りんご・・・の夏休み

みんなは青森県に生まれているから『りんご』のことはもちろん知っているよね。
夏休み中に太陽の光をいっぱい浴びて大きく育つりんごについて簡単におさらいしましょう。

5月にりんごの花が咲きます。真っ白い花は、1本の木に咲く花の数はおよそ6000です。それをちぎって5分の1(1200)まで減らします。

6月になると花から実になります。ここで育ちのよさそうな実だけを残すために『実選り(みすぐり)』をしておよそ300にします。ここでりんごに袋をかけます。(買う時に表示されている『有袋』とか『無袋』というのはこのことです)袋は害虫や病気から実を守ってくれます。

10月ごろには大きく育ったりんごですが、いよいよ仕上げの時期になります。
この頃りんごの周りの葉っぱをちぎって取り除く作業があります。これを『葉もぎ』といいます。葉もぎをすることで日光がよく当たり色づきがよくなります。

11月になると収穫の時期です。そしてお店に並んで、食卓に届きます。

自然相手のりんご作りですから、台風は特に困ります。台風は強風で収穫前のりんごを落として大きな被害をもたらします。
台風に弱いりんごですが、寒さに強いので青森県では明治時代から栽培が盛んになりました。

今では、寒さに強く、よりおいしいりんごの品種開発を研究しています。
その代表が『ふじ』です。おいしい『デリシャス』と保存に強い『国光』を掛け合わせて作られました。
最近では皮が柔らかくジューシーな『星の金貨』や、皮をむいてから時間がたっても変色しない『あおり27』の人気が高まっているようです。
品種改良は、5000個の種を育てて10年以上かけて1個できるかどうかだといわれ、気の遠くなる大変な作業です。

りんごに情熱を注ぐ農家の人たちによって、たくさんの『奇跡のりんご』が生まれるんですね。
たくさんの手間や愛情に感謝してりんごを食べましょう。
スポンサーサイト

1学期最後の給食でした

平成25年7月19日(金曜日)

ねじりパン、牛乳、鮭チーズ衣焼き・牛乳・チキンマリネ・ミートボールスープ

今日は一学期最後の給食でした。
チーズがこってりでボリュームのある「さけチーズ衣焼き」、夏らしくさっぱりとした「チキンマリネ」、温かくおなかにやさしい人気の「ミートボールスープ」でした。元気になりましたか。。
さぁ、いよいよ夏休みです。暑いからといって、冷たい食べものや飲み物ばかりでは、夏バテしますよ。
よく遊び、よく眠り、よく食べて、規則正しい生活を心がけましょう。朝ごはん・ちゃんと食べてねっ。二学期には元気な笑顔で会いましょう。

暑いときは、【あさひな丘プール】で涼しくなろう。(大畑町の温水プール 総合案内0175-34-6810)

オクラのヌメリ

平成25年7月18日(木曜日)

夏野菜カレー・福神漬け・オクラとえびのサラダ・牛乳

今日は夏ばて防止の夏野菜カレーでした。かぼちゃの甘みがあって、コクがありましたね。
カレーと一緒にオクラとえびのさっぱり和風なサラダでした。
オクラのぬめりには、体にいい成分がいっぱい入っています。食物繊維や整調作用、便秘を防ぎ大腸がん予防に効果があり、カルシウムも豊富で骨を丈夫にして、イライラの解消にもなります。
カルシウムは一生かけてたくさん貯めないといけません。食べる機会を増やしましょう。

今の時期は国産があるのでスーパーにもたくさん並んでいますね。
国産がない時期はフィリピン産を良く見かけますね。
お買い物のときは、いろんな野菜も見てみましょう。

くわい

平成25年7月17日(水曜日)

ちからうどん・もちいなり・ひじきとくわいのサラダ・胚芽ロール(中学校のみ)・牛乳

今日の「ひじきとくわいのサラダ」はどうでしたか。くわいのシャリシャリした食感がおいしかったですね。

みなさんは「くわい」がどんな野菜か知っていますか。
なかなかむつ市のスーパーでは生のくわいに出会うことは、まずありません。
水煮の缶詰が売っているときもあるけれど…なかなか家で食べる機会はないかな?(^^;)お正月に食べる「おせち」の煮しめの具材のひとつで入っていたりするかな…

「くわい」は、日本では「芽が出る」縁起の良い食物として、煮物にしておせち料理で食べられる習慣があります。
レンコンと似た食感があり、調理法は「含め煮」などが一般的です。
アクが強いため、最初に米のとぎ汁で5分ほど下ゆでしてから調理するといいようです。
中華料理(中華丼の具など)によく使用されるのは、日本のものとは違う品種の黒くわい(烏芋)です。「黒くわい」は水煮の缶詰でも出回ります。日本産と中国産では、中国産の方が煮てもシャリシャリした食感が残りやすいようです。

日本でもかなり古くから食用としていた形跡があり、なんと青森県亀岡の縄文遺跡から発見されたそうです。
東南アジアでは、果物のひとつともされており、皮をむいて生食します。梨のような味と食感でちょっと甘味があるからでしょうね。


クラゲはレタス?

平成25年7月16日(火曜日)

ごはん・牛乳・ササミコーンフレークフライ・パックソース・山くらげ炒り煮・いかだんご汁

今日は山くらげの炒り煮でした。
山くらげの正体って知っていますか?山くらげの正体はレタスの種類の「ステムレタス」、または「茎レタス」という中国原産の野菜です。
大きくなると1メートルにもなるそうです。私たちが良く知っているアメリカンレタスとも、きくらげとも関係なさそうな野菜です。
成長するにしたがって、下葉から取って食べ土盛りをして茎を長く育てるのだそうです。そして、収穫した茎レタスの茎の部分の皮をそぎ、細く割いて干した保存食だったのです。
茎を干さずに食べるとシャキシャキした食感だといわれます。(私は食べたことがないです^^)干すことによって、あのコリコリとした食感になるんですね。
山くらげにはビタミンC、E、カリウム、カルシウムも多く含まれていて、老化予防や、高血圧予防に効果があるのだそうです。
アジアの人っていろんな野菜を食べますね。初めて食べた人はやっぱりスゴイです。

バンズパン

平成25年7月12日(金曜日)

バンズパン・てりやきハンバーグ・ボイルキャベツ・スライスチーズ・トマトクリームシチュー・牛乳

今日のパンは、ボイルキャベツに照り焼きハンバーグとスライスチーズをはさんでハンバーガーにして食べるバンズパンでした。
バンスパンと聞いて今日のようなハンバーガーを思い浮かべると思いますが、調べてみるとハンバーガー用のパンのことと、もうひとつは、欧風の甘いパンという二つの意味がありますよ。
それから、今日はトマトのクリームシチューでした。
いつものシチューよりさっぱりとしておいしかったですね。
トマトは夏野菜の1つです。加熱すると甘くなります。冷やしても良し、温めてもよしです。
トマトに限らず、夏野菜をたくさん食べて夏バテ防止に努めましょう。

急な暑さで、風邪をひいた方もいるのでしょう。熱中症に注意して海の日連休を過ごしましょう。良い週末を!!

ながいもは生で食べると

平成25年7月11日(木曜日)

アジ白醤油焼き・豚肉とながいもの煮物・ほうれんそうのみそ汁・ごはん・牛乳

今日のメニューにはながいもが使われました。 
『ながいも』の主成分はデンプンです。
芋のデンプン質は生でたべると消化が悪いので加熱して食べる事が多いのですが、『ながいも』はデンプン分解酵素アミラーゼ(ジアスターゼ)を大根の3~4倍も含んでいるので、生で食べられます。
そして、ながいものネバネバ成分はムチンです。
ムチンの効用には以下のものがあります。
・粘膜(胃粘膜など)の保護・修復
・たんぱく質の吸収を助ける → 体の回復力を高める
・風邪やインフルエンザなどの感染症にかかり難くする
・細胞を活性化して、老化を防ぐ
・血糖値の上昇を抑制する 
・コレステロール値を低下させる
・便秘の改善
『ジアスターゼ』も『ムチン』も熱に弱いので、効果を十分に得るには生で食べる方がオススメです。
カリウム(余計な塩分を排出する効果がある)を多く含むので、高血圧の予防にもなります。
そんな健康によい『ながいも』を青森県ではたくさん作っています。
お母さんに教えてあげよう。笑

夏休みに挑戦しよう ガムシロップ

平成25年7月10日(水曜日)

あんかけ焼きそば・牛乳・フルーツ白玉

今日のフルーツはカラフル白玉の入った、フルーツ白玉でした。
フルーツは、ミカン、パイン、黄桃、りんごを使い、それにカラフルなお餅を入れ、ガムシロップで味を調整しました。ガムシロップは市販の物がありますが、砂糖、水、レモンで簡単に手作りすることができます。

お手軽ガムシロップのレシピをご紹介しましょう。 
砂糖(上白糖またはザラメ)250g 、 水150cc 、 レモンの輪切り1枚
作り方は、1、鍋に砂糖、水を入れ火にかけます(中火)
2、沸騰直前で火を止めます。レモンの輪切りを入れます。
3、少しするとあくがとれて、きれいになります(レモンを取り除きます)
4、手ごろなびんなどに入れて冷蔵庫で保存します。

今の季節は、かき氷、レモンティー、アイスコーヒー、カフェオレ等に使えます。ガムシロップを使った、あずきミルクかき氷はとてもおいしいですよ。
 

中華くらげ

平成25年7月9日(火曜日)

ごはん・納豆・中華くらげあえもの・豚汁・牛乳

今日のあえものは、中華くらげのあえものでした。
クラゲはコリコリとした歯ざわりで中華料理の前菜としてよく使われます。加工に手間がかかることでほとんどが輸入品です。
日本では九州北西部にある有明海沿岸地方で、酢醤油などに付けて夏の味覚のひとつとして食べられているそうです。
そういえば下北ではなかなか使わない食材ですね。

びびんば=びびんぱ

平成25年7月8日(月曜日)

ビビンバ・ほたてスープ・牛乳

今日のビビンバの作り方は、豚ひき肉を少しのおろし生姜、おろしにんにくと一緒に炒めてから、砂糖、みりん、しょうゆ、トウバンジャンで味をつけて、最後にいりごまを混ぜ合わせました。
野菜も、もやし、人参、ほうれん草をサッとゆでて、水でさらして水気をよくしぼって、しょうゆ、砂糖、ほんの少しのトウバンジャン、ごま油を加えてすべて混ぜ合わせナムルを作りました。
これらをごはんの上にのせればビビンバの完成です。

ビビンバの肉も、今日は豚肉でしたが、牛肉や鶏肉の細切りや、ひき肉でもおいしくできます。
ナムルも、大根やぜんまいなどの野菜も合います。
これらのほかにもキムチやカクテキをのせたり、温泉卵や生卵をのせてもおいしいですよ。
ごはんの上に肉も野菜もたっぷりのって栄養満点のメニューです!
ぜひお家でもお試しください(^ー^)

さて、ビビンバはもともとは韓国の『混ぜごはん』です。正確には「ピビムパプ」と言うそうです。
ピビム=混ぜる、パプ=ごはん という意味だそうです。
ビビンバの肉と野菜にはトウバンジャンという調味料が使われています。

『トウバンジャン』はソラマメ、唐辛子を主原料に、ほかに米、塩、大豆、大豆油、ごま油が入って作られる中国の発酵調味料です。唐辛子が多く使われているため、辛みと塩味が特徴の調味料です。辛いものは食欲を増して発汗作用を引き起こします。夏にぴったりのメニューですね!
そうそう『コチュジャン』も欠かせませんね。

短冊のお願い・・・叶うといいなっ

平成25年7月5日(金曜日)

あげパン・牛乳・パンプキンポテトサラダ・七夕スープ・七夕デザート

今日は子供たちが楽しみにしているあげパンでした。
大畑給食センターでは学期ごとに一回の割合であげパンを提供しています。粉末アーモンドと砂糖をまぜたものを揚げたてのコッペパンにまぶしています。

もうすぐ七夕なので、今日のスープには小さい星形の『ふ』を入れました。見つけれたかな?デザートも七夕らしい流れ星をイメージした星形のゼリー入りでした。
むつ、下北地方の7日の天気予報は曇り・・・天の川は見れないかもしれないけれど短冊に願いを書いてお祈りしよう。

スープ仕立てのマーボー

平成25年7月4日(木曜日)

鉄腕えび焼売・ほうれん草胡麻和え・麻婆豆腐・ごはん・牛乳

麻婆豆腐は、有名な中華料理の1つですね。挽肉・赤唐辛子・豆板醤などを香り高く炒め、鶏ガラスープを入れて豆腐を煮た料理のことを言います。
今日の麻婆豆腐は、給食用に辛くない工夫をしています。挽肉・豆腐に加えて、おろしにんにく・おろし生姜・にんじん・タケノコ・長ネギなど野菜もたくさん入っているのでとてもおいしかったですね。

これから暑くなります。ご家庭でもスープ仕立てのマーボーをお勧めします。辛味成分のカプサイシン効果で汗をかいて疲労回復、ついでにダイエット効果にも期待しましょう。

冷やし中華ぁ~はじめ・・・

平成25年7月3日(水曜日)

冷やし中華・いんげんとコーンソテー・マーラーカオ・牛乳

夏は暑さのせいで食欲も落ちて夏バテぎみになる人も多くなると思いますが、そんなときは冷やし中華ですね。
冷やし中華は冷たくて、さっぱりと食べられ、いろいろな食材を一度に摂ることができる、優れものの夏メニューだと思います。
冷やし中華には「お酢」が使われていますが、お酢には、酢酸をはじめとする有機酸がたくさん含まれていて、疲労回復やエネルギー再生の手助けをしてくれます。胃腸にとても良いので好きな人はお酢を飲んでいますよね。
さて、冷やし中華の具ですが、メインになるのは疲労回復効果のあるビタミンB1を含む豚肉でしょう。ハムも良いですが適度な脂身のある焼き豚は、冷やし中華に最適です。
タマゴはビタミンAやビタミンB群などを豊富に含んだ食材で、タマゴに含まれるアミノ酸のトリプトファンは、脳内で神経物質セロトニンの原料となり、自律神経を癒して夏バテ改善の手助けをしてくれるのです。
家族で相談しながら、いろいろ好きな具材を乗せて、暑い夏を乗り切りましょう。
トマトも外せないよね(笑)

ニラ 韮 にら

平成25年7月2日(火曜日)

ごはん・牛乳・いわし黒酢あんかけ・切り干し大根炒り煮・かき玉汁

今日は玉ねぎの甘みとじゃこのだし、ニラの風味のかき玉汁でした。
今日はニラのお話です。
ニラの食べ方にはいろいろあって、応用の多いすばらしい食材です。
餃子、炒めもの、和え物、みそ汁、卵とじ、おひたし、スープ、かき揚げ、卵入りニラ玉雑炊などバラエティーに富んでいますね。でもやっぱり一番人気は餃子かな。
独特の香りをもつニラは、中国原産のユリ科の多年草です。ビタミンAを豊富に含み、体を温める効果があります。
夏バテしたり風邪をひきやすい人は、積極的に食べた方が良いといわれています。
これからの季節ぴったりですね。

マグロとカツオ

平成25年7月1日(月曜日)

ごはん・豆腐の肉みそあん包み・キャベツのツナあえ・いももちじる・牛乳

今日はキャベツのツナあえのサラダでした。
ツナの主な原材料はキハダマグロなどで日本でシーチキンとして一般的にしられています。今日はフレンチドレッシングで和えましたが、マヨネーズと和えてツナマヨネーズ(ツナマヨ)は子供たちに人気です。他にパスタの具などいろいろな使いみちがあります。

ツナの原料はマグロのイメージがありますが、実はカツオも原料にしています。
缶詰にも書かれていますからスーパーなどで注意してみようね。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR