豆乳を毎日の食事にも取り入れてみてね

平成27年5月29日(金曜日)

ナポリタン・鶏モモ肉のマーマレード煮・ごま豆乳スープ・バターロール・牛乳

5月もあと2日で終わりです・・・毎日があっというまに過ぎていきますね。そんな中、身体の調子は大丈夫ですか?
今ひとつ・・・そんな時は、今日の給食にもでた、豆乳をお勧めします。毎日コップ1杯程度飲むだけで、だんだん身体の調子がよくなってきます。
豆乳とは、大豆の絞り汁です。大豆は、畑の肉といわれるように、三大栄養素と呼ばれる「タンパク質、糖質(炭水化物)、脂質」や「必須アミノ酸」が多く含まれています。特に、豆乳にはタンパク質、脂質が豊富に含まれています。今では健康食品として一般的に知られるようになりました。
一時的なブームだけではなく、高い効能を実感できるので、健康食品界で不動の地位を築いたと言っても良いでしょう。
コンビニ、スーパーなどでお手軽に購入できるようになりました。大事なのは継続することなのですが、独特な風味が,苦手であったり、飲むだけででは飽きてしまったりします。
ですから、豆乳を料理に使って効能を継続的に取り入れると良いでしょう。スープ、お菓子など牛乳の代わりに利用しても良い方法ですよ。

おまけ・・・・・豆乳には、ダイエット効果があるそうです。朝、ごはんを食べる前にコップ1杯の豆乳を飲むといいそうです。(苦手な方は、きなこ、バナナ、コーヒーなどをまぜてもOK)   私は試してみようかと少し心が揺れています(笑)
スポンサーサイト

けんちんのはじまり?

平成27年5月28日(木曜日)

ごはん・ハムカツ・中濃パックソース・おかか和え・けんちん汁・牛乳

今日は、「けんちん汁」でした。
「けんちん」って何のことだろうと調べてみました。・・・中国風の精進料理で江戸時代に禅僧によって日本化された「巻繊」(けんちん)という説と、鎌倉の建長寺で作られていた汁「建長寺汁」がなまってけんちん汁となったという説がありました。どちらも具を細かく切って、豆腐を炒めて加えるなどの精進料理だということが解りました。

けんちん汁はからだが温まる汁物ですが寒い時期だけでなく暑い時も具がたくさん入るので一杯でも十分な栄養が取れます。みそ味、しょう油味どちらもおいしく頂けますよね。

パプリカで彩りと栄養を摂りましょう

平成27年5月27日(水曜日)

肉うどん・半熟味付たまご・野菜炒め・牛乳

今日の肉うどんは具だくさんでボリューム満点でしたね!副菜の野菜炒めも色々な野菜が入って色とりどりでした。
野菜炒めには、キャベツ、もやし、にんじん、ピーマンのほかに「パプリカ」が入っていました。気づいたかな??

ピーマンとパプリカは形が良く似ています。
ピーマンは唐辛子の仲間です。南アメリカ原産で、辛みが無くなる改良を加えて誕生しました。日本で一般的に広まったのは戦後のことです。今では夏の代表的な野菜として定着しています。
一方のパプリカは、1990年代に入ってから輸入が解禁された野菜です。肉厚で甘味が強いのが特徴で、最近はピーマンの代わりにパプリカを好んで使う方も多いのでは?

もともとピーマンは唐辛子を改良して生まれたため、植物の分類上あまり差が無いためで、英語で唐辛子は hot pepper (ホットペッパー)、red pepper(レッドペッパー)、ピーマンを sweet pepper(スウィートペッパー)と言いますが、言葉の通り、辛み(hot)が強いものを唐辛子、辛みが弱い(甘い=sweet)ものをピーマンと呼びます。
さらに、ピーマンはシシ型、ベル型、シシトウと3つの分類に分けることができます。私たちがピーマンと読んでいるのはシシ型で、パプリカと読んでいるのはベル型の品種群です。シシトウは獅子唐辛子(ししとうがらし)です。
面白いことに、この3つの名前の違う野菜は全て英語ではsweet pepper(スウィートペッパー)と言います。つまり本質的には違いは無いということですね。
パプリカはピーマンと比べてもさらに甘く、食べやすいように開発された品種です。
また、栄養素もとっても豊富。ビタミンなら、通常のピーマンの約2倍、カロテンは約7倍含まれます。パプリカなら普通のピーマンの持つ独特な苦みが少ないので子どもたちにもおすすめです。

いつもの料理をパプリカに変えればピーマン嫌いも解消できるかもしれませんね(^^)

しんぷるぅーなチャンプルー

平成27年5月26日(火曜日)

ごはん・牛乳・さんまの甘露煮・チャンプルー・すいとん

チャンプルーは野菜や豆腐などを炒めた沖縄料理です。チャンプルーとは沖縄の方言で「混ぜこぜにした。」というような意味です。元々はありあわせの野菜に安価で毎日手に入る豆腐、保存食である塩づけの豚肉などを加えた沖縄の家庭料理です。

ひじきの健康効果

平成27年5月25日(月曜日)

ささみのレモン煮・ひじきの炒り煮・いものこ汁・ごはん・牛乳

今日は、「ささみのレモン煮」が給食にでました。
これは鶏ささみに下味をつけ片栗粉をまぶして揚げたものを、秘伝のたれに漬け込んだものです(^_^)

ひじきの炒り煮には甘い黒豆が入り美味しかったですね。
ほかの海藻類同様に、水溶性食物繊維やミネラルを豊富に含むひじきですが、何といってもカルシウムの含有量が特筆もの!であることが栄養的に見たひじきの特徴。
一人当たり1回で食するひじき(15g)に含まれるカルシウムの量は、なんと牛乳1杯分に匹敵します。
カルシウムが効率よくはたらくためには、マグネシウムが必要とされていますが、ひじきにはカルシウムとマグネシウムがバランスよく含まれています。
鉄の含有量も海水類の中では1番で、貧血予防に役立ちます。
U-フコイダンやアルギン酸といった水溶性食物繊維も豊富に含まれ、コレステロール値や血圧、血糖値の低下のほか、がん予防や便秘の予防・改善に効果が期待できます。抗酸化作用が強いカロテンやビタミンB2なども含まれていて、動脈硬化の予防に役立ちます。

栄養価の高いひじき、好き嫌いせずモリモリ食べようね(^_^)

オクラとエビの語源

平成27年5月22日(金曜日)

あらびきウィンナー・えびとおくらのサラダ・春雨スープ・まめパン・牛乳

先週から運動会・体育祭が始まりましたね!今週も大畑小学校などでは運動会ですが、怪我をせずに頑張って下さい!
今日のオクラとえびのサラダはどうでしたか?
さっぱりしてて、ねばねばしていて美味しかったですねネバネバ系は、これから暑くなる季節、夏バテ防止にもいいですよ!
オクラ(英語: okra、 秋葵、 学名: Abelmoschus esculentus)は、アオイ科トロロアオイ属の植物、またはその食用果実である。英名 okra の語源は、ガーナで話されるトウィ語の nkrama からきています。その形状からLady's finger(婦人の指)とも呼ばれているそうです。
原産地はアフリカ北東部(エチオピアが有力)。原産地や熱帯では多年草で、何年も繰り返し果実をつけるが、日本では冬越しができないため一年草になるそうです。
和名を「アメリカネリ」と言い、ほかに陸蓮根(おかれんこん)の異名もあるそうで、沖縄県や鹿児島県、伊豆諸島など、この野菜が全国的に普及する昭和50年代以前から食べられていた地域では「ネリ」という日本語で呼ばれていたそうです。今日では当該地域以外では「オクラ」という英語名称以外では通じないことが多いみたいですね。
角オクラは10cm、丸オクラは15-20cmくらいに成長した段階の若い果実を食用とし、日本でも広く普及しているそうです。大きくなりすぎると繊維が発達して食感が悪くなり、食品価値を失うそうです。

そして、エビですが・・・和語の「えび」は、元々は葡萄、あるいはその色のことだったそうです。葡萄の色に似ていることから蝦・海老のことを「えび」と呼ぶようになったそうです。
現在でも「葡萄色」と書いて・・・「えびいろ」とも読むんですよ。漢字表記の「海老」や「蛯」の字は曲がった腰を老人に見立てたものであるそうです。
それから今日の献立の春雨スープもあっさりしていて美味しかったですね。
栄養バランス満点の給食パワーで、運動会頑張って下さい!!

お勧めっ、朝の味噌汁

平成27年5月21日(木曜日)

味噌金平・すきやき風煮・納豆・ぶどうゼリー・ごはん・牛乳

4月から新学期が始まり約2ヶ月たちましたが、学校生活はどうですか?この頃は暑かったり、寒かったりしているので体調くずしてませんせんか?
今日の給食の味噌きんぴらは、栄養満点の食品です。
「味噌は医者いらず」と言い伝えらています。ガンの予防、老化防止、整腸作用、美肌効果、コレステロールの抑制。こんなにある味噌の効用!知っていますか?
味噌は日本人の定番調味料であり、身近な健康食品です。
大豆と塩、麹を発酵させた味噌には健康の維持に必要な成分がたっぷり含まれています。もう一度「味噌パワー」を理解し積極的に食事に取り入れてもみませんか!一日の始まりは味噌汁を飲んで頑張りましょう(^_^)

食べろぐ?味噌カレー豆乳ラーメン

平成27年5月20日(水曜日)

味噌カレー豆乳ラーメン・ふれあいギョウザ・れんこんサラダ・牛乳

青森市に「みそカレー牛乳ラーメン」という有名なご当地ラーメンがあります。
今日はより健康的な給食の献立として牛乳の代わりに豆乳を入れた「みそカレー豆乳ラーメン」でした。
もやし、にんじん、ねぎ、メンマが入った和風だしのきいたカレー風味のみそラーメン・・・・おいしかったですね。
食べた時は少し不思議な感じがしました。野菜や和風だしがやさしい味噌味が食べているうちにスパイシーなカレー味が鼻を抜けるようなおいしさでしたね。豆乳でまろやかさがアップしたラーメンはとてもくせになりそうでした。
またの機会をお楽しみに・・・

魚と酢の相性

平成27年5月19日(火曜日)

さば黒酢あんかけ・肉じゃが・千切り汁・ごはん・牛乳

今日は朝から雨振りで肌寒いですね。このごろは、暖かさを通り越して暑くなったり、曇りや雨で寒くなったりで気温差もあると、体調を崩しやすいので気をつけましょうね(^^)

さて、今日の「さばの黒酢あんかけ」はさばの身もふっくらしていて甘酢のあんがよく絡んでおいしかったですね。
魚と酢はとても相性がいいです。
酢は素材のうま味を引き出し、サッパリとおいしく仕上げてくれます。クセや臭みを消してくれる効果もあり、雑菌を寄せ付けないパワーも期待できるため、お寿司はもちろん酢じめや和え物などの魚料理にもよく使われます。
上手にお酢を使うと塩分を強く感じるため、塩分が少ない料理もおいしく食べられます。
さらに、お酢に含まれるクエン酸には疲労回復効果もあるといわれます。疲れるとつい酸っぱいものに手が伸びるのも納得です!

黒酢は米酢とちがって甘みとコクがありまろやかな気がします。健康のためにもお酢も少しずつでも摂るようにしたいですね(^^)

青森県産 豚フィレ肉

平成27年5月18日(月曜日)

ごはん・牛乳・ソースかつ・もやしとハムの酢の物・かきたま味噌汁

今日のソースかつは、青森県産のヒレカツでした。
豚肉の部位によって「ヒレカツ」、「ロースカツ」と言うように名前が変わってきます。ひれ肉は一頭の豚から少ししかとれないためグラム単価で一番高い部類に入ります。ひれ肉は主に内臓をガードするためにあるので筋肉として動くことは滅多にないためやわらかく、脂肪もすくなく美味しいと言われています。
ところで・・・鶏肉のひれ肉はと聞かれたらどう答えますか?
答えは・・・「ささみ」です。

ベシャメルソース・・・作ってみて

平成27年5月15日(金曜日)

かぼちゃグラタン・しめじとアスパラソテー(ながいも) ・コンソメスープ・黒食パン・牛乳

今日のしめじとアスパラソテーには、「ながいも」が入っていました。ホクホク感があっておいしかったですね。
そして、かぼちゃのグラタンもつきましたね。
我が家ではグラタンを作る時は大量に作ります。^0^ まずはホワイトソースを大きな鍋で作ります。
鍋にマーガリンを50グラムくらい入れてとかし、同量位の小麦粉を入れ炒めます。そう,ベシャメルソースを作ります。
そこに牛乳を入れ強火のまま泡だて器でかき混ぜ続けます。・・・私は、木べらでまぜるのはどうも苦手なのでこうしています。
固まってきたら牛乳を入れて・・・またかきまぜて、自分の好みの固さまで牛乳をいれます。
そして、生クリームを入れ塩こしょうで味付けして完成です。

具材は鶏肉、えび、マッシュルーム、たまねぎなどをスライスし、あらかじめ塩こしょうで炒めておきボイルしておいたマカロニとあわせホワイトソースをからめておきます。
それをグラタン皿に盛り付け上にホワイトソースをたっぷりかけてパン粉、とろけるチーズ、粉末パセリなどを散らしてオーブンで焼きます。焼き立ては美味しいですよ。
ぜひお試しあれ(^○^)

ニンニクと生姜は隠し味でも効果あるよ

平成27年5月14日(木曜日)

チキンカレー・春雨サラダ・ごはん・牛乳

昨日の朝の地震・・・ちょっと怖かったですね!! 台風も無事、過ぎて良かったですね。
今日はみんなが好きなカレーでしたね。今日のカレーにはにんにくと生姜がたっぷり入ってたんですよ\(^o^)/
生姜は、冷え性を改善する働きがあるので、女性にも人気ですよね。
また、生の生姜ではなく、熱を加えることによって血流を良くする効果があるようです。生姜の入った料理を食べたり飲んだりすると、 身体の中からポカポカと温かくなるのがわかりますよね。
にんにくは滋養強壮に効きます。ですから、お疲れの時はだれにでも愛されるカレーの隠し味としてにんにくと生姜を入れて、お腹いっぱい召し上がってください。
隠し味として入れることで、効果的なにんにくと生姜の恩恵を受けられるので、まさに健康カレーになりますよ!
そして、付け合わせの春雨サラダは中華ごまドレッシングでさっぱりしてましたね!

3大うどんを比べてみよう

平成27年5月13日(水曜日)

天ぷらうどん・小松菜のアーモンド和え・あおもりぷりん・牛乳

昨日の雨で大畑桜ロードの新緑が一段ときれいです。ぜひ、お天気の良い日に散策してみませんか!
今日の給食はうどんでした。実は・・・「うどん」と言っても奥が深いものです。
小麦粉と塩と水がメインで作られる麺ですが、各地域によって様々な作り方があり、形、味などが違います。
普通は小麦粉を水で練り、伸ばし、包丁切りしたものがうどんです。うどんは1241年に中国から伝わったと言われています。小麦粉を練ったお菓子の様なものだったそうです。ただ地方により伝わり方が異なり、地方独特のうどんがうまれ、細い麺、太い麺、煮込む食べ方や、ざるで食べる方法などいろいろあります。
日本の3大うどんと言えば、滑らかな秋田の稲庭うどん、こしのある香川の讃岐うどん、麺自体の独特な風味がある長崎の五島うどんなのだそうです。それぞれ、特徴がありますので機会があれば食べ比べしてみて下さい(^○^)

アサリの具沢山味噌汁

平成27年5月12日(火曜日)

ごはん・さけ塩焼き・さつまいもの煮物・あさりのみそ汁・牛乳

今日はあさりのみそ汁でした。
あさりはビタミンB12の含有量は貝類の中で№1です。その他、旨み成分であるタウリンが豊富で、肝機能の促進、アルコール障害の改善、血液をサラサラにするなどの効果があります。
水から徐々に温めて、旨味を十分に出して煮汁を一緒に摂るみそ汁やスープ、炊き込みご飯などがおすすめです。
選ぶ時のポイントとしては、貝殻つきの場合は模様がハッキリしていて黒っぽいものを選びましょう。
また、口を堅く閉じているものや水管を出しているものが新鮮です。むき身の場合は、身に弾力があり、粘りが少ないものを選びましょう。
あさりがおいしい季節です。ご家庭でもあさりの旨みを味わってみてはいかがでしょうか?
あさりのみそ汁にじゃがいもを入れるとあさりの旨みがじゃがいもにしみて美味しいですよ。

健康食のキムチ

平成27年5月11日(月曜日)

みそだれ肉団子・豚キムチ・わかめの味噌汁・ごはん・牛乳

今日の豚キムチは、キムチのおいしさが出ていてとてもおいしかったですね。キムチの辛さが効いていて、低学年のみなさんはちょっと辛かったかな?

キムチは、白菜などの野菜と、塩、唐辛子、魚介塩辛、ニンニクなどを主に使用した漬物です。低温で熟成させた発酵食品です。日常の食生活で思うように栄養素が摂れなかった昔、冬場はキムチがカルシウム、カリウム、ナトリウム、マグネシウムなど各種ミネラルの供給源となり、体にとって必要な栄養分の補給源だったと考えられています。

キムチ発酵の主役は乳酸菌です。キムチに特に多く含まれるというラクトバジルスは代表的な善玉菌で整腸作用があり、腸をきれいにしてくれます。焼肉などは悪玉菌のえさになるので、一緒にキムチを食べることはまさに理にかなっています。
また、加熱せずに作るため、主材料の白菜や大根、きゅうりといった淡色野菜に含まれるビタミンCを壊さずに摂ることができます。また新鮮な野菜の液汁が発酵する過程でビタミンB1、B2、B12、ニコチン酸なども作られることがわかっています。

薬味である粉とうがらしに含まれるカプサイシンという成分には、体の抵抗力を高め、風邪などから体を守る効果が期待できます。また代謝を高め、内臓脂肪を燃やしたり、血流をよくして体温を高める効果もあります。
キムチは栄養価が高く、とてもすぐれた食材です。積極的にとりたいですね。

辛いのが苦手な方は…(^^)こちらはいかがでしょう♪
キムチの辛さを和らげるには、チーズと組み合わせるといいです。
縦半分に切ったちくわにキムチと、とろけるチーズをのせて、トースターでかるく焼くと「ちくわのキムチーズ焼」の完成です!とろーりチーズでキムチの辛みも不思議と和らぎますよ。

マッシュルーム

平成27年5月8日(金曜日)

コッペパン・牛乳・いちごジャム・ポークチャップ・大根サラダ・きのこスープ

今日のきのこスープには、マッシュルームが入っていました。
マッシュルームは、ビタミンB、D、ミネラル、カリュウム等が豊富に含まれていて、低カロリーでダイエット効果も期待できる食材です。保存方法としては、無洗のまま冷蔵庫に入れ、2~5℃位の温度がベストです。新鮮なマッシュルームの選び方は傘が開いていないもの、触ったときしっかりしているものがよいです。
キノコはフランス語でシャンピニオンといいます。中でもマッシュルームのことを「シャンピニオン・ドゥ・パリ」と呼び、その名の通り「パリのキノコ」として有名です。
新鮮なものは生のままスライスしてサラダにして食べたりもしますよ。

5月5日は厄除けと健康祈願

平成27年5月7日(木曜日)

いわし胡麻味噌焼き・厚揚げの旨煮・白菜の味噌汁・こどもの日ぜりー(甘夏)・ごはん・牛乳

今日は子供の日のゼリーが給食にでました。
5月5日は子供の日です。男の子の厄除けと健康を祈る日です。よろいかぶとは事故や病気から守ってくれるようねがいを込めてかざります。
鯉のぼりは鯉のようにたくましく、やがて成功することをねがってあげられます。また、厄除けと健康のためにしょうぶ湯に入ったりしょうぶ枕で寝たりします。
柏餅は家系がたえない、縁起物として食べられます。
しょうぶの葉には悪いことをおいはらう力があると言われています。
関東の方では、しょうぶ湯は5月に入るのでしょうが、ここ、大畑は1か月遅れの6月4日に入ります。
今年もしょうぶとよもぎを入れてお風呂にはいりましょうね(^○^)


 

オバマさん?の嫌いなブロッコリー

平成27年5月1日(金曜日)

照り焼きチキン・茹で野菜・コーンスープ・黒コッペパン・牛乳

皆さん、こんにちは。 いよいよゴールデンウィークが始まりましたね。
昨日からむつ市、早掛公園ではさくら祭りが始まりました・・・すっかり葉っぱに変わってしまい、残念です
そんな中、チューリップはキレイに咲いてましたよ!

今日の茹で野菜に入ってた「カリフラワー」と「ブロッコリー」の違いですが、皆さんはご存知でしたか?
カリフラワーもブロッコリーも、どちらもキャベツの仲間なのです。
カリフラワーの方は元々あった野菜で、それを改良したのがブロッコリーです。
今ではブロッコリーの方が人気があるようで、カリフラワーの5倍ほどブロッコリーが流通しています。
どちらも野菜の中では、〝ビタミンC″を多く含んだ野菜なのです。
ブロッコリーのビタミンCは水に溶けやすいので茹で時間を工夫してサッと茹でるのがおすすめです。
総合的な栄養価はブロッコリーの方がカリフラワーの50倍近くのβカロテンを含んでいます。
今日は、青紫蘇ドレッシングでスゴイさっぱりした感じで美味しかったでしょ。

そしてコーンスープでした。コーンポタージュもありますが何が違うんでしょうか?
ポタージュは、スープの総称でいろんなスープのことをポタージュと言います。裏ごしたり、鍋でじっくり煮込んだりした液状の料理のことで、どちらかと言えばドロッとしたような液体に使われます。
スープは、コンソメのように澄んだり、さっとした液状のときに使われたりしますが・・・ルーでとろみをつけるときもあります。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR