旬で違うキャベツの味

平成28年11月30日(水曜日)

塩ラーメン・レバー入りチキンちぎり揚げ・野菜いため・牛乳

野菜いための中にキャベツが入っていました。
キャベツは一年中出回っていますが栽培法によって大きく3つに分けられています。
春巻きキャベツは春に種をまいて夏から初秋に収穫するもので、夏キャベツはやや緑のこいキャベツで葉はやや薄くてかたいのが特徴です。
寒キャベツは冬キャベツともいわれ夏にまいて晩秋から冬に収穫するもので甘味があり軟らかいのが特徴で、新キャベツは秋にまき翌春に収穫するタイプのもので軟らかく甘味があります。
スポンサーサイト

ネギ

平成28年11月29日(火曜日)

わかめごはん・チキンカツ(パックソース)・白菜のおかか和え・豚汁・牛乳

今日は朝から雪がちらちら降って寒いですね。
給食は豚汁で体も暖まり美味しかったですね。
汁物、鍋物、炒め物など料理のオールマイティー野菜のねぎはこれから美味しくなりますね。
ねぎは血行を良くし、風邪の予防、胃がんを抑制するなどの効果があります。さらにビタミンCやカロテンも含まれ、どちらも粘膜を強くして免疫を高め風邪に負けない体を作る作用があります。
そして、ゆっくり炒めると(加熱すると)グルタミン酸などが増えるともいわれています。栄養も逃がさないようにしましょうね。

じゃこ

平成28年11月28日(月曜日)

肉豆腐・きゃべつとわかめの辛子醤油和え・小松菜の味噌汁・ごはん・牛乳

11月もいよいよ最終週になりました。早いですね~。
明々後日から・・・もう12月です。一年が過ぎるのもあっという間な気がします(^^;)

さて、今日の献立はいかがでしたか?肉豆腐も辛子和えもごはんに合っておいしかったですね。
辛子和えには、きゃべつとわかめの他に、人参、ちりめんじゃこが入って、辛子醤油と三温糖とごま油で味付けをして、最後に白ごまをサッと混ぜました。
できあがってすぐの時は辛子の風味が効いていたのですが、食べる頃にはなくなってましたね(^^;)

ちりめんじゃこは鰯(イワシ)の稚魚を使った食材です。
鰯は主に片口鰯(カタクチイワシ)を使用しますが、季節により真鰯(マイワシ)や潤目鰯(ウルメイワシ)なども使用されます。
似たようなもので、しらすもありますが、呼び名の違いは乾燥度の違いから、「しらす(しらす干し)」や「ちりめんじゃこ」と呼び分けられています。一般的には、 「釜茹でしたのみ」のものを「しらす(釜揚げしらす)」、 「釜茹で後に少し干したもの」を「しらす干し」、「じっくり干して乾燥させたもの」を「ちりめんじゃこ」と呼びます。
簡単にまとめると、「しらす」→「しらす干し」→「ちりめんじゃこ」の順に乾燥度が高くなります。

高知では「しらす(しらす干し)」も「ちりめんじゃこ」も全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 乾燥度に限らず、乾燥度が軟らかめの品も硬めの品も全て「ちりめんじゃこ」と総称して呼びます。
※「ちりめんじゃこ」の他、「ちりめん」、「おじゃこ」、「じゃこ」などの表現も使われます。

「高知では」と付けたのには理由があり、「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の呼び方は地方によって違うようです。
地方によって「しらす」と「ちりめんじゃこ」の使い分けは様々ですが、主に東日本で使われることの多い表現のようです。
乾燥度の低いものを「しらす」、高いものを「ちりめんじゃこ」、大きさも組み合わさって呼び名が変わる地方もあるようで、さらに「いりこ」まで加わる地方もあるようです。
高知では全く区別せず、全て「ちりめんじゃこ」と統一して呼ぶので、関東などで言う「釜揚げしらす」も高知で言うと「釜揚げちりめん」となるようです。 同じように、「しらす干し」も高知で言うと「ちりめんじゃこ」「おじゃこ」という表現になるようです。
地域によって呼び方が変わるのはおもしろいですね。

ちなみに「小女子(こうなご)」というちりめんじゃこと同じような、小さくて形も似ている魚もスーパーでよく見かけますね。
小女子はちりめんじゃことはまた違う魚です。ご存知でしたか?
小女子はイカナゴという別の種類の魚で、銀色に光っている、頭がとがっているという特徴がありますよ(^^)

一汁三菜

平成28年11月25日(金曜日)

嶽きみ入りオムレツ・わかめ入り春雨サラダ・クラムチャウダー・黒食パン・牛乳

昨日東京都心で11月下旬に初雪を観測したのは、1962(昭和37)年11月22日以来54年ぶりのこととだそうです。いつもの年より早い初雪となりました。また、東京都心で積雪を観測したのは、11月としては記録の残る1960~61(昭和35~36)年以降では初めてのことだそうです。各地で転倒事故、交通事故などたくさんの被害があったようです。寒かった一日でした。今日の朝も寒かったです。

昨日11月24日は「、いい、にほん、しょく」のごろあわせから和食の日です。
毎日みなさんは、何を食べていますか?ラーメン、ハンバーク、焼肉、パスタ、から揚げ・・・・
どれも児童、生徒のみなさんが大好きなメニューですね。

「和食」の特徴として、献立のかたちがあげられます。「ご飯」と「汁」と「香の物」に、いくつかの「菜」が添えられる「一汁三菜」が和食の基本型です。昔から実践されてきた和食の組み合わせは、現在、健康な食生活のために進めている「日本型食生活」
世界各国で注目されている和食は、一汁三菜(ご飯に汁もの、おかず3種)の食事が基本。さまざまな食材をいろいろな調理法や味つけでいただくので、栄養がバランスよくとれるところが見直されています。副菜に野菜や豆、いも、きのこ、海草などを上手に組み合わせて、不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維などがきちんととれるようにしたいですね。だしの「うま味」や、発酵調味料である味噌を活用した一汁三菜の日本型食事スタイルは理想的な栄養バランスがとれ、日本が世界に誇る和食文化です。
家庭でも日本方食事「一汁三菜」の献立に見直してみてはいかがでしょうか(^◇^)

がんに効く?

平成28年11月24日(木曜日)

甘口カレー・茹で野菜・ノンエッグマヨネーズ・牛乳

今日の茹で野菜の中にブロッコリーが入っていました。
ブロッコリーには、がん細胞の増殖を抑えるイオウ化合物のスルフォラファンが含まれていて、がん発生を抑制する成分を含みます。現在のがんの発生はストレスが原因となることが多いと言われています。また、胃潰瘍の予防にブロッコリーは適切な野菜といえます。体内の活性酸素の消去はビタミンが大きく関与しているので適切な野菜といえます。

大豆のイソフラボン

平成28年11月22日(火曜日)

ごはん・餃子(2個)・チャプチェ・わかめと豆腐のスープ・牛乳

家庭でもよく食材として使用されている豆腐は、大豆をつぶし、水を加えて煮て抽出した、たんぱく質をにがりでまるごと凝固させたものだからたんぱく質もミネラルも豊富な食品です。大豆には、イソフラボンという体内ではホルモン物質」として作用するものが含まれています。それは、豆腐をつくる過程で豆腐にも移行します。

イソフラボンは、カルシウム代謝を促進する物質として知られていますが、記憶力、集中力の強化にも役立ちます。
これからは鍋物、スープなどにして心も身体も温まりましょう。
明日から気温が下がり寒くなりそうです。体調管理に気をつけましょう。

栄養の宝庫

平成28年11月21日(月曜日)

納豆・厚揚げの旨煮・つみれ汁・ごはん・アップルクーヘン・牛乳

今日は「納豆」がでました。
みんな納豆は好きなようでいつも残さずに食べてきてくれます。ありがとうございます(^^)
いまや納豆は、スーパーやコンビニエンスストア、ドラッグストアでさえも、いつでも購入できる大豆加工食品です。
特有の臭いやネバネバが苦手な人もいますが、食べるとさまざまな健康効果を得られます…って、すでに周知の事実だとは思われますが…(笑)。

納豆は、煮た大豆を納豆菌で発酵させて作る食品です。本来の大豆に含まれている栄養素に加え、発酵させることによりさらに別の栄養素が加わっています。
①大豆イソフラボン
女性の味方とも言えるこの栄養素は、女性ホルモンであるエストロゲンと似た性質を持っており、摂取すると不足した女性ホルモンを補ってくれます。
肌の新陳代謝を促進し、肌をキレイな状態にしてくれたり、髪や爪にツヤやハリを与えてくれます。
コレステロールの増加を防ぎ、動脈硬化を予防します。特に女性は、乳房や性器の発育を助け、女性らしい身体にしてくれたり、子宮内の膜を厚くし、受精卵が育つような環境に整えてくれます。
男性にとっても、コレステロールを気にしている人や髪の毛を気にしている人など、それを補給してくれる大切な要素が含まれているので、摂取することに越したことはありません。積極的に摂りましょう!
ちなみに納豆1パック(約50g)には、大豆イソフラボンが65mg含まれています。日本人の1日の平均摂取量は18mgと言われているので、朝に食べるだけでもそれを3倍上回る量を摂ることができます。

②ミネラル
ミネラルは、地球に存在する四元素(水素、炭素、窒素、酸素)を除いた要素の総称です。
現在では塩素、硫黄、コバルトを除く13種類の元素がその一部として言われています。納豆は、そんなミネラルが豊富に含まれています。
カルシウムが含まれているので、骨を丈夫にしてくれます。(パックの納豆に含まれているカルシウムの量は、プレーンヨーグルト1パックの約1/2分です!)
鉄が含まれているので、血液の量を増やし、貧血の対策にもってこいです。(1パックの納豆に含まれている鉄の量は、牛レバーの約40g分です)。
いずれも口からの摂取しか取り入れることができません。納豆は、そんなミネラルを豊富に含む貴重な食材です。

③食物繊維
食物繊維は不溶性と水溶性の2種類があります。前者は、胃の調子を整え、便秘や宿便を予防することができ、後者は、体内での食べたものの移動速度と、小腸での糖分の消化速度を遅める働きがあります。納豆には、その両方が非常に多く含まれている大変貴重な食品なのです。
糖分の吸収速度を遅めることにより、血糖値の上昇を抑え、生活習慣病を予防する効果もあります。
ちなみに1パックの納豆に含まれる食物繊維の量は、にんじん1本分に相当します。

④ナットウキナーゼ
納豆菌がつくり出す酵素で、血液に含まれるたんぱく質の一種「フィブリン」を効率的に分解してくれるものです。このフィブリンを分解することにより、血液をサラサラにし、血栓を予防してくれます。

⑤ビタミンB2
多くの種類をもつビタミンの中でも、納豆には”B2”が特に多く含まれています。これは、摂取したたんぱく質や炭水化物を体内で代謝できるようなエネルギー源に替えてくれる作用があります。
よって、スポーツをする人や筋トレで体力を消費しやすい人にとって欠かせない栄養素です。1パックに含まれる納豆のビタミンB2の量は、ししゃも5尾分に相当し、非常に効率よく摂ることができます。

⑥ムチン
ネバネバ成分を指し、おくらや山芋にも同様の栄養素が含まれています。これは糖たんぱく質の一種で、おもに粘膜を保護する作用があります。胃の免疫を高めて胃腸炎になることを防いだり、鼻の粘膜を保護し風邪を引きにくくしたりなど、不規則な生活を送り、かつ薬に頼りがちな現代人にとって大変役に立つ栄養素なのです。
また水溶性食物繊維にもなるため、お通じが良くなり胃の調子を整えてくれる役目もあります。

様々な栄養素が含まれており、納豆は「栄養の宝庫」と言っても過言ではない食品なのです!
ぜひ1日1パック目指して、積極的に食べましょう(^^)

ナン と チャパティ

平成28年11月18日(金曜日)

ドライカレー・コーンサラダ・ジャーマンスープ・ナン・牛乳

11月もあと10日あまりになり、今年ももう少しだなーと感じるようになりました。年賀状、お歳暮とお店に見かけるようになりましたね。

今日の給食はドライカレー・ナン・コーンサラダ・ジャーマンスープでした。どれも大変美味しかったです。
「ナン」、「なんだこれ」・・・
あまり家では、食べる機会がないですね。ナンはインド、中近東で食べられている平たい楕円形またはわらじ形のパンのような物です。スーパーなどでも見かけます。インド人の主食はナンと思っていましたが。実は違うみたいです。
もともとは北インドのパンジャーブ地方で食べられていた宮廷料理です。主食では、ないそうです。家庭で日常的に食べられているものではないみたいです。
その主な理由としては、「ナンを焼くための、大きなタンドール窯を持つ家庭が少ないから」「精製した小麦粉が贅沢品であるから」の2つがあるといわれています。
インド人が日常的に食べているのは何かというと、全粒粉で作られるチャパテイです。
“チャパティ”はインドの薄焼きパンで、全粒粉と水を捏ねて薄く伸ばして焼くだけで作ることができます。小麦粉で作られるナンは高級品。チャパティは、一般家庭で食べられる主食なのです。また、タンドールで焼かれるナンと違って、チャパティはフライパンで焼けるので、誰でも手軽に焼くことができます。全粒粉を塩や水を加えて捏ねた生地を、フライパン等で焼いたものです。クレープのように薄く、食感も硬いそうです。私は、食べたことがありません。

今日の給食「ナン」は、インドの宮廷料理でした(笑)

カットリンゴ

平成28年11月17日(木曜日)

ごはん・牛乳・ホタテメンチ・切干大根炒り煮・もずくと厚揚げのみそ汁・カットりんご

今日は、ふるさと産品給食の日でした。
青森県はりんご、にんにく、ごぼうと日本一の生産量となっています。
りんごはかんだ時の食感、甘味と酸味のバランスが評価されますが、栄養素としては、食物繊維の働きが期待できる果物です。カリウムが多いので漬物などで食塩を摂り過ぎたとき食塩を体外に出すのに効果が期待できます。
リンゴで健康になりませんか?

うどん

平成28年11月16日(水曜日)



玉子うどん・味噌金平・レモンヨーグルト・牛乳

今日は寒かったですね。温かいうどんで暖まりましたか?
うどんは、夏は冷やして、これからの季節は温かくして、一年中食べられていますね。
うどんは、小麦粉に食塩水を混合して練って線状にしたものです。太さによりうどん、きしめん、そうめんなどと分類されています。
各地名産のうどんをあげてみると・・・四国の「讃岐うどん」、秋田の「稲庭うどん」、群馬の「水沢うどん」、富山の「氷見うどん」、長崎の「うどん(チャンポン)」などがあります。されぞれのコシの強さ、麺の太さに特徴があります。

うどんは「かけうどん」のように単にうどんとつゆだけで食べるのもさっぱりして日本人むきの食べ方ですが、卵、天ぷら、ねぎなどのいろいろな具と一緒においしく食べることができるもので、栄養のバランスのとりやすい食品です。
これからは鍋のしめにうどんを入れて食べるのも良いですね。

柿のこと、くわしく

平成28年11月15日(火曜日)

豚生姜焼き・ほうれん草の胡麻和え・あさりのみそ汁・ごはん・牛乳

秋も果物が豊富な時期ですね(^^)♪
ぶどう、キウイ、栗、柿、りんご…果物好きとしては、スーパーに行くと色とりどりの果物に目を奪われます(笑)。
今年は柿が豊作なんでしょうか…?柿が比較的安く売られているような気がします。特に柿が好きな私としては、嬉しい限りです(^^)

柿は、「柿が赤くなると医者が青くなる」といわれるほど、 健康食材です。免疫力を高め、のどなどの粘膜を強化してくれるそうです。また、甘柿一個で一日分のビタミンCがとれます。

柿はいろいろな種類がありますが、 大きく分けると、そのまま食べることができる甘柿と そのままでは渋すぎて食べられない渋柿に分けることができます。甘柿は渋柿の突然変異種と考えられており、日本特産の品種だそうです。しかし、渋柿に比べると、歴史が浅く、品種も少ないです。
甘柿は、熟せば常に甘みを持つ完全甘柿と、種の有無・多少により成熟時に渋が残ることがある不完全甘柿に分類できます。

見分け方としては、甘い柿の場合には見た目にボリュームがあり、四角い形をしているものが多くなっています。タンニンが溶け出していないため、皮や実の部分に黒いゴマのような点があるのが甘い柿です。渋柿は反対に先の尖っているような形をしていることが多いそうです。
しかし、品種によっても違うので、必ずしも渋柿が尖っているというわけではないそうです。

では、そのままで食べることができない渋柿をおいしく食べるにはどうしたらよいのでしょうか?
渋柿の食べかたで代表的なのが干し柿ですよね。軒先に皮をむいた柿がずらっと干してある光景を見たことある人も多いと思います。これは、渋柿の渋を干すことで抜いているのです。でも、渋柿は干さなくても、食べることができます。
実は、渋柿も、柿の表面がシワになり、ゼリー状くらいにまるまで完熟させると、 自然と渋みが抜けておいしく食べることができます。これは、常温で放置させるだけなのでとっても簡単です。

干し柿にしたり、完熟柿にする以外に、柿を甘くする方法はいくつかあります。よく使われるものとしては焼酎(アルコール)を使ったり、湯抜きをする、という方法です。

なぜ渋くて食べられないような柿が甘くなるのかというと、柿の渋みの原因は『タンニン』という成分です。
渋柿はこのタンニンが水に溶ける水溶性で、 口の中でタンニンが溶け出し、渋みを感じることになります。ちなみに、甘柿もタンニンを含んでいますが、 水に溶けない不溶性なため、渋みを感じることはありません。
渋柿の水溶性のタンニンを不溶性に変えれば、渋柿もおいしく食べることができるというわけです。
よく渋抜きといわれますが、渋い成分が外に出て行くのではなく、 渋みを感じさせなくする方法なのです。アセトアルデヒドは、アルコールを使えば発生させることができます。焼酎を使うのは、このためです。湯抜きは昔ながらの方法で、 40度くらいの温度のお湯につけておくとアセトアルデヒドができやすい環境になるといわれています。しかし湯抜きは、お湯の温度によっては渋が抜けなかったり、果実の色が悪くなったりする可能性があります。

旬の柿…免疫力を高める柿、風邪を引きやすい冬を乗り越えるために是非おいしい柿を味わってください!

稲穂とごはん

平成28年11月14日(月曜日)

さば味噌煮・さつまいもの煮物・キャベツの味噌汁・ごはん・牛乳

週末は、すっきりしない天気でしたね。みなさんは、どのようにお過ごしでしたか?ゆっくりできたでしょうか?
今日の給食、さばの味噌煮・さつまいもの煮物・味噌汁・ごはんと和食の献立でした。

普段なにげなく食べているごはん、茶わん一杯にどのくらいの米粒があると思いますか?
品種や炊き方によって違うけど茶わん1杯150gとして、米は65gぐらいです。米の数は変わらないけど、米は炊くと重さが2.3倍ぐらいになります。茶わん1杯分の米粒65gで3250粒ぐらいだそうです。ビックリしますね。

田んぼの中のどれくらいのイネで茶わん1杯分になるか想像できますか?
イネ1株には22本ぐらいの穂がついています。一つの穂についているモミは70粒ぐらいです。だから、茶わん1杯は、約2株になります。また、またビックリです!!

一年かけて農家のみなさんが育ててくれた米・・・
一粒、一粒残さず食べていますか?残念ですが給食では、食べ残しで汁物の食缶の中にごはんがはいってきています。
自分が食べきれる量を茶わんにもり、残さないで食べてほしです。
農家の人たちが一番うれしく思う時って、やっぱり自分がいっしょうけんめいに育てた農産物を食べてくれた人が大切に食べて、「おいしかったよ」「また食べたいね」なんて言ってくれたりしたときだと思います。児童、生徒のみなさん、ごはんの米粒をちょっと気にして食べてみてくれればよいですね!

おまけ・・・今夜はスーパームーンです。今年は数十年において最も大きくみえるそうです。夕食のあと家族みんなで月の観察してはいかがでしょか。

今日はパンの日

平成28年11月11日(金曜日)

切れ目入りバンズパン・ハンバーグたれ付き・マカポテサラダ・白菜とベーコンのスープ・牛乳

今日はパンの日でした。
パンの歴史は古く、発酵した生地を焼くパンは古代エジプトで生まれ、ギリシア人によってヨーロッパなどに広められました。
日本には戦国時代に伝えられましたが、本格的に普及するのは明治に入ってからです。
現在の学校給食用パンは、戦後アメリカから支給された小麦粉、脱脂粉乳をもとに作られたコッペパンが始まりで今日まで続いています。

毎日、牛乳飲んでる?

平成28年11月10日(木曜日)

ごはん・厚焼き卵・けんちん汁・はいがふりかけ・牛乳

今日の朝は昨日からの雪と低い気温で道路がツルツルでしたね。運転、歩行には注意しましょう。

毎日の給食には牛乳があります。
パンでもご飯でも、必ず飲んでいることでしょう。日本人の栄養素摂取の中でもっとも不安しがちなカルシウムを、学校給食では牛乳から補給しています。ちなみに、一週間の間でカルシウムの摂取不足になる日は、給食のない土曜と日曜日といわれています。
牛乳一本(200ml)には200mgのカルシウムが含まれていますが、リンとのバランスからみて、体内での利用効率がよいといわれています。一日に必要なカルシウム摂取量の60%は牛乳からとることができます。
牛乳に含まれている乳糖によるアレルギーやたんぱく質によるアレルギーの発症しやすい人は牛乳の利用に注意しましょう。

スパゲッティを上手に食べよう

平成28年11月9日(水曜日)

ミートソーススパゲティ・りんごサラダ・牛乳

とうとうむつにも雪が降りましたね~!!
これからどんどん寒くなっていくことでしょう…雪も今年はどうかな?たくさん降るかな…??⛄
今日は給食人気メニューのひとつ、「ミートソーススパゲティ」でしたね。
きれいに残さず食べてくれて、ありがとうございました(^^)

さて、スパゲティを食べるときに、箸で食べるときもあるでしょうか、フォークなどで食べることが多いかと思います。
給食では、フォークがでないので、必然的に箸で食べることになりますが…(笑)。
私は、毎回ミートソースを服に飛ばさないようにきれいに食べようとするのですが、どうしてもほんのちょっと跳ねてしまします(笑)。みなさんはどうですか?上手に食べられますか?(^^)
特にミートソースは、フォークで食べるよりも、箸で食べるのが難しいような気がします…。

ちなみにフォークでスパゲティを食べるときは、食べる量をフォークで持ち上げた後、そのままお皿の端へ持っていき、そこで反時計回りにクルクル~っと巻いて食べます。
時計回りより反時計まわりの方が、服への飛び散りが少ないような気がします(^^)
スパゲティをレストランなどで食べるとき、スプーンもついていたりしますよね。その場合はスプーンも使って、スプーンの上でスパゲティをフォークでクルクル巻いて食べたりします。残ったソースや具もスプーンですくって食べたりします。
でも本場イタリアでは、スプーンは使わないそうです。一口で巻ききって食べれる量をお皿の隅で巻いて食べます。すすらないし、巻ききれなかった分や口に入りきらなかった分を噛みきることもしないです。よって、麺の切れ端が残らないので、最後まできれいにたべることができます。

なかなか給食では、フォークが出ないので、スパゲティを食べるとき、きれいに飛び散らないように食べるのは難しいかもしれません(^^;)
でも、ソースと麺をよく絡ませて、食べられる量を箸で持ち上げて、勢いよくすすらないように食べると、そんなに飛び散らずにきれいに食べられるような気がし・・・「気」、だけですけども (笑)。

食べる、噛む健康

平成28年11月8(火曜日)

鶏照り焼き丼・ピーチゼリー・千切り汁・牛乳

昨日は、「立冬」。暦のうえでは冬の始まりです。日曜日に下北地方にも雪がチラチラと風にのって降ってきました。ここ数日寒いですね。明日から、気温が下がるようです。冬の準備は万全ですか?

今日11月8日は、語呂合わせで「いい歯の日」です。
1993(平成5)年に、日本歯科医師会によって制定されました。   
食事をするとき、よくかむことを心がけていますか? 私たちは、食べ物をかんで細かくして体に取り入れています。よくかむことで食べ物の消化・吸収がよくなるのはもちろんですが、他にも「かむこと」には体によい効果がたくさんあります。
健康な歯で、いつまでもおいしく楽しく食事ができるように、かむことは大変重要なことです。
・ 消化を助け、栄養を吸収しやすくする。
・ 脳を刺激して頭が活性化する。
・ あごの筋肉が発達し歯並びがよくなる。
・ 食べ物の味がよくわかりよりいっそうおいしく感じることができる。
・ 唾液がたくさんでて虫歯を予防する。
・ 食べ過ぎをふせいで、肥満予防になる。
よくかんで食べるとこんなにも効果があります。そのためには歯を大切にしましょう!!

給食センターでは、大根、人参、じゃがいもなどの野菜を大きくカットして調理しています。素材を大きくカットすると自然とかむ回数がふえます。毎日の給食でよくかむことを心がけましょう!!
体の健康を保ち、楽しい食事をするためには”歯と口の健康”はとても大切です。

日本の大豆

平成28年11月7日(月曜日)

ごはん・牛乳・さんま炭火焼き・炒り豆腐・大根のみそ汁

大豆の加工食品の豆腐、豆乳、みそ、しょうゆ、納豆、湯葉などは伝統食品として、また、たんぱく質の供給源として重要な存在です。原料が大豆なのでこれらの加工品のたんぱく質のアミノ酸はやや理想的なバランスとなります。
豆腐や豆乳は鎌倉時代に中国から伝わったといわれています。江戸時代の中期には桶を天秤にかけて肩にかついだ豆腐売りの商人がいました。湯葉の加工品の巻き湯葉や糸巻き湯葉も江戸時代に出回っていたそうです。

給食当番さんは特に手洗いをしっかりね

平成28年11月4日(金曜日)

食パン(ブルーベリージャム)・若鶏のピカタ・アスパラとしめじのソテー・コンソメスープ・牛乳

だいぶ寒くなりましたね。風邪予防には手洗いが一番です。

人の手は、いろいろなものを触ったり、つかんだりしているので、目に見えないたくさんの細菌やウイルスが付着しています。
その中には食中毒などを引き起こすものもあって、手で触った食べ物などから体の中に入り込み、病気を引き起こすことがあります。手洗は手についた細菌やウイルスを洗い落とす効果があり病気予防に有効な手段といわれています。
給食当番は、クラス全員の給食を扱うので特に清潔にすることが求められます。
自分一人の問題ではなく、みんなのためにも給食当番は、きれいな白衣を身につけ作業を行う前にしっかり手を洗いましょう。

らーめんの呼び方は?

平成28年11月2日(水曜日)

醤油ラーメン・海鮮野菜あんかけ・味付きゆでたまご・牛乳

11月に入り、一気に寒さが身に染みるようになりましたね。寒いときは温かいラーメンがおいしいですね。
お店や商品によって「ラーメン」と書いていたり「中華そば」と書いていたりしますよね。
この違い、何か意味があるのかな…?結論から言うと…どちらも同じです(笑)
なぜ、2つの言葉が存在するのか?
明治初期の頃は「南京そば」と呼ばれていました。その後、明治中期頃は「支那(しな)そばや」や「柳麺(ラオミン-広東語)」「老麺(ロウメン)」などと呼ばれるようになり、戦後「支那」という言葉から、「中華」→「中華そば」へと変化していったそうです。
「南京」「支那」「中華」というのはすべて中国を意味します。

一方、「ラーメン」の語源は諸説あるようですが、一説では函館です。
函館に「ラーメン」が伝わった当初は函館では「支那そば」を名乗っていましたが、函館の人々はこれを「チャンコロそば」と呼びました。「チャンコロ」は当時の中国人に対する侮辱用語なので「竹屋食堂」という店の店主が、働いている中国人の料理人が厨房からの「好了(ハオラー =できたよ)」と叫ぶ声から、「ラー」が耳に残り、「ラーメン」と思いつき、中国語で麺の作り方を意味する漢字「拉麺」を料理名にしました。
ところが依然として客は「チャンコロそば」と言っていました。そこで「拉麺」をカタカナで「ラーメン」とすると、やっと馴染んだそうです。
さらに「ラーメン」という呼び方を全国に広めたのは、世界初のインスタント麺「チキンラーメン」や「サッポロラーメン」などだそうです。
ということで、昔ながらの呼び方が「中華そば」で、その次世代の呼び方が「ラーメン」といったかんじのようです(^^)

寿司の日

平成28年11月1日(火曜日)

白身魚のフライ・子和え・八杯汁・ごはん・牛乳

今日11月1日は、何の日かご存知ですか?世界中で愛される和食「寿司の日」です。
1961年の11月に、全国寿司商環衛連の第4回熊本大会で「実りの秋」「収穫の秋」「米への感謝の日」として毎年11月1日を「寿司の日」とするようになったそうです。
昭和の頃の寿司は、高級なイメージでした。今では、回転寿司やスーパーなどでも販売するようになり手軽に食べることができるようになりましたね。
「寿司の日」にちなんで給食は寿司・・・・!?
残念ながらちがいます。白身魚のフライ、子和え、八杯汁と和食のメニューでした。
どれも美味しかったです。八杯汁は、八杯おかわりしたくなるように給食センターの調理員がつくりましたよ。児童、生徒のみなさんは、何杯食べたのでしょうか?

おまけ・・・・・
11月1日は、「ワン、ワン、ワン」にちなみ犬の日でもあります。
今晩は、寿司を食べながら犬をかわいがりましょう(笑)
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR