命をつなぐ食事を大切に

平成26年3月25日(火曜日)

たまごカレー・福神漬け・フルーツポンチ・牛乳

今日は今年度最後の給食でした。
皆さんの大好きなたまごカレーとフルーツポンチでした。帰ってきた食缶をみてホッとしました。残さず食べてくれてありがとうございました。
食べるということは素材の「命をいただく」ということです。
「いただきます」そして「ごちそうさまでした」
苦労して狩をした命や、丹精こめて時間をかけて育てた命、そのほか、さまざまな「命」に感謝して食事をしましょう。
4月からもよろしくお願いします。
スポンサーサイト

紫蘇がきめて、とう漬け

平成26年3月24日(月曜日)

かきあげ丼・とう漬け・高菜のみそ汁・ごはん・牛乳

今日のかきあげは、大きくてとても食べ応えがありましたね。
タレもおいしかったので、ごはんも残さず食べれたのではないでしょうか?

そして今日の漬物『とう漬け』ですが、青森、津軽の郷土料理なのだそうです。
今日のとう漬けは、大根・人参・きゅうり・わらび・しその実がはいったものでしたが、ナスやみょうが、ごぼうなど入る食材は家庭によって様々なようです。
根菜類を味噌で漬け込んでいますが、しその実が入っているのでさっぱりとしておいしかったですね。
津軽の知恵をいただいたような気がしました。。。

いわしの話し

平成26年3月20日(木曜日)


ごはん・牛乳・いわし黒酢あんかけ・山くらげ炒り煮・もずくだんご汁

「イワシ」は、日本で刺身、塩焼き、フライ、てんぷら、酢の物、煮つけなどにして食します。
稚魚や幼魚はちりめんじゃこ、煮干しの材料になりますし、『オイルサーディン』のように欧米でも塩焼き、酢づけ、油づけなどに加工されて食されています。
どうしても水揚げ後は、傷みやすので、干物各種、缶詰、つみれなどの加工品として流通されています。食用以外にも魚油の採取、養殖魚や家畜の飼料などの用途があります。

その昔、江戸時代の明かりは鰯だったそうです。鰯に限らず雑魚から取れる「魚油」を明かりの材料にしていたようで、特に鰯は漁獲量もあったので加工できないものは大量に魚油に使われたといわれています。
だから、江戸時代の夜のにおいは・・・魚のにおいだったようです。猫が喜ぶわけです。
そして、この油が火事の原因でもあったようですが・・・
機会があったら続きのお話を。。。

ブロッコリーを上手にゆでました

平成26年3月19日(水曜日)

たまごうどん・平つくね・ブロッコリーツナあえ・お祝いいちごぜりー・牛乳

私の担当はブロッコリーのツナあえでした。
冷凍のブロッコリーを使いました。以前、沸騰したお湯にそのまま入れてボイルして取り出し、冷却すると花の部分が粉々にくずれて、見た目もよくない感じのサラダになることがたびたびありました。
そこで、今回は、ボイル前に湯通しをしてある程度解かしてからボイルしたところ、とてもきれいな仕上がりになりました。
そしてきれいなツナ和えに仕上がり美味しくいただきました。
家庭でも冷凍の、カリフラワーやブロッコリーを茹でる時には一度湯通しすることをお勧めします。
給食センターは大量調理なので、家庭とは違ういろんな工夫をしています。これからも安心安全な給食をお届けいたします。

こしょう=金塊の時代もあった?

平成26年3月18日(火曜日)

ごはん・牛乳・豆腐のそぼろあん包み・豚キムチ・ワンタンスープ

今日のワンタンスープは、だしのきいた汁の中にふわとろのワンタンと、ピリッとした辛さがほのかにあって、とても美味しかったですね。ピリッとした辛さは「こしょう」が入っているからでした。

「こしょう」はインド原産で味は辛く、「ピぺリン」という化学物質がこしょう独特の風味を与えます。又、「ピぺリン」は、抗菌、防腐、防虫作用があり、昔、中世のヨーロッパでは、冷蔵技術がない時代には、食料を長期保存するものとしてとても珍重され、金などと同じような扱いをされ、香辛料の中で最も高価なものでした。
今では考えられないですね。
お肉の塊に塩とこしょうをまぶして保存したハムやソーセージは昔からの保存方法を残していますね。

「こしょう」にも種類がいろいろあり、収穫のタイミングや製法の違いで、ブラックペッパー、グリーン、ローズ、ホワイトペッパーなどがあります。
特に一般的なブラックペッパーは、強い独特の風味があり、特に牛肉との相性がよく、ホワイトペッパーは、風味が弱く、魚料理と相性が良いそうです。引かないで粒のままスープに入れて風味付けにも使うことがありますね。

手軽にチンして美味しく調理

平成26年3月17日(月曜日)

豚肉しょうが焼き・もやしとハムの和えもの・じゃがいものみそ汁・ごはん・牛乳

今日は玉ねぎとわかめ入りのじゃがいものみそ汁でした。
それぞれの甘みと風味が出て最高の組み合わせでしたね。笑

玉ねぎは家庭でも良く使いますね。料理の脇役で、とても欠かせない食材のひとつですね。
ということで、玉ねぎのみじん切りを焦がさずに、手軽で簡単に炒める裏ワザを紹介します。
みじん切りにした玉ねぎを耐熱容器に入れて、上からバターをひとかけ落として、ラップをせずに電子レンジで3~5分間加熱します。
終わったら取り出してかき混ぜれば出来上がりです。ハンバーグなどに入れる時にとてもべんりです
「チン」しているから焦げないのですが、加熱することで苦みが少なくなり甘みが増します。
香ばしさを求めるときは勿論弱火のフライパンでじっくり「きつね色」が基本ですね。
お料理を工夫して楽しみましょう。。。

ブロッコリーの茎に気づいたかな

平成26年3月14日(金曜日)

あらびきポークウインナー・タマゴサラダ・やさいスープ・コッペパン・牛乳

今日はコッペパンに、ウインナーとタマゴサラダをたっぷりはさんでドッグパンでした。とてもおいしかったですね。
今日のタマゴサラダにはブロッコリーの茎が入っていたのに気づいてくれましたか?
ブロッコリーはつぼみを食べる野菜と思われがちですが、茎の方が栄養いっぱいなのです。
つぼみの部分よりビタミンCはみかんの4倍も多く、ゆでた後でもみかんの2倍もビタミンが残っているのです。
とりすぎても不要分は体外に排出されるので心配ありません。
今の時期が旬のブロッコリー、これは食べるしかありませんね。

豆板醤?

平成26年3月13日(木曜日)

ビビンバ・えびだんごのスープ・牛乳

ビビンバの中の調味料として豆板醤(トウバンジャン)が使われています。
豆板醤のこと、ごぞんじですか?
ソラマメ・唐辛子を主原料に作る中国の発酵調味料です。唐辛子が多く含まれていることから食欲を増し、かつ発汗作用があります。
また、もうひとつの原料のソラマメは、皮がかたいので発芽させ皮をむきます。日本のみそのように蒸さずそのままこうじに漬け塩を入れて半年ほど発酵させます。
一か月から数年熟成させたものが豆板醤になるそうです。
辛味とうま味がある調味料です。中国4千年の歴史ですねっ。

ビビンパにはコチュ醤を好みで使いますが、そのお話しは今度・・・

家庭でも味噌カレー牛乳を

平成26年3月12日(水曜日)

みそカレー牛乳ラーメン・にらまんじゅう・中華くらげの和えもの・牛乳

毎週水曜日は麺の日です。
そして献立初登場の、みそカレー牛乳ラーメンを作りました。
作っているほうもどんな味になるのかと思っていましたが、コクがあるのにまろやかで、辛さが引き締まる、そんな美味しいラーメンが出来上がりました(^○^) 
卒業した3年生も食べてみたかったとの噂がチラホラ・・・。

家庭で作る時は、みそラーメンのスープにカレー粉と牛乳を入れれば簡単に作ることができます。
具材はお好みで、もやし、チャーシュー、メンマ、バター、わかめなど好きなものを入れればいいのでは?
ぜひ、青森県青森市が発祥といわれる「味の○○」さんを目指してB級グルメを作ってみましょう(^_^)

いももち を作ろう

平成26年3月11日(火曜日)

ごはん・牛乳・さけバターしょうゆ焼き・きんぴら卯の花・いももち汁

今日は手作り「いももち」の作り方を紹介します。
材料は「じゃがいも」と「片栗粉」があればOKです。
それではっ、クッキング!^0^
じゃがいもは皮をむいて、ゆでるか蒸します。熱いうちにつぶし、片栗粉を入れ、もちを練るようにこねます。
片栗粉の分量は、じゃがいもの2~3割程度を目安にしてください。お好みで片栗粉を減らすと「ほっくり」感が、多めに入れると「もちもち」感がでます。
汁に入れるには、一口大に丸めるか(へちょこもち)、棒状にして冷めてから包丁で、1センチ位に切る方法もあります。
だし汁にお好みの野菜を入れ、味をととのえてから食べる直前に餅を入れてください。

「いももち」は色々な食べ方があります。
フライパンで焼いてこげめを付けたり、油で揚げたりするのもお勧めです。味付けも、甘辛にしたり、のりを巻いてしょう油を付けるのもさっぱりとして美味しいですよ。
じゃがいもは、今、寒さで甘みが増し、とってもおいしい時期です。手作り「いももち」作ってみましょうね。

食べ物に困らないよう~に・・・

平成26年3月10日(月曜日)

ごはん・若鶏ねぎ塩だれ・すき昆布炒り煮・八杯汁・牛乳

八杯汁の由来についてご存じですか。
古くからお盆や法事の時に作られる精進料理です。一丁の豆腐で、8人分作れるということで名づけられたとか、あまりおいしくて八杯(たくさん)おかわりして食べてしまうから名づけられたとも言われています。
下北の佐井村内の牛滝地区では「おこもり」という大漁と無病息災を祈願するため、神社にこもって食べる側は「めしーっ」、「しるーっ」、給仕する側は、「食え~」「飲めぇ~」と絶叫しながら、ひたすら「ご飯」や「汁」を食べ続ける一風変わった独特の風習があります。
その時に食べられる「汁」は八杯汁で概ね豆腐80丁を使って大なべ4つ分が作られ、米は8升が炊かれます。
私もニュースでしか見たことがありませんが、汗をかきながら男の人たちがひたすら食べている様子が写し出されていますね。
その昔、飢饉のときに鯨が流れ着いて集落の命をつないだことから始まったようです。

土曜日、そして今日、私たちが配送する中学校では卒業式がとりおこなわれました。おめでとうございます。
たまには給食の話題で思いでが盛り上がってくれたらうれしいですね。
卒業生のみんなの幸が多いことをご祈念しています。

中学3年生 卒業おめでとう

平成26年3月7日(金曜日)

スペイン風オムレツ・パリパリサラダ・クラムチャウダー・コッペパン・ホワイトチョコ・牛乳・お祝いいちごゼリー(中学校のみ)

今日の献立のクラムチャウダーは寒い日には、ピッタリなスープですね。
そして今日のコッペパンにつけて食べたホワイトチョコは甘くてとてもおいしくパンがたくさん食べれたのでは?
ホワイトチョコは白いですが、チョコは茶色でビター(ブラック)・ミルクなどあります。
では作る時にどんな違いがあるのでしょうか?
チョコの主な原材料はカカオマス・ココアバター・砂糖・ミルクなどですが、ホワイトチョコはカカオマスが使われていないため、白い色をしているのです。
今日で中学3年生は給食最後の日でした。卒業になるので中学校のみお祝いゼリーがつきました。
最後の給食をしっかりかみしめてたべましたか?
ご卒業おめでとうございます。

甘エビで長生き

平成26年3月6日(木曜日)

ごはん・牛乳・甘えび焼売・わかめの酢の物・麻婆豆腐

今日のメニューの中で、甘えび焼売の甘えびは、山陰以北の日本海と北海道周辺に生息します。中でも富山湾のものは特によいといわれています。
味は名のとおり、とろけるような甘味が特長です。甘味成分となるアミノ酸類が多く含まれています。
高タンパクで成人病予防の成分として期待が寄せられるタウリンも豊富で栄養面からみても貴重な食材です。
海老は、「背中が曲がるまで長生き」の縁起物とされています。
アレルギーの方もいらっしゃるのですが、バランスよく摂取して長寿をお祈りしましょう。。。

肉団子の可能性は大

平成26年3月5日(水曜日)

山菜うどん・ジャンボ肉だんご・キャベツソテー・牛乳

今日の給食には大きな肉団子がつきました。甘辛くて、子供たちは大好きですよね。

ふわふわな肉団子にするには挽肉に片栗粉と水を足して良く混ぜるといいといわれています。
もちろん、水分を含むたまねぎなどの野菜や調味料を入れたり、場合によっては鶏がらスープの煮凝りを入れることもありますね。
硬さはお好みで、手で丸めれなくても、スプーンですくって、お湯でボイルしてもいいですし、お鍋に直接落としてもダシが出ますね。油で揚げてあんかけや、酢豚風にしてみてもいいのですよね。

肉の種類でも変わりますし、味付けアイデア次第でいろいろな料理に活用できます。肉団子料理のレパートリーを考えてみましょう。

野菜もたっぷり つみれ

平成26年3月4日(火曜日)

ごはん・牛乳・チキンカツ・こまつなのアーモンドあえ・つみれ汁

「つみれ」と呼ばれる調理、献立名は、いわし、あじなど魚介類を原料にしたものを用いることが多く、練った具材を手やスプーンで一口大にちぎりながら汁の中に入れます。
同じような形ですが、鶏肉や他の肉を使い、こねてまるめた物は「つくね」と呼ばれています。

海に囲まれている下北では「つみれ」の材料が豊富なので、いわし、あじ、ほっけ、さけ、いか等を使って作りますが、臭み消しに「みそ」や「生姜」、つなぎとして、鶏卵、でん粉を入れたり、さらにお好みで、刻んだ野菜やキノコを入れたりもしますね。
又、食感を変えるために、すり身の中にすり身でない大きめの身を加えたりしますね。

寒い時期にぴったりの「つみれ汁」です。色々な野菜をたくさん入れて、美味しくいただきましょう。今日の「つみれ汁」には、ごぼう、人参、大根、長ねぎ、高野豆腐を入れました。

道明寺か長命寺

平成26年3月3日(月曜日)

ちらしずし・菜の花の和えもの・はんぺんのすまし汁・さくらもち・牛乳

今日はひなまつりですね。
給食献立もひなまつりらしい「ちらしずし」に「さくらもちセレクト」でした。
ひなまつりによく「さくらもち」をいただきますね。でも、地域によっては、ひなまつりに「さくらもち」を食べる習慣が無いところもあるそうです。
今日のさくらもちは「道明寺」と「長命寺」の二つからセレクトでした。それぞれ食感が違ったと思います。
「道明寺」は関西風のさくらもちで、細かく砕いたもち米を蒸して餡を包んだ俵型のさくらもちです。
「長命寺」は関東風のさくらもちで小麦粉で作られた桜色の薄い皮で餡がくるまれ、ワッフルのような形をしたものです。

みなさんはどちらの「さくらもち」でしたか・・?お友達と食べ比べてみた人もいたのかなっ。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR