キャベツですっきり

平成25年5月31日(金)

黒糖コッペ・牛乳・Newハンバーグ・パックケチャップ・コールスローサラダ・白菜スープ

今日はキャベツたっぷりのコールスローサラダでした。
そこでキャベツについて調べてみよう。季節に合わせた品種が早くから作られているので一年中出荷されています。
春を中心に出回る春系キャベツ、冷涼地で栽培される夏秋キャベツ、寒玉ともいわれて球がしっかり締まっている冬キャベツなどに分けられます。
ビタミンC・ビタミンUを豊富に含んでいます。春系キャベツは、内部まで黄緑色を帯びてみずみずしく生食用として味は最高です。冬キャベツは加熱してもくずれず、甘味が増し風味がでますから献立によって使い分けてもおもしろいですね。
スポンサーサイト

ジャガイモの花

平成25年5月30日(木曜日)

チキンカレー・福神漬け・フルーツポンチ・ごはん・牛乳

今日のカレーにはチャツネがはいっています。
チャツネとは、野菜や果物に香辛料を加えて煮込んだインド料理には欠かせない隠し味の調味料です。
カレーやナン、揚げ物の付け合えなどにも使います。

そういえば、カレーにはじゃがいもが欠かせませんね。
もうすぐ新じゃがが出回ります。
じゃがいもは、どんな花を咲かせるか知っていますか?
じゃがいもは、「なす」の仲間なので、花の形は「なす」ににています。
日本にはジャガタラ(今のジャカルタ)を通ってきたので「ジャガタライモ」、「ジャカルタから来た芋」と呼ばれ、それが「ジャガイモ」になったのです。
新じゃがは皮がうすいので、皮をよく洗って、皮ごと料理に使えます。
皮のプチッとした歯ざわりがおいしいですね。

ベーコンでひと工夫

平成25年5月29日(水曜日)

海鮮ラーメン・牛乳・ベーコン玉子焼き・はりごぼうサラダ

今日は玉子焼きをベーコンで巻きました。
私たちがよく食べているベーコンは、豚肉(ばら肉)を塩漬けにして燻製(くんせい)にしたものです。
ばら肉のベーコンは適度の脂(あぶら)があり、フライパンでカリカリに焼くと独特の香りと歯ごたえがあって、卵と一緒に焼いた「ベーコンエッグ」は朝食の定番ですね。
料理に加えると豚肉の旨味と、くんせいの風味、脂のコクがひきたち、煮込み料理、炒めもの、野菜に巻くベーコン巻など、様々な食材と組み合わせることができるのでとても使い勝手のよい食材です。

今が旬のアスパラのベーコン巻は、弁当のおかずや今晩のおかずに最高ですね。

ナムル

平成25年5月28日(火曜日)

ごはん・牛乳・えごまいり味噌包子(パオズ)・ナムル・中華風コーンスープ

ナムルは、韓国の家庭料理のひとつでもやしなどの野菜やワラビ、山菜など塩ゆでしたものを調味料とゴマ油であえたものです。今ではすっかり家庭料理ですが、かつては宮廷料理としていろいろな材料を調理して庶民が食べられない味だったそうですね。
日本では、ビビンパの具に使われることが有名ですが、韓国では食事のおかずとして欠かせないものです。山菜に限らずもやしやホウレンソウを使って調理されることが多いですね。
今日のハム入りいろんな野菜もおいしかったですね。

バランスよく鉄分も摂りましょう

平成25年5月24日(金曜日)

てりやきチキンステーキ・海草サラダ・クラムチャウダー・食パン・牛乳・チョコレート

今日の食パンにFe入りチョコがつきました。
Feは「鉄のきごう」だよ。
鉄分は、みんなの血液を作るもととなっていて、貧血(ひんけつ)を予防してくれます。
全校朝会などで「体がだるい」とか「立っているとフラフラする」という人はいませんか?
思い当たる人はもしかしたら貧血かもしれません。
血液はみんなの体の隅々まで酸素や栄養を運ぶ働きをしているのですが、貧血になると体の中の酸素が不足してしまいます。これが貧血の症状です。
貧血を予防するためにも、給食も家庭でのごはんも好き嫌いせずに残さず食べるようにしましょうね。

カブの保存法

平成25年5月23日(木曜日)

ごはん、牛乳、カブの味噌汁、メンチカツ、小松菜なめたけ和え

今日の献立のみそ汁の具のかぶについて一緒に調べましょう。
かぶはアブラナ科に一種で、チンゲン菜や白菜、菜の花、キャベツなどの仲間になります。別名で「すずな」とも言われ春の七草のひとつです。
日本でたくさん作っているのは千葉県です。次いで埼玉、青森県です。
かぶの保存方法は買ってきたらまず葉を根元から切り落とし根の部分と別々に保存します。根も葉もそれぞれ乾燥しないように冷蔵庫で保存します。
(保存するとき葉を切るのは、ついているとどうしても葉が育とうとして実から栄養を吸い上げてしまうからおいしさがなくなるそうです)
量が多いときや、どうしても長期保存したいときは冷凍しましょう。冷凍するときは下茹でしないで、生のまま大丈夫です。そのまま凍らせると使う時大変なので、使いやすい形に切ってバットなどに並べ一気に凍らせます。凍ってから保存袋などに入れて冷凍しておきましょう。凍ったまま生の時と同じように水から調理をはじめます。
ぜひ、お母さんに教えてあげよう。

キャベツ

平成25年5月22日(水曜日)

山菜うどん・平つくね・キャベツソテー・牛乳

今日はいろいろな種類の山菜が入った山菜うどんと、キャベツをたくさん使ったキャベツソテーでした。
春先に出荷されるキャベツは、春キャベツといいますが、3月~7月初めは新キャベツともいいます。
キャベツにはビタミンCも多いですが、特徴的な栄養素はビタミンU(別名・キャベジン)です。
胃や十二指腸の潰瘍を治す働きがあるほどです。
ビタミンUを主成分(おもなせいぶん)とする胃腸薬(胃や腸の調子をととのえる薬)も市販されるほどのキャベツは体に良いんですよ。
春キャベツは冬キャベツよりしおれやすいので使い切るのがポイントです。

鶏汁を作ってみよう

平成25年5月21日(火曜日)

あじみりん焼き・生揚げ旨煮・鶏汁・ごはん・牛乳

今日の生揚げ旨煮は、豚肉、たまねぎ、にんじん、ごぼう、いんげん、たけのこが入り、具だくさんな旨煮でした。
それを甘辛く味付けして、最後に片栗粉でトロリと仕上げたので、食べやすく美味しかったです。

鶏汁は、ごぼう、さといも、にんじん、ながねぎが入り、みそと隠し味のしょうゆが入った味付けでした。
汁ものにごぼうが入るとうま味とあじわいが増えます。
この他にキャベツや白菜などの葉物を入れてもいいですね。

土の下で育つ野菜は水からゆでて、土の上に実る野菜は一度沸騰してから入れるのが料理のきほんです。
最後に味付けをします。
ぜひ、父の日にでも挑戦してみてはどうでしょう。

サラダを摂ろう

平成25年5月20日(月曜日)

ハヤシライス・牛乳・梅マヨサラダ・カットオレンジ

今日のサラダは、ブロッコリー、カリフラワー、ニンジンのボイル野菜をマヨネーズと梅ドレッシングで和えました。ほんのり梅味のまろやかな味でした。

日本で一般的なサラダといえば、コールスロー、グリーンサラダ、シーザーサラダ、たまごサラダ、フルーツサラダ、ポテトサラダ、マカロニサラダ、春雨サラダ、海草サラダ、ツナサラダ、ごぼうサラダ、大根サラダなどがありますが、ドレッシングに使う油を変えると、もっとバリエーションが広がります。
油には、オリーブや菜種などよく知っている油のほかに、ノワゼット、ピーナッツなどコクがあって香ばしいものもあります。
野菜は不足しがちです。無理に摂らないといけません。
ついつい敬遠してしまいますが、こんばんはどんなサラダにするか楽しんでみましょう。

我が家のさくら


給食センターの裏手にある桜です。
枯れている枝もあるのですが、久しぶりの青空に輝いていました。
今年は、桜ロードが散々でしたが、涼しげな日差しの中、頑張っています。
はかない喜びにとても感謝です。

056_convert_20130530155618.jpg

ウインナーの調理

平成25年5月17日(金曜日)

コッペパン・牛乳・国産ポークウィンナー・タマゴサラダ・ポトフ

ポークウィンナーをおいしく食べるには,うま味を逃がさず「あつ、あつ」を食べることがいいそうです。
ゆでる時はグラグラ煮ないのがポイントです。沸騰させると皮がやぶれて、うま味がお湯に逃げてしまいます。
また、フライパンで焼くときは、表面に少し切れ目を入れて少量の油でこんがりと焼くと、香ばしい風味でよりおいしく食べられます。
ぜひお父さんのおつまみを作ってみよう。

味噌汁の歴史と文化

平成25年5月16日(木曜日)

いわしのカレーパン粉焼き・炒り豆腐・キャベツの味噌汁・ごはん・牛乳

今日のキャベツの味噌汁は、春キャベツの甘みがよく出ていておいしかったですね!

さて、みなさんはお家でお味噌汁を食べていますか?
「みそ汁は朝の毒消し」…これは味噌汁に関することわざです。
「朝の一杯のみそ汁は体にいい」 という意味で、味噌汁の栄養がとてもいいということを表わしています。
味噌汁の原料である大豆には、サポニンやレシチンが含まれ、体の中の余分な脂肪を排除するはたらきがあります。
食物繊維も豊富に含まれているため、腸内の掃除にも一役かいます。
タンパク質も豊富なため、体には良いことずくめです。

味噌汁が登場したのは室町時代とされています。
味噌は平安時代から食材につけて食べたり、そのまま舐めたりして食されてきました。
鎌倉時代には、味噌をすりつぶして溶かした汁状の物が飲まれるようになり、これが味噌汁のはじまりと言われているそうです。
ちなみに江戸時代の味噌汁の具材で驚きのものがあります。なんとカステラを入れていたらしいです。どろどろに溶けてしまいますよね(笑)。でも、どんな味かほんの少し気になります…。

味噌汁の呼び方は、「みそ汁」「汁物」「おみおつけ」などがありますが、おみおつけは漢字で書くとどんな字か知っていますか?
「御御御付け」と書きます。「御」は丁寧な言葉の時に使う字ですが、こんなにも御の字を使う程、味噌汁は昔から大切な食事の一つとされていたんですね(^ー^)
御膳(おぜん)にのせる御飯(ごはん)、御椀(おわん:焚き物)などと一緒につけるもの(添えるもの)としての御御御付けとも言われています。

お母さんと相談して、お家でも色々な具材を入れたお味噌汁を積極的に食べましょう!!

日本と中国のちまき?

平成25年5月15日(水曜日)

みそラーメン・牛乳・中華ちまき・ウインナーとヤングコーンソテー

ちまきとは、モチ米や米粉の粉で作った餅を笹の葉や竹の皮などで、円すい形や三角形に巻き上げてゆでたり、蒸したものです。
中華ちまきは、水分吸わせたもち米を直接竹の葉で三角に包み、ゆでる、または蒸す方法で作るのが一般的です。
米と一緒に味付けした肉、塩漬卵、ナツメ、栗などの具や、小豆あんなどを加えることが多いようです。
日本のちまきは、三角形になるように編んだ笹の皮の中に米(またはもち米)を入れてしばり、水にひたして米に水を吸わせた後に、ゆでたものです。基本的には米だけで具は入っていません。
ちまきは、意外と簡単に家庭でもできるんですよ。しゅうゆベースに味付けしたもち米と具を7分目まで火を通し竹の皮で包んで蒸したら出来上がりです。

北国は、運動会シーズンです。一品加えてみてはいかがでしょう。

食べて健康に

平成25年5月14日(火曜日)

豚丼・たくあんの和えもの・わかめみそ汁・牛乳

今日は豚肉と玉ねぎがたくさんは入った豚丼は、ごはんのすすむ献立でした。
豚肉はビタミンB群がダントツに多く、疲労回復や肥満予防にも効果的な栄養価の高い食物です。
たんぱく質である必須アミノ酸をバランスよく含んで、たんぱく質の一種であるコラーゲンや鉄などミネラルも豊富です。
そして、玉ねぎは年中食べられる野菜で、生活習慣病の予防や血液サラサラ効果も期待できます。
1日の必要量は4分の1ほどで、加熱しても薬効は失われないそうです。
この時期は、新玉ねぎが生食でも大丈夫なので、栄養成分を無駄なく食べる事ができます。
毎日使える食材なのでたくさん取り入れましょう。
相性のよい食材を組み合わせておいしく食べながら、体の中からきれいに健康になりましょう。

おやこ煮

平成25年5月13日(月曜日)

れんこんはさみ揚げ・もやしおかかあえ・親子煮・ごはん・牛乳

親子煮とは、鶏もも肉と鶏卵を使った和風の煮物です。
食材を変えてもおいしいので、高野豆腐や生揚げ、じゃがいもなどを入れて卵とじにしてもおすすめです。
鶏肉とたまねぎの甘味を生かし、砂糖は少なめで仕上げるといいでしょう。
少し汁気があるほうがおいしいので、今日は汁ものにして作りました。
和だしでだしを取り、昆布だしも入れ、卵がふんわり浮かんだ美味しい親子煮にできあがりました。
ぜひ、家庭でも丼物ではなくたまに汁ものにしてみてはいかがでしょう。
塩分控えてヘルシーですよっ。

ミネストローネ

平成25年5月10日(金曜日)

まめパン・牛乳・春の大判焼き・シルバーサラダ・ミネストローネ

今日のスープは、ジャガイモ、ニンジン、タマネギ、キャベツ、インゲン、セロリ、大豆、ベーコンを使ったミネストローネでした。
味付けは、コンソメ、トマトピューレ、トマトケチャップです。トマトのすっぱさと、野菜の甘さがミックスされとてもおいしかったですね。

ミネストローネは具だくさんなので、野菜をたくさん食べることができ、体にはとても良い献立です。
「ミネストローネ」とは、イタリア語で「具だくさん」「ごちゃまぜ・ミックス」という意味なんだそうで、主にトマトを使ったイタリアの野菜スープですがレシピはなく、田舎の家庭料理なので、季節の野菜をたくさん使い、好みのスープをつくります。
作り方のコツは、ニンニク、ベーコンをよく炒めてから、具材を入れてコトコト煮込むとそれだけでうまくいきますよ。(香味野菜のセロリをはずさないでね)

変わり種のぎょうざを試してください

平成25年5月9日(木)

たこボールスープ・豚キムチ・野菜餃子・ごはん・牛乳

今日のメニューはごはんが進むメニューでしたね。
噛めばギューっとタコのだしが出てくるだんごスープ。
野菜がいっぱい入った餃子(ぎょうざ)、豆腐と豚肉とキムチの炒めものでした。
さて、餃子ですが、私は家で作るときに、色々な具をいれて変わり餃子を作って楽しんでいます。
なかでもチーズとウィンナーがマイブームです。トロリと溶けたチーズとウィンナーとの相性は抜群です!ぜひお試しあれ!

カレーの基本スパイス

平成25年5月8日(木曜日)

カレーうどん・豆腐田楽焼き・ブロッコリーツナあえ・牛乳

今日はカレーうどんでした。スパイシーでコクもあってとってもおいしかったですね。
カレーうどんは、和風だし汁の中にカレールウを溶かして作ります。
今日は豚肉、にんじん、長ネギ、たまねぎが入りましたが、油揚げや、白菜、キャベツなどを入れてもおいしいですよ。
カレールウに使われているカレー粉(スパイス類)は、多い場合10~30種類のスパイスが使われますが、基本となる代表的なスパイスは、黄色の色を出す『ターメリック(うこん』)、辛みを出す『チリ(唐辛子)』や『ペッパー(黒こしょう)』、香りを出す『コリアンダー』や『クミン』です。
カレーに使われるスパイスには、共通して発汗作用や、胃を丈夫にする作用があります。
発汗作用で新陳代謝を高め、食欲を増進させ、胃腸の働きを高め、疲労を回復するなどの効能を持っています。また殺菌作用も高く、食べ物をいたみにくくする効果も持っています。
ちなみに、朝にカレーを食べると、 脳の血流を増加させ、集中力を上げるそうですよ!
聞くところによると『ヤンキースのイチロー選手』は毎朝カレーなんだってね。

長崎サラダ

平成25年5月7日(火曜日)

ごはん・牛乳・さば味噌煮・長崎サラダ・ほうれんそうのみそ汁

今日は、聞き慣れない献立がありましたね。『長崎サラダ』
長崎サラダは、九州の長崎市の飲食店でメニューとなっているB級グルメ料理ですって。
一般的にはパリパリの細めん皿うどんの上に生野菜をのせ、ドレッシングなどをかけたものだそうです。本物を食べてみたいね。
今回の給食では生野菜を提供できないのでボイルした野菜にパリパリ麺をまぜてからドレッシングで和えてみました。大畑給食センターでは初めての献立でしたがいかがでしたか?

ほたて

平成25年5月2日(木曜日)

ほたて入り厚焼き玉子・いかと大根の煮物・すいとん・ごはん・牛乳

今日の厚焼き玉子には、ほたてが入っていました。
ほたてにはたんぱく質、脂質、カルシウム、ビタミン、糖質、鉄分、リンの他ミネラルなどたくさんの栄養成分が含まれています。その他、コレステロールを減らす効果があり血圧を下げる働きがあります。
特に貝柱の主成分は、たんぱく質で脂質が少なくあっさりとしたうま味の多い貝と言えます。
ほたては青森県の名産品の1つです。
新鮮なほたてを生で食べる他にたくさんの調理方があるので、煮る、焼く、揚げる、など色々な料理で試してみてね。

かしわ餅

平成25年5月1日(水曜日)

とんこつしょうゆラーメン・いなり寿司・わかめの酢の物・かしわもち・牛乳

今日はかしわ餅が付きました。かしわ餅とは、柏の葉っぱの上に、上新粉とくず粉(片栗粉)を混ぜてつくった「しんこ餅」に、あんを挟んだものを置き、柏の葉を二つ折りにして包んだお菓子の事です。
柏の葉は、新芽が出ないと古い葉が落ちないという特徴があるので、これを「子供が産まれるまで親は死なない」そして「家系が途絶えない」という縁起に結びつけ、「柏の葉」=「子孫繁栄」との意味を持ちます。

今日のかしわもちは、白あんに味噌を混ぜたような、甘い中にもフッと味噌の香りがして美味しかったです。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR