがおいしい時期ですがとりすぎには注意して、バランスの良い食生活を心がけましょう。

ゴマリグナンの効果

平成24年10月15日(月曜日)


つみれ汁・若鶏ごま照り焼き・ほうれんそうのキノコ和え・ごはん・牛乳

今日はごまの健康効果(効能)についてです。
ごまには、白ごま、黒ゴマ、金ごまなどいろいろ種類がありますが、ごまに含まれる「ゴマリグナン」には活性酸素を撃退するパワーがあるとテレビで放送されたことから、数年前から人気が急上昇しています。
さらに最近の研究では、アンチエイジング(若返り)にも効果が期待できることがわかってきました。
ごまの健康効果を感じる摂取量の目安は、1日に大さじ1~2杯(10g~20g)ですから結構な量ですね。サラダや様々な献立にかけたりすると良いのかもしれませんね。

調理中の厨房です


なかなかのぞくことのできない調理場を9時30分頃撮影しました。
副食を準備している人や、調味料を計量している人がいます。分担して加熱調理前の準備をしているところです。
奥では使った調理器具を素早く洗って乾燥させています。
11時前の仕上がりまでみんな休む暇もなく次から次へと作業しています。
こうしてたくさんの笑顔が待っているおいしい給食ができるんですよ。

ソース・マヨネーズ

平成24年10月12日(金曜日)


黒糖コッペパン・カルシウム&鉄分たっぷりオムレツ・マカロニサラダ・コンソメスープ・牛乳

今日のマカロニサラダは、きゅうり、にんじん、ハム、マカロニ、缶詰めのみかんをマヨネーズとりんご酢、砂糖、塩、こしょうで味付けしています。
マヨネーズが入ったサラダはみんな大好きなようで、毎回きれに食べてきてくれます。

さて、マヨネーズは何から作られているでしょう?

マヨネーズは、食用の油、酢、卵から作られる、半固体状のドレッシングです。
本来はフランス料理の肉用のソースの一種で、卵は卵黄のみ使用するものと全卵を使用するものがあります。
マヨネーズの消費量は、アメリカについで、日本が第2位だそうです。
一人あたりの消費量はアメリカの4kgには及びませんが、日本人も年間1.8kgものマヨネーズを食べているそうです。すごいですね。
日本では、1925年 (大正14年) に初めて商品として製造販売されました。
ドレッシングと名づけた商品が販売されたのは1958年 (昭和33年) ごろだそうです。
ドレッシングよりも先に出回ったマヨネーズ、ずいぶん歴史が長いですね。
いろいろなものと相性の良いマヨネーズですが、コレステロールも気になるから食べすぎには注意しましょうね。

もずく

平成24年10月11日(木曜日)


ごはん・牛乳・仙菜焼売・ビーフンソテー・もずくスープ

今日はもずくスープでした。シンプルに食酢で和えたもずく酢もさっぱりとした感じでいいですね。
もずくは、てんぷらや雑炊などでも使えます。また、低カロリーなのでダイエットにも効果的で、磯の香りがとてもヘルシーです。

くらげ

平成24年10月10日(水曜日)


わかめラーメン・肉まん・中華くらげのあえもの・牛乳・練乳ブルーベリーゼリー

中華くらげは、コリコリとした食感が食欲をそそります。
私たちはふだん味付けした物を食べていますが、中華くらげの材料は、海にぷかぷか浮かんでいる、まさしく、あの「くらげ」です。
東シナ海で発生して日本海を回遊する「ビゼンクラゲ科エチゼンクラゲ」は、直径1メートルにもなり、97パーセントが水分です。みょうばんを加えた食塩に漬け込み、塩漬けにして作るそうです。(100キロのくらげから3キロできる)
ちなみに、同じクラゲのようですけれども「きくらげ」は、きのこの一種ですよ。

カレーライス

平成24年10月9日(火曜日)


カレーライス、フルーツサラダ、牛乳

今日は子供たちに大人気のカレーでした。給食のカレーにはヨーグルト・はちみつ・チャツネ(玉葱と果物をじっくり弱火で煮詰めたペーストのこと)・トマトピューレが入っています。
少し辛くて?甘めのカレーは低学年の子供たちにも食べやすくなっています。

秋のシチューとコッペパン

平成24年10月5日(金曜日)


ソーセージステーキ・海草サラダ・くりときのこのシチュー・コッペパン・りんごジャム・牛乳

今日はくりときのこのシチューでした。ちいさな秋をみつけられたかな。

さて、学校給食では献立によくコッペパンが登場します。
その理由として・・・
1.栄養的で食生活の改善に役立つ 2. 麺よりも衛生的 3.取り扱いが容易 4.(追加の)加熱調理がないぶん経費が安い 5.主食として飽きがこない・・・などと今では言われています。
でも、戦後の日本の食糧事情は焼け野原でまずしかったこともあり、復興の高度成長期へ向けた取り組みとしてアメリカからの輸入小麦の活用として考案されたとも言われます。
それまではなじみのなかったパンも学校給食で児童が食べることによって日本中に広まったので、今では当たり前になったそうですよ。


のっぺい汁

平成24年10月4日(木曜日)


みそのっぺい汁・さばホイル・おかか和え・ごはん・牛乳

今日はのっぺい汁の、のっぺいの由来について調べてみました。
鶏肉と豆腐、人参、大根などの野菜を刻んで煮て小麦粉、くず粉、片栗粉などでとろみをつけるので、中国料理に由来するのではないかとも言われています。
汁が粘って餅のようであることから「濃餅」と書き、ぬらりとしたことを意味する「ぬっぺい」がなまって「のっぺい」になって「能平」や「野平」のじをあてたとも言われているそうです。

新潟県人が大好きなのっぺ汁は里芋のとろみが出て心も体も温まりますね。

ちから うどん

平成24年10月3日(水曜日)


うどん・もちいなり・キャベツソテー・牛乳

『ちからうどん』はうどんにお餅をいれることからその名称になったみたいですが、いろいろな説があるそうです。
お餅は本来、おめでたい日に食べる貴重なもので、神様からちからをいただく為に食べるのだという説などがあります。
また、力持ちとお餅のそれぞれの「もち」をかけた江戸っ子が好きなダジャレという説もあるらしいです。
でも、不思議と「ちからそば」って聞かないですね。

豆腐

平成24年10月2日(火曜日)


ごはん・和風きんぴら包み焼き・炒り豆腐・たまねぎのみそ汁・牛乳

今日の炒り豆腐には、鶏挽肉(とりひきにく)、にんじん、しいたけ、グリンピースに豆腐がたっぷりはいって最後に溶き卵でとじて、しょう油と砂糖で味付けをしました。
さて、豆腐は何からできているか知っていますよね?(分からない人は8月の自由研究を見てみよう)
そう、豆腐は大豆から作られています。
大豆はそのままだとあまり消化の良くない食物とされていますが、豆腐になると消化の吸収率は高くなります。豆腐は胃腸にやさしい食品なのです。
昔から豆腐は、お坊さんや、豆腐を多く食べていた地方に長寿者(ちょうじゅしゃ)が多いことから、長寿食(ちょうじゅしょく)ともいわれてきました。
そして、畑のお肉とも言われるほど、とても多くの「良質タンパク質」や私たちの身体に不可欠な「必須アミノ酸」を含むので栄養面ですぐれた食品です。

マンゴー

平成24年10月1日(月曜日)


ビビンパ・牛乳・ほたてスープ・マンゴー

マンゴーの原産地は、インド、マレー諸島、インドシナ半島です。このところ輸入量がふえたり国内での生産がふえて身近な食べ物になってきました。
国内では、宮崎県、沖縄県、鹿児島県、熊本県などの暖かな地域で主に栽培されています。
栄養価も高く貧血予防、がん予防、高血圧予防などがあるとも言われています。また、腸の働きを整える食物繊維も多く含まれているので便秘改善にもなるそうですよ。
でもチョッと高価な感じがしますね。フィリピンとかで買うと庶民的なお値段なのに・・・
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR