私たちは食育に取り組んでいます。

毎月の献立もホームページで確認できます。
ガラ?携帯電話のサイトもありますのでお買い物のときに「アレッ?」と思ったらどうぞご利用ください。
献立を掲示するほか、食育発信のコメントも掲載していますよ。
スポンサーサイト

蕪は夜明け前が忙しいのです

平成25年9月30日(月曜日)

ごはん・牛乳・いわしのおろし煮・筑前煮・かぶのみそ汁

今日はかぶのみそ汁でした。
かぶについて県内でどのくらい生産されているのかしらべてみました。なんと出荷量は全国3位でした。
かぶは、種をまいてから40日前後で収穫を迎えます。例年5月下旬頃から10月上旬頃までの間に出荷されていますが、驚くべきはその収穫から出荷までの生産者さんの動きです。
かぶは水分をたっぷりと含んだ夜明け前の収穫がベストとされています。そのため、生産者の皆さんは夜明け前3時前後から収穫を始めるそうです。
太陽が出る前に収穫を終え、午前中には梱包し、集積場に集められ、午後から夕方には県内外に出荷せれていくのです。翌日には地方の市場に並んでいるのですね。
ですから、かぶを食べるときは生産者の皆さんに感謝しておいしくいただきましょう。

青森県産 黒すぐり

平成25年9月27日(金曜日)

コッペパン・カシスジャム・パンプキンアンサンブルエック・マカロニサラダ・きのこスープ・牛乳

今日のパンについたジャムは、青森県産の黒すぐりジャムでした。
すぐりはグーズベリー、黒すぐりは、ブラックベリー、カシスのことです。
カシスは、青森の気候が栽培に適した果実で、国産では90%を作っていて日本一です。
主な成分はカリウム・葉酸で注目成分はアントシアニンです。
風邪予防・貧血予防・美肌効果・高血圧予防・動脈硬化などの効能があるので、身近にたくさん栽培されているすぐりに注目ですよ。
視力にも良いようですから、ぜひ摂取しましょう。

ナタデココ入りフルーチェ

平成25年9月26日(木曜日)

チキンカレー・福神漬け・フルーチェ・ごはん・牛乳

今日は子供たちの大好きなカレーの日でした。
そしてイチゴ味のフルーチェがつき、すっかりきれいに食べてくれたようでした。ありがとうございました。
フルーチェにはナタデココが入りましたがココとはスペイン語やフランス語ででココナッツの意味です。
ナタはナタ菌(酢酸菌)のことで、ココナッツジュースにナタ菌を加えて発酵させると表面に乳白色のゼリー状の固形物が出来るのです。
その独特な歯ざわり・食感が人気 で多くのデザートに使われているのだそうです。
カロリーも少なく、ダイエットにもいいので人気がありますね。

麺のかんすい

平成25年9月25日(水曜日)

しょうゆラーメン・牛乳・野菜餃子・大根サラダ

日本人が大好きなラーメンは、うどんと同じ小麦粉の材料で作りますが、どうして黄色くて、こしが強い麺なのか知っていますか?
ラーメンを作るときは「かんすい」が使用されています。
「かんすい」はラーメンを作る時には、欠かすことのできない副原料です。これによってラーメン独特のコシと風味、スープとの絶妙なバランスを生んでいます。
「かんすい」は「炭酸ナトリウム」「炭酸カリウム」の混合物です。「かんすい」を小麦粉に加えると、たんぱく質グルテンに作用し、弾力も増し食味として、コシ、滑らかさが増します。小麦粉中の「フラボノイド系色素」が「かんすい」のアルカリ性と出会い淡黄色に発色し、中華麺独特の風味が生じます。
これからの季節、ラーメンが美味しくなりますね!
食通ならこんなこだわりも覚えておくと良いですね。(笑)

命のだし、かつお節

平成25年9月24日(火曜日)

ごはん・牛乳・ほたてフライ・おかかあえ・合鴨ねぎだんご汁

今日はおかか和えにかつお節を使いました。
かつおぶしは、カツオの肉を加熱してから乾燥させた日本の保存食品です。別名おかか、削り節といいます。
サバ科のカツオを材料として魚体から頭、内臓等の部分を切り落とし、三~五枚におろして「節」(ふし)とよばれる舟形に整形してから加工された物をかつおぶしといいます。
削り立てはとても風味が強く、最高のおだしになります。

おだしをとるときは、鍋に水を入れて昆布を10㎝角(10センチ×10センチ)くらいに切ったものを入れます。そのまま30分程度水戻ししてください。
30分たつと水に昆布からの薄い黄色い色がつきます。そうしたら鍋を火にかけて沸騰する前に昆布をとります。75度くらいのところが引き上げのタイミングです。
昆布を引き上げたら、かつお節を投入しましょう。量としては1リットルの水にわしづかみ(約30g)を1回です。軽いので結構な量です。
沸騰したら、すぐに火を弱火にして3~5分ほどで出来上がりです。リードペーパーなどで濾してください。旨みををしっかり搾り出しましょう。
上品なおだしは命の出汁とも言われ、和食の基本になるんですね。

ブロッコリーの栄養

平成25年9月20日(金曜日)

りんごパン・国産ポークウインナー・ブロッコリーソテー・ビーフンスープ・牛乳

今日はブロッコリーとコーンのソテーがつきました。
ブロッコリーの栄養面でのすごさは、なんと言ってもビタミンCの豊富さです。
その量は、じつにレモンの約2倍、じゃがいもの7倍にもなり、ブロッコリー100gでビタミンC、1日の必要量が摂れる計算です。
ブロッコリーにはほかにも、野菜としては豊富なタンパク質や、ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンE、カルシウム、カリウム、さらに食物繊維まで、体に良い成分がたっぷりなのです。
ブロッコリーは茎と葉も食べれるので捨てる所がありません。皮だってきんぴらにするとおいしいですよ。

おつきみ献立

平成25年9月19日(木曜日)

ごはん・牛乳・スッコチエッグ・パックケチャップ・山くらげの炒り煮・じゃがいものみそ汁・お月見団子

今日は十五夜です。給食でもお月見団子がつきました。
一年のうちで最も月が美しく、その輝きが素晴らしいとされています。
9月に名月を楽しみ、秋の収穫に穀物をたくさん実のらせてくれた月の神様へのお礼として、米で作ったお団子をお供えして、感謝の意をささげます。それがお月見団子です。
また、稲穂に似たススキも一緒に飾って農耕の神への感謝をささげます。
自然を愛する日本人の風情・ふぜいですねぇ。
ところで、よく言われるけれども、月にはお餅をついているうさぎがいるように見えますか。だとすると、月のうさぎもおもちをついて私たちと一緒にお祝いしてくれているのかな・・・?今晩はみんなで団子でも食べながら月のうさぎをさがしてみてはいかがでしょうか。

お好み焼きは庶民のあじ

平成25年9月18日(水曜日)

きつねうどん・お好み焼き・れんこんサラダ・牛乳

今日は、お好み焼きがつきました。当センターでは初めての献立です。玉子なしでしたがみんなきれいに食べてくれたようでした。ありがとうございます。
お好み焼き(おこのみやき)は、小麦粉を使う鉄板焼きで、日本の庶民的な料理ですね。
水に溶いた小麦粉を生地として、野菜、肉、魚介類などを具材とし 、鉄板の上で焼き上げ、ソースやマヨネーズ、青のり、かつお節等の調味料をつけて食べます。
戦後の焼け野原の中で生まれた料理という説もあります。鉄板を拾ってきて、米の少ない時代に配給された小麦粉を使って作り始めたそうです。
今ではモダンな具材でボリュームがあってとても豪華になりましたが、実は質素な食べ物なのです。
お好み焼きも調べてみるとおもしろいよっ。はじまりは、広島かな?大阪かな?

豚肉で夏の疲れを吹き飛ばせ

平成25年9月17日(火曜日)

豚丼・たくあんのあえもの・わかめのみそ汁・ごはん・牛乳

今日は豚丼でした。
豚肉は、東日本では一番お手頃で買いやすいお肉ですね。最近はいろいろな種類やブランドもあるので、部位だけでなく、いろいろな豚肉を食べ比べることもできるようになってきましたね。
豚肉が好まれる理由があります。豚肉は、ビタミンB1の宝庫!です。何と、牛肉の10倍近くも含まれています。
ビタミンB1とは、炭水化物をエネルギーに変えるために必要なものなので、私たちの体にないと困るものです。
また、これが不足すると、疲れやすくなったり、集中力が続かなかったりしてしまいます。イライラしたり、怒りっぽくなったりもするのです。
甘辛い味の豚丼は、大人にも子供にも大人気なメニューですね。
調味料を最初から混ぜて、肉と玉ねぎにも混ぜておくと作りやすいですよ(^○^) お家でもお母さんと一緒に作ってみよう。

おうちで青じそ

平成25年9月13日(金曜日)

まめパン・牛乳・チキンステーキ・パリパリサラダ・コーンポタージュ

今日のパリパリサラダは、シャキシャキとした食感のさっぱりとした味のサラダでした。
日本が誇る?伝統食材、青じその入ったドレッシングを使ってあえました。
青じそには抗酸化作用や抗菌作用、防腐作用があり、栄養もビタミンやミネラルを豊富に含みます。
原産地の中国では、薬草として使い、胃薬、毒消し、風邪薬として使われているそうです。

料理の薬味だと消費の量は少ないと思うのですが、残った青じそは、皆さんどうしているのでしょうか。私は、キムチの素を青じそ1枚ずつ片面ぬりにし、重ねて冷蔵庫に保存しておきます。けっこう長持ちします。
家庭でも1株育てておくときっと重宝しますよ。手間もかかりませんから。

レンコン

平成25年9月12日(木)

ごはん・牛乳・さばトマト煮・根菜きんぴら・たまねぎの味噌汁

今日の根菜きんぴらの中にレンコンが入っています。
レンコンを輪切りにすると穴が多数あいていることから「先を見通す」ことに通じて縁起が良いとされ、お正月料理に用いられます。
作付面積は茨城県がトップです。
通常のレンコンの穴の数は8つだが、山口県岩国市でとれるレンコンの穴の数は9つだそうです。自然物なのでどちらも例外があります。
また近年、レンコンに含まれる成分が花粉症の治療に効果があるという発表があり注目を集めているそうです。
本当に花粉症の特効薬になればいいですね。

小魚の栄養を摂りましょう

平成25年9月11日(水曜日)

五目ラーメン・牛乳・いなり寿司・しらすの酢の物

今日は、しらすの酢の物がつきました。
「しらす」は、様々な魚の稚魚の総称です。これを塩ゆでして干したものは、「ちりめんじゃこ」と呼ばれています。稚魚はまだ骨格があまり発達していないので、そのまま丸のまま食べられます。ごはんの上に振り掛けたり、大根おろしと和えてしょう油で味付けして食べられます。
たんぱく質やカルシウムが豊富な食品なので育ちざかりの子供達にはたくさん食べてほしい食品です。
野菜といっしょにかきあげにしてもおいしいですよ。
おうちでも献立に入れてもらいましょう。

八杯汁

平成25年9月10日(火曜日)

和風玉子焼き・肉じゃが・八杯汁・のり佃煮・ごはん・牛乳

今日は、八杯汁でした。
とろとろおいしい八杯汁は郷土料理で、名前の由来は「八杯も食べたいくらいおいしい」という意味や「一丁の豆腐で八杯分作れる」という意味からきているそうです。
とろみがついた汁もののことを「のっぺい汁」と言うところもあるようです。

「のっぺい」といえば、新潟地方の名物にもありますね。場所は離れても料理のルーツは同じかもしれません?調べてみよう。

ミルフィーユカツもいいですよ

平成25年9月9日(月曜日)

柔らかとんかつ・もやしとハムの和えもの・ほうれんそうのみそ汁・ごはん・牛乳

今日のとんかつは、厚くても柔らかくボリュームがありましたね。
豚肉は、ビタミンB1などの栄養分が含まれていて、疲労回復に効果的で、ビタミンB1は牛肉の10倍も含まれています。
コレステロールが気になる人や良質のたんぱく質は、人間に体をつくるために欠かせない栄養素です。
肉を柔らかくするのに、筋に切り込みを入れて、たたくなど、塩麹に漬け込むと肉が柔らかくなりますが、薄切りの豚肉を重ねて作るミルフィーユカツもとても柔らかくおいしいですよ。
肉の間にパルメザンチーズ・カレー粉・とろけるチーズ・キムチ・梅肉・シソのど好みで挟んで重ねるか、巻いてロールとんかつもいいですね。

豚肉には脳の働きを活発にさせるビタミンも豊富に含んでいるそうですから、試験や大会、大事な日の前はやっぱりカツどん?かな?。

五穀豊穣

平成25年9月6日(金曜日)

チーズオムレツ・15品目サラダ・ブラウンシチュー・食パン・夕張メロンクリーム・牛乳

今日の15品目サラダには、五種豆と五穀がはいりました。
普段はなかなか食べる事のない、五種豆や五穀ですが、ひじきや千切りごぼうも入り、栄養満点のサラダでした。

五穀とは、五種類の主要な穀物のことをいうんだよ。
むかしからその内容は決まっていないけれども、今では、米・麦・粟・豆・黍(きび)または 稗(ひえ)を指すことが多いようです。地方や地域によって違っているようです。どれも代表的な人間の主食ですね。これら五種をブレンド した米を五穀米(ごこくまい)と呼びます。

神事のときに神様に差し上げる五穀ですが『五穀豊穣(ごごくほうじょう)』という言葉は聞いたことがありますね。
もう少しで大畑もお祭りです。
山や海の幸の豊かな収穫を祝ってお祭りをしますが、きっとどこかで五穀を見ることができると思いますよ。

家庭の味、ハンバーグ

平成25年9月5日(木曜日)

おろしハンバーグ・牛乳・ほうれんそうごまあえ・いかだんご汁

今日のハンバーグは、人気の和風おろしハンバーグでした。
さっぱりとしていて、とても美味しかったですね。
皆さんのお母さんもそうだと思いますが、手作りハンバーグを作る時は、やわらかくジューシーに仕上げる為に、色々な工夫をしています。
もともとハンバーグは、硬い肉をやわらかく食べたいという事からできたメニューという説があります。パン粉、卵はつなぎの意味もありますが、肉を多く見せるという意味もあったようです。
牛乳は固いパン粉をやわらかくするという役割や、肉の臭みを取り肉の成分を乳化させ、やわらかくジューシーにする力があるようです。マヨネーズを隠し味にするとおいしとか・・・
ハンバーグは、野菜の割合や焼き方の方法、時間、ソースの使い方によってたくさんのバリエーションがあります。奥がふかいですね。
お母さんお得意はどんなハンバーグなのかな?

ごぼう

平成25年9月4日(水曜日)

たまごうどん・鶏そぼろ信田・青森県産ごぼうサラダ・牛乳

今日はごぼうサラダがつきました。青森県産のごぼうは、全国1位の出荷量です。
ごぼうの成分といえば食物繊維が一番で腸の中を掃除をしてくれる働きがあります。そして内緒だけれども便秘にも効果的です。
血糖値をさげる作用もあるので、糖尿病にも有効といわれています。さらに肝臓機能を高め、低カロリーでヘルシー野菜として人気があるんですよ。(子供には人気がないかも・・・)
銅などのミネラル分も多く含み、体にはとてもいい事ばかりなので、みなさんもたくさん食べるようにしましょうね。

モズク

平成25年9月3日(火曜日)

ごはん・牛乳・白金豚焼売・中華サラダ・もずくスープ

もずくは、北は北海道から南は沖縄まで各地の沿岸に広く分布しています。一番の産地は沖縄で全国の90%を占めています。
新鮮なもずくの選び方としては、磯の香が強いものを選ぶことがポイントです。ミネラル、ビタミンが豊富で酢(三杯酢)で和えて食べたり、卵焼きに混ぜたりサラダ等でもおいしく食べられます。
青森県でも採取しています。近くでは佐井村産が有名です。それに日本海側の深浦町にある水産会社が全国に出荷しています。
ミネラル豊富で身近な海の幸、健康と美容にも良い海草はたくさん食べたほうが良いみたいですね。お母さんに勧めてあげよう。

厚揚げ

平成25年9月2日(月曜日)

ごはん・牛乳・アジ黄金焼・厚揚げの旨煮・キャベツのみそ汁

厚揚げ(生揚げ)は豆腐を厚く切り、水けを切って油で揚げたものです。
豆腐を薄く切って同じように揚げたものが油揚げです。どちらもタンパク質を豊富に含むほか、油を用いているため豆腐よりエネルギーは高くなります。今日は旨煮でしたがさっと焼いてしょうゆやだいこんおろしで食べてもおいしいですね。
豆腐は大豆の栄養がいっぱいです。たくさん食べて健康になりましょう。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR