青じそでさっぱり

平成26年5月30日(金曜日)

黒糖コッペパン・牛乳・鮭チーズ衣焼・青じそサラダ・雪人参スープ

今日は青じそサラダでした。青じそは、和食を引き立てる香辛料として、様々な料理に使用されています。
しそに含まれる「ペリルアルデヒド」が、臭覚神経(におい)を刺激して、胃液の分泌を促し、食欲を増進させる他、健胃作用もあります。
又、強い防腐作用をもち、食中毒の予防に役立ち、これが、おすしや、刺身など、日本料理に特有の「生食」文化にマッチしてきました。
お弁当にしそや梅を入れるのも、菌を増やさない効果があるんですね。
今日はドレッシングに使っていますが、少し和風になりますがスパゲッティ―の「バジリコ」の代用品として使うこともできます。さっぱりしておいしいですよ。。。
だいぶ暑くなってきました。体調管理には気をつけましょう。
スポンサーサイト

春巻きの中身で楽しもう

平成26年5月29日(木曜日)

春巻き・小松菜のなめたけあえ・中華スープ・牛乳・ごはん

今日の春巻きは外側がパリッとして中の具がジューシーでおいしかったです。
春巻きの由来ですが・・・中国で、元々は、立春のころ、新芽が出た野菜を具として作られたところから「春巻」と名付けられたそうです。
一般的には豚肉、たけのこ、しいたけなど身近な食材を細かく切って炒めて味付けをし、小麦粉で作った皮で棒状に包んで油であげたものです。
外側の皮がパリパリ、内側の具材がしっとりしているのが特徴です。
中に入れる具は自由なので、千切りじゃがいも、ベーコンに塩こしょうしたものを入れてもおいしいですよ。(^_^)
チャプチェを具にしても楽しいよ。

焼きそばグルメ

平成26年5月28日(水曜日)

あんかけ焼きそば・フルーツ白玉・牛乳

今日は、「あんかけ焼きそば」でした。
「焼きそば」は、日本人にはとても身近な食べ物です。有名な焼きそばだけでもなんと24種類もあるそうです。
まだまだ探せば驚くような焼きそばが見つかりそうですね。
ご当地B級グルメでおなじみ日本3大焼きそばの1つ、秋田県の「横手焼きそば」は、目玉焼きに福神漬がそえてあるのが特徴ですね。
そして青森県でも黒石つゆ焼きそばがありますが、焼きそばソースとめんつゆで不思議な味わいです。黒石は「おやつ焼きそば」起源でそれにつゆをかけておいしかったことが広まったようですね。

普段よく食べるソース焼きそばもおいしいですが、今日の焼きそばはパリパリの麺にあんかけはいかがでしたか。
大人もこどもも、「人生の食べ歩きの中で」お好みの焼きそばを探してみても楽しいですね?

煮しめに ふき わらび

平成26年5月27日(火曜日)

ごはん・牛乳・たまごやき・ふきの油炒め・すいとん

ふきは、キク科の多年草です。
ふきの中でも秋田ふきは秋田の名物で柄の長さが2m、葉の直径は1mに達する大きなふきです。固いので野菜として出荷される事は少なく砂糖漬の加工用になるものが多いそうです。
ふきは、春から初夏にかけてが旬です。よく市場に出回っているのは「愛知早生ふき」なのだそうです。
地味な食材ですが、懐かしい、温かい味のする食材ですね。「お煮しめ」には欠かせませんよねっ。。。

源たれの味付け

平成26年5月26日(月曜日)

根菜ハンバーグ・いかと野菜のスタミナ源たれ炒め・じゃがいものみそ汁・ごはん・牛乳

国産若鶏のむね肉を原料に根菜の玉ねぎ、ごぼう、人参にひじきを加えた根菜ハンバーグでした。
さっぱりしたタレの味付けでおいしかったですね。
お家では、いつものハンバーグに食感の良いレンコンを加えて、大根おろしとポン酢で食べてもおいしいですよ。
スタミナ源たれは、青森県民にとってはポピラーな(ソウルフルな)焼肉のタレです。
今日はしょう油味を使いましたが他に塩味など何種類かの味があります。焼き肉だけでなく今日のようにいかと野菜を炒めたり、チャーハン、サラダなどいろいろ使えますよ。
学生の頃は、ご飯に直接かけて焼き肉を食べた気になったこともあったような・・・という方もいるようですね。。。

クルトンでボリュームサラダ

平成26年5月23日(金曜日)

ねじりパン・ミートオムレツ・シーザーサラダ・コンソメスープ・牛乳

今日のシーザーサラダはカリカリとした食感のクルトンが入っていましたが、クルトンのことご存知ですか?
クルトンとは、サイコロ状に切ったパンをもう一度表面を焼き上げたり、バターやオリーブ油で炒めたり揚げたりしたもののことをいいます。
クルトンはシーザーサラダや各種サラダのトッピングやコーンスープなどのポタージュの浮きみに使われるのが一般的です。
その由来はフランス語で、パンの外側の固い部分などを意味する「クルート」からきているそうです。
フランスパンで作るサンドイッチ「カスクルート」も同じような語源からきているようですね。
クルトンを入れるだけでボリュームもカロリーもアップするので、サラダに加えるだけで摂取品目のバランスがよくなりますよ。ただし、食べすぎは油分の取りすぎになります。注意しましょうね。。。

白いカレー

平成26年5月22日(木曜日)

ホワイトカレー・牛乳・福神漬け・りんごフルーチェ

今日は給食初の献立『ホワイトカレー』でした。
ふしぎなカレーで、その名のとおり、シチューのようなカレーです。カレーシチューでなくカレーです。
そして、カレーの白さを引き立たせた、ターメリックライス(黄色いごはん)と一緒にいただきました。
ホワイトカレーは、北海道札幌のホテルで初めてお目見え、その意外性と、美味しさが特徴で、具材はクリームシチュー同様に鶏肉や、魚介類などが使われる場合が多いようで、今日は鶏肉を使用しています。
白いカレーは、スパイスの風味が一般に普及しているカレーと違いはなく、クリームソースのまろやな風味とさわやかな辛さが特徴的でしたね。
こども達も良く食べてくれました。

ブロッコリーは塩ゆで

平成26年5月21日(水曜日)

わかめラーメン・平つくね串・ブロッコリーツナあえ・牛乳

今日は、人気のラーメンに「ブロッコリーのツナあえ」でした。
家庭でもサラダなどによく使われるブロッコリーですが茹でるときに、「にんにく」と「塩」を入れると青みが増してコクが出て何もかけずに食べてもおいしいです。
そのときはの塩は、味付けなので濃いめにします。茹であがったらお湯を切りそのまま冷まします。にんにくはチューブのものでも良いです。簡単レシピを試してみてください。
運動会のお弁当の彩りにもいいですね。。。

長いもは青森と北海道

平成26年5月20日(火曜日)

いわしの梅煮・豚肉とながいもの煮物・高菜のみそ汁・ごはん・牛乳

今日の鰯の梅煮は、おいしかったですね。
そしてながいもの煮物は、生で食べる時と違った食感で味もしっかりとからんでおいしいですね。

ながいもは北海道で主に生産されていて、その次に青森県の東北町、三沢などで作られています。
北海道と青森県だけで全国の87%を占めています。
ながいもがおいしい旬の時期は、12月から1月の冬と、4月から5月頃の春に収穫されたときです。
今が旬、栄養いっぱいのながいもをたくさんいただきましょう。

春雨はカロリー低い食材です

平成26年5月19日(月曜日)

ごはん・牛乳・ポーク焼売味噌入り・中華サラダ・もずくスープ

ヘルシーな春雨が中華サラダに入っていました。
もやしの原料にもなる緑豆のでんぷんから作られるのが緑豆春雨は、日本で作られる片栗粉やさつまいもでん粉で作られる春雨より煮崩れしにくい食材です。
食感や味がないので、同じようにアレンジしやすい「しらたき」とまちがったりしますが別物です。
また、市販の春雨ヌードルはお湯を注ぐだけで食べられる便利な食品ですが、春雨のカロリーは少ないのに、スープを全部飲みほすと1日に必要な塩分の半分を摂取することになるので要注意ですね。

大豆の華と芋ペースト

平成26年5月16日(金曜日)

国産ポークウインナー・スイートポテトサラダ・はくさいと鶏肉のスープ・コッペパン・牛乳・マーガリン

今日のスイートポテトサラダはさつまいもの蒸し芋ペーストのほかに、「大豆の華」を入れて作りました。
「大豆の華」とは
大豆を浸漬(水に浸して)、蒸煮した後、石臼でカットし乾燥させたものを「大豆の華」と呼びます。
加熱済みでそのまま食べることができて、クセがなくいろいろな食材との相性が良いのです。しかも栄養成分は大豆とほぼ同じで、食品添加物不使用の健康素材です。
見た目はどんな感じかというと、じゃがいものマッシュポテトによく似ていますよ。
蒸し芋ペーストもさつまいもを皮をのぞいて、蒸したものなので、サラダの他にもお菓子作りにも使えそうなすぐれもののペーストでした。
お年寄りのかみやすい食事や赤ちゃんの離乳食にも活用できそうですね。

毎日、給食センターのある大畑中学校では、体育祭の練習が行われています。明日が本番ですが、晴れるといいですね(*^_^*)

もやしも種類が多いんだよっ

平成26年5月15日(木曜日)

ごはん・豚丼・わかめの酢の物・もやしのみそ汁・牛乳

今日は「もやし」について調べてみました。
現在、もやしの原料として使われている豆は、大豆類・緑豆・ブラックマッペです。
種類によって、短いの、そばみたいに長いの、太いの、細いのと様々です。
大豆・緑豆は、昔から「もやし」の原料とされています。もやしの名前の由来は芽が「萌え出る」のこと、若い葉がぐんぐん伸びていくという意味からその名がついたといわれています。
また、科学肥料や農薬を使用せず、新鮮な水だけを与えて育てるため衛生的で安全な野菜なのです!!
それに、もやしは一年を通じて一定の価格で安く購入できるので家計には大助かりのお母さん方が大好きな野菜なのです。
青森県で全国的に有名なのは大鰐温泉で作られる温泉もやしですね。青森県を語るためのキーワードになりますよっ。。。

もやしの選び方
もやしは、茎が太くしっかりしていて、白くツヤがあるものを選びます。根に透明感があるものも良いですね。
褐色がかっていたり、豆が開いていjたり、黒ずんできているものはさけましょう。
参考にしてみてくださいね。
保存はできるだけ水分を切って保存しましょう。水分が傷む原因ですよ。。。

春の山歩きもいいねっ

平成26年5月14日(水曜日)

山菜うどん・牛乳・鶏そぼろ信田・野菜炒め

今日は今が旬の山菜を使った、「山菜うどん」でした。ワラビ、ゼンマイ、タケノコ等が入っています。
山菜は健康食品としてすぐれている事や、春の香りとして楽しみにしている人が多くいます。
山菜は野菜に比べて採れる量も少なく、味も苦みやアクが強かったり、クセのあるものが多いようです。
でもそれがかえって人々に喜ばれています。また、山野の美しい空気を吸って、山菜取りに一日歩き回るのも楽しいですよね。
でも、山菜取りにもマナーがあります。例えば、「タラの芽」を早い内から枝ごと切って水耕栽培したり、2番、3番の芽を取るのも、木を枯らす原因になります。
今の時期はワラビ、ゼンマイ、ウド、シドケ等の最盛期です。フキ、タケノコ等はこれからです。山菜取りを楽しんでみましょう。
山の天候は変わりやすいです。無理せずに計画しましょう。

春の香り 山菜

平成26年5月13日(火曜日)

にしん照り煮・がんもの煮物・親子煮・ごはん・牛乳

今日のがんもの煮物には今が旬のふきを入れました。
がんも、たけのこ、ふき、にんじんをしょう油、砂糖で煮ました。味がしみておいしかったですね。
ふきはビタミン類、カリウムやカルシウムなどミネラル類を多く含んでいます。特に、食物繊維が豊富で低カロリーなので、ダイエットにも効果的で、便秘ぃぃの改善にも期待できます。
ふきの独特な香りの成分は、せき止め、たん切り、消化などに効果があるということが古くから知られて、漢方では、咳止め、健胃、浄血、毒消しなどの薬効食材として古くから活用されてきたそうです。
これから「ふき」、「たけのこ」のおいしい時期ですね。油炒め、煮つけなど食べ方はいろいろですね。
春の香りをぞんぶんに楽しんでおいしくいただきましょう。

庶民の味方「豚肉」

平成26年5月12日(月曜日)

ロースとんかつ・大根サラダ・ほうれん草のみそ汁・ごはん・牛乳

今日の給食はとんかつでした。
少し厚さもあっておいしかったですね。
豚肉は、日本人がいちばん食べている肉で、その消費量は牛肉の約3倍になるそうです。
豚肉が一般的に広がったのは、牛肉よりもあとで、とんかつが食べられたのは明治30年代のことです。
栄養素のビタミンB1は食品の中でもトップクラスなので夏ばて防止に重宝しますね。
カツによく使う「ロース肉」はキメが細かく肉質も柔らかく一番おいしいと言われる部分です。
ふちの脂身の部分にも旨味が凝縮されているんですよ。
とんかつ、焼き豚、しょうが焼きにしてもおいしくいただけるので、今晩のメインにどうでしょうか?
バラエティーにとんだ献立に使われる豚肉で、美味しく楽しく食卓を囲みましょう。

お料理にもジャム

平成26年5月9日(金曜日)

まめパン・牛乳・若鶏のマーマーレード焼き・菜の花の和えもの・クラムチャウダー

若鶏のマーマーレード焼きでした。マーマーレードは、柑橘類を加工して作るジャムですね。
主にオレンジ、夏ミカン、ユズ、グレープフルーツなどで作られています。実と皮を分け、皮は千切りにして水に浸し、実から果汁をしぼり皮と一緒に煮ます。
皮が柔らかくなったら砂糖を入れゲル状になるまでかき混ぜながら煮てできあがりです。
食べ方としては、パンにつけて食べることが一般的ですが、今回みたいにお肉のソースにも使われることがあります。
お料理に使うときは、みりんや砂糖の代わりに使うといいでしょう。
一工夫ある味付けに変わりますよ。^^。^^。
グリルの仕上げにジャムをのせてオーブン焼きでもいいですね。バーベキューにも使えるかも・・・

七福神の漬け物

平成26年5月8日(木曜日)

肉団子の酢豚・七福神漬け・ワンタンスープ・牛乳・ごはん

今日は七福神漬けという初めてのメニューでした。
家庭で作るには
食材・ダイコン・きゅうり・りんご・キャベツ・赤カブ・ゴボウ・ニンジン
普段食べている福神漬けのイメージより少し大きめにカットするカットした野菜に塩(分量外)をまぶして、全体を軽く混ぜます。
20~30分放置しておき、力を込めてしっかりと塩もみすると・・・どんどん野菜の水分が出てきます。
一旦ザルにあけて
漬け汁作り
・醤油 大さじ3・砂糖 大さじ3・酢  大さじ2・酒 2/3カップ
これを全て鍋に入れて、お酒のアルコールが飛ぶ程度に煮きり、火を止めます。
もう一度野菜の汁を絞ってから、漬け汁に加えて、熱が取れるまで冷まします。
冷めたら、煮沸消毒したガラス瓶などに入れて、一晩以上冷蔵庫で寝かせます。
簡単にできそうでしょ。^o^ぜひ挑戦してみましょう。食べたらいいことありそうな名前ですね。

春キャベツや新玉ねぎ

平成26年5月7日(水曜日)

みそラーメン・多菜包子・のりあえ・牛乳

今日はみんなの大好きなみそラーメンでしたね。
みそラーメンには、たっぷりの野菜が入っていました。
その中にキャベツと玉ねぎが入っていましたが、キャベツには春キャベツ、玉ねぎには新玉ねぎと、今が旬なものがあるのを知っていますか?
春キャベツは、形が丸くて小さく葉の巻き方が少なく葉が柔らかく薄く、水分が多く甘味があります。
新玉ねぎは、やや大きくて黄色っぽい(白っぽい)く柔らかそうな外皮に包まれていてみずみずしく甘味も強いのが特徴です。
どちらも、春限定の野菜なので、ぜひお家でも食べてみてくださいね。

かしわもち

平成26年5月2日(金曜日)

食パン・ブルーベリージャム・鯛形オムレツ・パックケチャップ・コールスローサラダ・ポトフ・かしわもち

今日は、「こどもの日」が近いということで「かしわもち」がつきました。
そこで、かしわもちの由来について調べてみました。
かしわもちは、日本独特のもので、かしわもちを包む「柏の木」は昔から「神聖な木」とされています。
この柏の木は新芽が出ないと古い葉が落ちないため「子供が生まれるまでは親は死なない」、すなわち「跡継ぎが、途絶えない」「子孫繁栄」に結びつき、端午の節句の縁起の良い食べ物になりました。
柏の木は下北でもよく見ることが出来ます。
今の時期はまだ新芽が出ていないので茶色の葉がついた木を見かけたことがありませんか?それが柏の木です。
秋にはどんぐりがたくさん実のっていますよ。身近な木に思いをよせた昔の人たちはなんてすてきな感性の持ち主なんでしょう。
こどもの日にはぜひ「かしわもち」の葉にも感謝して家族でお祝いしてみてはいかがですか。

若芽のゆで方

平成26年5月1日(木曜日)

ごはん・牛乳・さんま甘露煮・切り干し大根炒り煮・わかめのみそ汁

今日は、今が旬の「わかめ」を使ったみそ汁でした。
「わかめ」は、植物繊維、ビタミン、ミネラル、カロチン、鉄分が多く、又、カロリーが少ない為、ダイエット食品としても、よく知られています。
スーパーなどでは、カットわかめとして売られ、手軽でお値段が安いのも魅力です。
ここ下北では、四方を海に囲まれ、海藻も豊富で気軽、生の「わかめ」も手に入ります。
そこで生わかめの美味しい茹で方を紹介します。
たっぷりの沸騰したお湯に、少々の重曹を入れ、そこに生わかめを投入、色が黄緑色に変わればOK。
ぐつぐつと煮る必要はありません。あとは水洗いをしてザルで水を切り、食べやすい大きさにカットします。やわらかい、コリコリ感が楽しめます。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR