夏だって、熱い料理で元気になろう

平成26年7月18日(金曜日)

コッペパン・ホットドックハンバーグ・パックケチャップ・ボイルキャベツ・ポトフ・牛乳・Feヨーグルト

今日は今学期最後の給食でした。皆さん、1学期はたくさん食べてくれてありがとうございました。
来学期もよろしくお願いします。

今日のポトフは野菜がいっぱいでおいしかったですね。
ポトフはフランスの家庭料理の一つで英語でのポット・オン・ファイア(仏語訳だとポットは鍋、オーフゥは火の中)、つまり「火にかけた鍋」の意味です。
肉と大きく切った野菜類を、朝にオーブンに入れて残り火で仕上げて夜に食べる節約した庶民の調理法です。今ではじっくり煮込んだ料理という意味もあります。
熱い料理は汗が出ます。夏休み中に夏バテしないように野菜を多めに入れて、ウインナーとお肉をコンソメで煮込んで作ってみてください。たっぷり野菜を食べて、不足しがちな栄養を補充しましょう・・・んっ?残ったらカレーにアレンジするのも良いですよ。
スポンサーサイト

5分で簡単 即席ナムルの作り方

平成26年7月17日(木曜日)

米粉皮焼売・ナムル・麻婆豆腐・ごはん・牛乳

今日の献立は中華料理でした。暑くても、ごはんがたくさん食べれたのではないでしょうか?
今日のナムルは、もやし・小松菜・ぜんまい・ハムを『ナムル・ドレッシング』であえています。ちょっと洋風でさっぱりとしていておいしかったですね。
ナムルは、「もやし」だけで5分で簡単に作れる即席ナムルがあります。紹介しますから家庭でもぜひ作ってみてはいかがでしょうか?
1,もやし1袋を水洗いしてから器に入れ、ラップをしてレンジで2~3分かける。
2,調味料は、ごま油・しょうゆ・各大1杯・おろし生姜・おろしにんにく各小1片・塩少々(辛さの好みで豆板醤)
3,レンジにかけたもやしを、ザルにとって水で冷やし、しっかり水切りしたら・・・調味料にもやしを入れて混ぜ合わせたら完成です。とても簡単でしょ。
ニラと炒りごまを入れると、もうひと味美味しくなります。もやしを使った節約料理です。是非、夏休み中に家族に作ってみてください。
暑さに負けないように・・・たくさん食べましょう。

紅玉シャーベット

平成26年7月16日(水曜日)

ミートソース・スパゲテー、花野菜サラダ、パックマヨネーズ、アップルシャーベット、牛乳

給食のデザートで人気メニューの「アップルシャーベット」でした。紅玉ならでは酸味がとてもさっぱりとして美味しかったですね。
生のリンゴのような甘酸っぱさと、風味豊かな舌触りのシャリ、シャリ感が絶妙でした。
りんごに含まれる「ペクチン」や「カリウム」は、美容や健康に効果があるといわれており、忙しい現代人にとてもマッチしたデザート食材といえますね。

魚の骨も唐揚げで

平成26年7月15日(火曜日)

かれいのムニエル・厚揚げの旨煮・ほうれんそうのみそ汁・ごはん・牛乳

カレイ(鰈)とは、代表的な白身魚で、その淡泊な味が多くの人に親しまれています。「左ひらめに右カレイ」と言われていて、カレイは右側に目がついています。(ちなみにヒラメは左側に目がついていますよ)
カレイには、たんぱく質・ビタミンEやビタミンDが多く、ミネラルではカルシウム・カリウム・鉄・亜鉛・銅を含み、特にヒレのつけ根の「えんがわ」と言われる部分にはコラーゲンがたっぷり含まれています。
また、捨ててしまいがちな骨は低温でじっくりと唐揚げにし、骨せんべいとして食べるとカルシウムが摂れます。みなさんもお家でためしてみてはいかがですか!!
カルシウムをたくさん摂って丈夫な骨を作りましょう。25歳までにカルシウムは貯めないといけませんものね。

レンコンを食べよう

平成26年7月14日(月曜日)

れんこんと挽肉の照り焼き・ひじきの炒り煮・まいたけのすまし汁・ごはん・牛乳

今日のれんこんと挽肉の照り焼きは、れんこんのシャキシャキ感がよかったですね。
れんこんは、ポリフェノール・・・赤ワインに多く含まれていることで有名なポリフェノールは、れんこんにも100g中100mgも含まれています。ポリフェノールを摂取すると、リンパ球の機能が向上して身体の免疫力が上がります。免疫力が高まることにより、ウイルス・細菌・カビなどから身体を守り、病気を防ぐことが出来ます。
れんこん独特のネバネバ成分はムチンです。この成分は納豆と同じ糖タンパク質で、気管支・鼻・胃などを守る粘膜保護作用があります。ムチンを摂取することにより、気管支炎ぜんそくや鼻炎、胃炎などの症状を緩和できるといわれています。
意外に思われますが、実はれんこんには風邪予防・美肌効果が期待できるビタミンCが豊富に含まれています。その量はれんこん100gあたりレモン3個分。
ビタミンCは抗酸化作用があり美肌効果はもちろん、免疫力を高めて風邪の予防や病気の予防に効果がありますね。
タンニンも含まれていて、消炎作用・止血作用・抗酸化作用・抗がん作用・殺菌作用があるといわれています。タンニンは緑茶、柿渋に含まれていることで有名ですが、れんこんにもしっかりと含まれています。抗酸化作用、消炎作用によって花粉症などのアレルギーに効果があるとされています。

下北では「れんこん」は、普段あまり食べない食材ですがたいへん体にはいいんです。
お家でも是非食べる機会を増やしてみてはどうでしょう (*^_^*)

栄養ないけど・・・なくてはならない

平成26年7月11日(金曜日)

あげパン・牛乳・春雨さっぱりサラダ・トマトクリームシチュー

今日は子供たちに人気の「あげぱん」と、濃厚な「トマトクリームシチュー」、そして暑い日にぴったりの「春雨さっぱりサラダ」でした。
サラダの中には、サラダになくてはならない?「キュウリ」を使いました。
キュウリは、世界一栄養のない野菜?だと知っていますか。(悪口ではないのでご容赦くださいませ)全体の90%以上が水分で、栄養素は、ビタミンC、カロテン、カリウムなどが・・・ちょっとだけ・・・含まれています。
でも、でも、でも、キュウリは、夏にはかかせない野菜なのです。
キュウリは、身体にこもった熱を取り除く作用や、アルコール代謝を促す働きがあるので、夏バテ予防や、二日酔いにとっても良い食材といわれています。是非!みんなのお父さんに教えてね。笑
その他に、おしっこが出やすくなったり、体内の毒素を排出するので、老廃物による「むくみ」を解消する効果が期待でき、暑いこの時期にぴったりの食材です。
上手に食べて夏バテ防止をしましょうね。。。
ちなみに、世界一栄養のある野菜は「アボガド」だそうです。

なっとうは・・・ナイト(夜)

平成26年7月10日(木曜日)

もやしとハムの和えのも・納豆・さつまじる・ごはん・牛乳

7月10日(ナットウ)でごろ合わせ「納豆の日」です。そこで給食でも「納豆」でした。
納豆は、身体に良い事は皆さんも良く知っていますね。
どのお家でも、朝食の定番となっていることが多いと思いますが、実は納豆の効果を引き出すには夕食に食べるのがベストなんです。
納豆のネバネバ成分の「ナットウキナーゼ」は血液をさらさらにしてくれます。そしてナットウキナーゼが活発に働くのは食後の4~8時間の時だと言われています。
また、血栓が起こりやすいのは就寝中なので、血栓が起こりやすい時間帯に活発にナットウキナーゼが働くようにするために夕食に食べるのが良いという話です。
それに、大豆が原料の納豆にはカルシウムが豊富に含まれています。カルシウムには、気分をリラックスさせる効果も期待できるので夜に食べると安眠や熟睡につながるという話です。
また、骨や歯は就寝中に形成されると言われていますので、納豆に限らずカルシウムを含む食品の摂取は夜に行うといいようです。
摂取量の目安として、納豆であれば一日一パック(50グラム)が適量とされています。
健康増進、短命県返上の青森県民として、一人ひとりが食べ物に興味を持てたらいいですね。

普段からお餅パワーも

平成26年7月9日(水曜日)

ちからうどん(もちいなり)きゃべつのツナあえ・牛乳 、 ミルクパン(中学校のみ)

今日は、麺の日で「ちからうどん」でしたが、味付けした油揚げにおもちが入っている「もちいなり」はおいしかったですね。
もちはお正月によく食べますが、普段はたべることがありますか?
お餅は腹もちが良いと言われていますが、その他にも良さがたくさんあります。
運動するときの主なエネルギー源となる糖質(炭水化物)が豊富に含まれているので、スポーツ選手には特におすすめです。
運動中のエネルギー源であり、糖分になって脳のエネルギー源がたっぷりとれるお餅は、時間のない時などに適した食べ物と言えるのです。
お餅は、普段から仲良くしていると、とても良い効果も多いようです。・・・スポーツにはもちろん普段の生活にも是非取り入れて「お餅パワー」を体感してみてください。ただし、食べ過ぎには注意ですね。

タイのソウルフード

平成26年7月8日(火曜日)

ガパオライス・牛乳・目玉焼き風オムレツ・はくさいスープ

ガパオはタイ料理で、外食文化のタイでは屋台の定番料理です。タイの人たちは、朝から晩まで観光客のように外食で済ませる人も多いようですね。(都市部の場合ですが・・・)
一年中夏のような気候のタイでは、パンチのあるエスニックな料理がやっぱり気候に合いますね。
ガパオは、タイ語でバジルのことです。でも、日本で一般に知られているイタリアンバジルとは異なり、チャンツァイみたいな強い薬草のような香りが特長です。
給食では今回で2回目のガパオライスでしたが、おいしかったですか。噂だと・・・人気メニューのカレーライスにつぐ献立になるかもしれませんね。

魚めん=麺状のかまぼこ

平成26年7月7日(月曜日)

あじにつけ・メンマソテー・七夕スープ・お星様のシュークリーム・ごはん・牛乳

今日は七夕ですね。
七夕スープは美味しかったかしら。魚めんを天の川に星の麩を星屑に見立てたスープでした。
魚めんは、新鮮な魚で作った麺状の「かまぼこ」です。
そうめん風にめんつゆで食べてもいいし、あんかけにして食べてもいいようです。

お星様のシュークリームは甘酸っぱくて、レモンのようなさわやかな味でした。
きょうは夏の暑さを吹き飛ばすようなメニューでしたね。今学期もあと2週間。暑さに負けないで頑張っていきましょう(^○^)

豚肉で上手に疲労回復

平成26年7月4日(金曜日)

ポークピカタ・ごまサラダ・きのこのスープ・食パン・牛乳・クリームゴール・パックケチャップ

ポークピカタは、豚肉に塩・こしょうをふり・小麦粉をまぶし・溶き卵につけて、バターや油などで焼いたものですが、鶏肉を使う時もあります。鶏肉の時は「プーレ・ピカタ(仏語)」とか「チキン・ピカタ(英語)」と言います。
ピカタというのは、玉子を衣にした料理のことです。フランス料理なんだね。
豚肉は、夏ばて防止の食材です。疲労回復や滋養強壮によく効くと言われています。
というのも、豚肉には「ビタミンB1」という栄養素が含まれていて疲労回復に効果的で、そのビタミンB1は、なんと牛肉の10倍も含まれています!!
筋肉にたまっていく疲労物質・乳酸を取り除いてくれます。
さらには・・・脳の働きを活発にさせ「ビタミンB12」も豊富に含んでいて、疲れた脳を癒すには最適です。
~今週は暑い日が続きましたが、今日は暑さも一休みでしたね。みなさんも夏バテに負けないようによく食べて、しっかりと睡眠をとって、強い体づくりをしましょう~

夏はカレーですっきりしよう

平成26年7月3日(木曜日)

ごはん・牛乳・夏野菜カレー・福神漬け・タピオカマンゴープリン

今日の「夏野菜カレー」は、豚肉、にんじん、玉ねぎ、かぼちゃ、ナス、ピーマン、ホールコーンが使われています。
給食では夏野菜を、カレールーの中で全部入れて煮込んだ、まろやかで、とろ~りとしたカレーなのです。
茄子が嫌いだという児童が多いのですが・・・おいしかったでしょっ。。。
今日は、家庭ですぐできるレストラン風の、ちょっとおしゃれな「夏野菜カレーアレンジ」を紹介します。
トッピング野菜を別に作るだけです。野菜は、別に揚げたり、チンしたり加熱調理をし、ごはんの上にいろどりよくトッピングします。
そこに、「いつものカレールー」をかけたり、別の入れ物にカレールーを入れ、食べるときにかけていただきます。煮込みとは違った食材それぞれの良さと彩りがとってもレストラン風になるのです。簡単でしょっ。。。
カレールーは、肉と香味野菜(人参・玉葱・セロリ:粗みじん切り)をベースにしたスープに入れると良いですよ。
トッピングの野菜ですが、かぼちゃや人参などの火が通りにくい野菜は、ラップをして、600Wのレンジで1分30秒加熱してから、フライパンで弱火で両面焼きすると、簡単にできます。
挑戦してみてください。



冷やし中華・・・はじめました

平成26年7月2日(水曜日)

冷やし中華(冷やし中華スープパック)・いんげんとコーンソテー・嶽きみふっくら蒸しパン

今日は年2回の冷やし中華でした。下北もだんだんと暑くなり冷たい麺がおいしい季節になりましたね。
家庭ではしょう油ベース、ごまベース、どちらのスープですか?
給食では、具(もやし、きゅうり、ハム、錦糸玉子)に棒棒鶏ソースで味をつけて、レモンの酸味がほどよいしょう油ベースのスープをかけてたべました。さっぱりしておいしかったですね。
二学期が始まっるともう一度「冷やし中華」がありますよっ。
ちなみに、「冷やし中華」と言いますが・・・正確には中華麺を使ったさっぱり中華風で日本生まれの料理なので・・・中国では食べることができないようです。
これも、日本人の知恵・・・クールジャパンだねっ。。。

根菜はミネラルが豊富

平成26年7月1日(火曜日)

いわしの煮付け・根菜きんぴら・いかだんご汁・ごはん・牛乳

今日の給食には、たくさんの根菜が入っていましたが、根菜とは土の中にできる野菜のことを言います。
ごぼう・しょうが・にんじん・さつまいも・れんこん・里芋・大根などたくさんあります。
土の中でできる野菜は、地中にある「ミネラル」をたっぷり含んで育ち、このミネラルにはたんぱく質、血液や筋肉を作る素となり、体の保温に欠かせないものです。
ミネラルには体調を整える大切な働きのほか、整腸作用・風邪防止・花粉症防止・などの効果があります。
栄養豊富な根菜は良い血液をつくる栄養がたくさん入っているので、なるべく食べるようにしましょう。
食物繊維も豊富です。バランスの良い食事を心がけましょう。。。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR