FC2ブログ

美味しいいさんま

令和元年10月31日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・さんま鰹節煮・すき昆布の炒り煮・五目あんかけ豆腐

さんまは秋の味覚を代表する大衆魚です。
さんまの寿命は一年から二年程度で通常二年で全長35㎝程度まで、まれに40㎝を超える大きさに成長します。28㎝未満は0歳魚と考えられます。さんまは脂肪分が多く美味しく特に塩焼きにしてカボスやスダチ、柚子、レモン、ライムなどのしぼり汁やポン酢、醤油などかけて大根おろしを添えて食べると美味しいですね。
生のさんまの鮮度の見極めは尾を持ちさんまの頭を上に向けたとき体が曲がらずにできるだけまっすぐに立つもの、目が濁っていないもの、口先がほんのり黄色いことなど言われています。
美味しいさんまは口先だけでなく尾も黄色い魚が良いとされています。
スポンサーサイト



ちゃんことは?

令和元年10月30日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています
ちゃんこうどん・牛乳・シラスのかき揚げ・山クラゲ炒り煮

今日は一日中青空でした!(^^)!でも風は寒かったです((+_+))なぜかこの季節になってくるとうどんいいですね!
今日はちゃんこうどんでした。鶏ガラスープが効いていて美味しかったです。
さて、「ちゃんこ」とはよく聞きますねそうですお相撲さんが良く食べているちゃんこ鍋です。
「ちゃんこ」とは何なんでしょう?「ちゃんこ」の語源については大きく分けて有力とされる2つの説があり、ひとつは「ちゃん=中国」「こ=鍋」「中華鍋」が転じたものという説。
そう言えば回鍋肉(ホイコーロー)のコーですね!!なるほど。
もう一つは相撲部屋で親方のことを「お父さん」=「ちゃん」+「子」=「こ」つまり、師匠と弟子の親子で食べる鍋だから「親子鍋」の意で「ちゃんこ鍋」となったという説。
時代劇を特によく見る人でなくても「子連れ狼」の「ちゃーーーーーーん!!!」という名台詞は聞いたことがある人が多いのではないでしょうか。お相撲さんたちの親子鍋…なんだか微笑ましい。ちなみに、私たちに馴染みのある「ちゃんこ鍋」が相撲部屋で食べられるようになったのは明治時代のことです。

どんぶり勘定のどんぶりって何だろな??

令和元年10月29日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
豚丼・牛乳・白菜のおかか和え・ナメコ汁

今日の豚丼、いかがでしたか?ボリューム満点でおいしかったですね。
豚丼は以前もブログで紹介しましたが、北海道の十勝地方の郷土料理です(^^)
毎年2月10日は「豚丼の日」だそうです。日付が「2(ぶた)10(どん)」という語呂合わせであることが由来となっているそうです。
「豚丼の日」については、株式会社ソラチによって制定された記念日です。株式会社ソラチは北海道の札幌市や芦別市を拠点として、豚丼や焼き肉、ジンギスカン、しゃぶしゃぶなどのたれ、ソース、ドレッシング等の製造・販売を行っています。

さて、「どんぶり勘定」という言葉を聞いたことがあると思いますが、、実はこの言葉の「どんぶり」は器の丼とは関係がないそうです。意味としては「細かく計算などをしないで、だいたい、おおまかにお金の出し入れをすること」ですね。
それでは「どんぶり勘定」の「どんぶり」とは何かというと、昔、職人がつけていた胴巻きのことだそうです。
どんぶりと呼ばれる胴巻きは、職人が小物入れとして使っていたもので、この中にお金も入れていたそうです。そして、昔の職人はこの胴巻きからお金をおおまかに出し入れしていたことから、「どんぶり勘定」という言葉が生まれたそうですよ。
器の丼を使って小銭をじゃらじゃらとすくいあげるようなイメージがありましたが、まったく関係がありませんでした(^^)

カリフラワー

令和元年10月28日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
まめパン・牛乳・若鶏のピカタ・きゃべつの胡麻サラダ・ポトフ

ポトフにはじゃがいも、玉ねぎ、人参、かぶ、カリフラワーとたっぷりの野菜が入っています。スープにすることでより多くの野菜を一度に取ることができますね。
カリフラワーは今が旬で色が白いものが一般に多く食べられていますが、紫色、オレンジ色もあることをご存知でしょうか?
茹でると彩りが鮮やかになりサラダなどのアクセントにもなります。
変わった形ではまるでピラミットの集まりのようなロマネスコという種類もあります。機会があればぜひ食べ比べてみてはいかがでしょうか。

栄養満点のまいたけ

令和元年10月25日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・ボロニアカツ(パックソース)・さつまいもの煮物・まいたけのお吸い物

季節の変わり目で、体の崩しやすい時期です。いつも以上に体調管理に気をつけていきましょう。
さて、今日のメニューに「まいたけ」がありましたね。
まいたけは旨みが強く、また歯切れも良く、基本的に生食以外ほとんどの調理法でおいしく食べられます。炒め物・鍋料理・天ぷらなどによく利用されていますね(*^^*)
そして、栄養学的にはビタミン類やミネラル、食物繊維に富み、特に亜鉛、ナイアシン、ビタミンDを多く含んでいます。
今が、旬のきのこ類を食べて寒い時期に備えていきましょう。

呉汁

令和元年10月24日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・ポークチャップ・海藻サラダ・呉汁

朝晩、寒くなり温かい汁物がおいしい季節になってきましたね。
今日の呉汁は具だくさんでおいしかったですね。
さて、呉汁は鹿児島県の伝統的郷土料理ですりつぶした大豆を溶かした、栄養満点のみそ汁です。大豆を水に浸し、すりつぶしたものを「呉(ご)」といい、呉をみそ汁に入れたものを「呉汁」といいます。
秋に収穫された大豆が出回る秋から冬が旬です。
大豆と色々な野菜の入った呉汁は、栄養価の高い料理なんですよ。
また、体が温まることからも、冬場の郷土料理として日本各地で昔から親しまれています。

八戸ラーメン

令和元年10月23日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
八戸ラーメン・牛乳・コーンシューマイ・野菜炒め・ヨーグルトレーズン

今日の給食は八戸ラーメンでした。
煮干しをたっぷりと使った八戸市のご当地ラーメンです。大正時代に中国人が八戸で煮干しだしのラーメン屋さんを開いたのが始まりだそうです。
煮干しは小魚を煮て干したものでカタクチイワシを使ったものが最も一般的です。カタクチイワシの干し魚は世界のあらゆる場所で見られます。外見も日本の煮干しと良く似ている物が多いです。
アフリカではブルンジやブルキナファソで頻繁に利用されています。スープの具及び出汁取りとして使用され、キャッサバ(マニオク)などと付けあわせて食べます。
ちなみにバレンタインデーの2月14日は(2・1=棒・4)で煮干しの日にもなってます。

低温でじっくり加熱がコツ

令和元年10月21日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ねじりパン・牛乳・ポパイチーズオムレツ・カニカマ入り大根サラダ・パンプキンシチュー

今日の給食にパンプキンシチューがでましたね。
かぼちゃは長く煮ることで皮も柔らかくなり、食べることができます。
さつまいもと同じようにデンプンを糖に変える酵素を含んでいます。貯蔵するか低温でゆっくりと加熱することによって甘味が増します。保存に優れ、常温で数カ月保存することができます。
甘味の強い品種はお菓子作りにも向いており、パンプキンパイやプリンなどに加工されます。今日の給食のようにシチューやスープの材料としても大活躍ですね。

冷凍食品の日

令和元年10月18日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・国産鶏豚使用肉団子・茎わかめのソテー・かきたま味噌汁

今日のメニューに茎ワカメがあったので少し書いていきます。
茎ワカメとはワカメの葉の芯の部分です。
食物繊維と余分な塩分を体外に排出してくれるアルギン酸が大量に含まれており、栄養価が高いのに、カロリーもほとんどない茎ワカメは女性の方の美容食としても近年人気が高まっています。
さて、今日10月18日は冷凍食品の日。冷凍の「凍」(とう=10)と冷凍食品の保存、流通温度での-18℃以下にちなんで1985年(昭和60年)に日本冷凍食品協会が制定した記念日です。
「冷凍食品」とは解凍、調理を前提として保存のために冷凍した食品と定義されているからそのまま食べてしまうアイスクリームは冷凍食品ではありません。
また、作り立てのままの料理を長期間保存できるのが冷凍食品なので品質保持のための条件が決められているそうです。

リンゴの品種は何❓

令和元年10月17日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
カレーライス・牛乳・リンゴのフルーツヨーグルト和え

日ごとに寒さが増し山も色付き始めてきました(*^^*)
体調管理には十分に気を付けて下さいね!(^^)!
さて今日は給食人気メニューTOP5に入るカレー、ヨーグルト和えでした。カレーはスパイスがほど良く効いていて、とても美味しかったです。ヨーグルト和えはリンゴがサクサクと歯ごたえがあって美味しかったです(^O^)/
皆さん知っていましたか?
リンゴは、たくさんの種類があり、味はもちろん大きさや色、形などさまざまです。
世界では約15,000種、日本では約2,000種類、青森県内では約50種類が栽培されていて、その内約40種類が市場に出荷されています。
青森県のりんご美味しいですよね。今日ヨーグルト和えに入っていたリンゴの品種は何だったでしょう❓!(^^)!

ほうれん草パワーで風邪予防!

令和元年10月16日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
玉子うどん・牛乳・国産花咲天ぷら・胡麻和え

朝晩冷え込むようになりましたね。ついこの前まで暑かったのに…季節の移り変わりは早いです(^^)
今日の給食はいかがでしたか?玉子うどんは具沢山でおいしかったですね。体も温まりました。
もやしとほうれん草の胡麻和えもごまが感じられておいしかったです。花咲天ぷらは鶏肉の天ぷらでしたね。生姜の効いたサクサクの衣でおいしかったです。

さて、そろそろ寒くなってきて、空気も乾燥するようになって、風邪やインフルエンザに警戒しなければいけない時期になってきました。ウイルスや細菌などの異物が体内に入ってきた時、攻撃する機能が人間の体内には備わっています。それが生体防御機能と呼ばれるもので「マクロファージ」という細胞などが異物をやっつけます。
ほうれん草には、このマクロファージを活性化させる作用があって、風邪やインフルエンザなどのウイルスはもちろん、がん細胞もやっつけてくれるそうですよ!

そして、ビタミンC、葉酸、鉄分もほうれん草では沢山摂取できます。
これら3つの成分は貧血予防に欠かせないものです。特に女性は意識して摂取するとよいかもしれません。またルテイン、αカロテンやβカロテンのような大切なカロテノイド類の最もよい補給源であり、「血液さらさらパワー」効果を大いに期待できます。
すごいですね、ほうれん草パワー!

緑色には要注意!

令和元年10月15日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・いわし梅煮・ふきの油炒め・豚汁

豚汁にかかせないじゃがいもは、通常、収穫後約3カ月程度は休眠状態に入るので、その間は常温にあっても発芽はしないものです。しかし、品種によって大きな差があり、休眠が短いものもあります。
りんごと一緒に保存するとりんごが出すエチレンの作用で、芽の生長が抑えられ、保存可能な期間が延びるといわれています。
芽の部分にはソラニンという毒素が含まれています。これを大量に摂ると下痢・腹痛・吐き気・めまいなどの症状があらわれます。また、日光にあたって緑色になった部分にもソラニンが含まれているので、どちらもすべて取り除いてから使いましょう。
ちなみにじゃがいもはナス科の植物でトマトやナスの仲間なんだって!!

アメリカのファーストフード

令和元年10月11日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・タコミート・コールスローサラダ・アーサーの味噌汁

朝晩の冷え込みが、厳しくなり気温の寒暖差で体調を崩しやすい季節です。体調管理に、より一層気を付けていきましょう。
今日の献立にタコミートという聞きなれないメニューがあったので調べてみました。
元々はメキシコやアメリカのテキサス州でテキーラを飲みながら食べるおつまみとして食べられていました。
ひき肉をスパイスを使って煮込んだ食べ物で、アメリカではファーストフード店でも取扱いが多く、昔から慣れ親しんだ味として人気の高い食べ物になっています。
そして、タコミートをアレンジした料理が沖縄料理として有名なタコライスになります。様々なアレンジ料理が存在しますが、みなさんの好きなアレンジ料理はありますか?

今日は・・・目の愛護デー

令和元年10月10日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけしています。
ごはん・牛乳・さば黒酢あんかけ・豚なが煮・青梗菜のみそ汁

今日は給食にさばが出ましたね。ビタミンB12が非常に多く含まれています。B12は悪性貧血の予防や肩こりの解消に効果があると言われています。
さばの栄養は良質のたんぱく質、ビタミンB2が豊富。ビタミンB2は動物性食品に多く含まれ、細胞を再生し、脂質のエネルギー交換を助け、血液の循環を良くし、成長を促進させる作用があります。魚の中では、さばの含有量はトップクラスです。
そのほか、たんぱく質の代謝を担い、神経伝達物質の合成にもかかわるビタミンB6、カルシウムの吸収をよくするビタミンDも豊
富です。

味付きゆで玉子

令和元年10月9日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけしています。
味噌カレー牛乳ラーメン・牛乳・味付きゆで玉子・ミネラルサラダ

今日は給食に味付きゆで玉子が付いてきましたね、殻が付いているのに塩味が付いてるの不思議に思いませんか?
実は浸透圧を利用しています、浸透圧に興味のある人調べて見てください。
味付きゆで玉子は結構簡単につくれますよ、すごく濃い塩水を冷やして置き、好きな硬さで茹でたゆで玉子を、熱いうちに塩水入れて冷蔵庫で冷やします、半日位で軽い塩味になりますよ。よかったら作ってみてください。

キムタク炒め?とは

令和元年10月8日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・しらすわかめ入り玉子巻き・キムタク炒め・鶏団子汁・野菜と雑穀のかむふりかけ

朝夕がめっきり寒くなり、上着が必需品ですね。もうすぐ文化祭や各発表会がはじまります。体調をくずしていませんか?
今日は初めての献立ですが、ちょっと聞きなれない、イケメンレシピ「キムタク炒め」です。
豚キムチとたくわんを炒めた料理で食感が良く、ちょっと辛くご飯にも合い、お箸が止まらない、くせになりそうでした。
「キムタク炒め」とは、長野県塩尻市で人気の給食メニューで、子供たちに漬物をもっと食べてほしいと、地元の管理栄養士が考案したそうです。

あさりは昔から食べられています。

令和元年10月7日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
牛乳,雪人参パン、白身の魚香草フライバジル、ポテトサラダ、野菜スープ、ミルメーク

あさり入りのスープおいしかったですね。日本では古くから食用とされ貝塚などから数多くの貝がらが出土されています。
現在では、潮汁、酒蒸し、味噌汁や和え物、しぐれ煮、クラムチャウダーの具などにも用います。秋から早春のあさりは身がやせて、品質が落ちます。
日本においては三河湾が一大産地となっており、愛知県は、2004年より漁獲量日本一となっています。
また、年々漁獲量が減少しており原因は、「乱獲」や「生息域の埋め立て」などがあります。
今は韓国や中国などから輸入されています。

今日の塩梅はいかが?

令和元年10月4日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・あじ煮付け・長いもの梅サラダ・純米ひっつみ汁

今日は給食に長いもの梅サラダが出ましたね。
熟した果実をそのまま食べることもありますが、普通は熟しきっていない青梅を梅干しや梅酒などに加工して食用にされます。他にも梅酢やジャムなどがありますね。
中国では紀元前から酸味料として用いられていて塩とともに最古の調味料だといわれているそうです。
日本語でも使われる良い味加減や調整を意味する単語「塩梅(あんばい)」とは、元々は梅と塩による味付けがうまくいったことを示した言葉です。
今日の給食の長いもの梅サラダの塩梅はいかがでしたか?

ビーフンって何だろう?

令和元年10月3日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・餃子・ビーフンソテー・中華風コーンスープ

まだまだ暑い日が続いています。体調を崩していませんか?
今日の給食には「ビーフンソテー」がつきましたね。ところでみなさんはビーフンって何からできているか知っていますか?
実はお米が原料になっています。
ライスヌードルという食品の一種です。中国や日本で食べられるものは素麺のような細長い形のもので、今日の給食もこの形でした。
では、どうやってこの形に作っているでしょう?
うるち米を精米して水に浸漬した上、水を加えながら挽いてペースト状にします。これをろ過して抽出したデンプンを加水加熱しながら練って生地を作ります。この生地を小さな穴がたくさん開いた筒状の型から押し出して紐状に成形します。このまま切り取って棒にかけて熱風乾燥するか、一度熱湯中に落として煮沸し、水冷したのちに乾燥して完成させます。
とても手間がかかっているんですね。
調理方法も色々あり、ソテーにしたり、スープに入れたりを大活躍のビーフンです。

きつねの色々

令和元年10月2日(水曜日)
DSCN1922 (1)
※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
きつねうどん・牛乳・焼きいも・ごぼうサラダ

もう10月なのに日中暑い日が続いていますね(^^)
今日はきつねうどんの日でした。小さい油揚げが入ってダシがきいていておいしかったですね。
うどんのメニューとしてはポピュラーなきつねうどん。一般的には油抜きした油揚げを砂糖やみりん、醤油で甘辛く煮て、それをうどんやそばにのせたものを「きつね」と呼びます。
油揚げがきつねの好物とされていることや、油揚げがきつねのうずくまる姿に似ているため、「きつね」と呼ぶようになったと言われています。
発祥については諸説ありますが、きつねうどんは大阪で初めて作られたというのが定説だそうです。
もともとは甘辛く煮た油揚げをうどんと別に皿に入れて出したところから始まっています。
大阪周辺では信太森葛葉稲荷神社(しのだもりくずのはいなりじんじゃ)や、伝説のきつね信太森の葛の葉に由来して「しのだうどん」「しのだそば」と呼ばれることがあります。
これは名古屋などでは一般的な名称であり刻んだ油揚げ(味付けはされていないことも多い)が入ったものを「しのだ」、刻んでいない甘辛く煮た油揚げが入ったものを「きつね」と区別することもあるそうです。
また、京都では「けつね」とも発音され、味付けのされてない刻んだ油揚げを具とすることが多く、甘辛い味付けの油揚げが入ったものを「甘ぎつね」と呼んで区別することもあります。これは京都がダシのきかせた薄味を好む傾向にあることが理由にあるようです。それぞれの地域で色々と呼び方や形、調理方法が違いますね。おもしろいですね(^^)

ひと手間でおいしく!大根のあれこれ

令和元年10月1日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・肉豆腐・磯香和え・大根菜の味噌汁

今日から10月!衣替え、消費税、いろいろな事が変わる今日10月1日ですが、季節も夏から秋へと日増しに朝・夕の寒さを感じるようになりましたね。
これからは今日のみそ汁にも使った大根がおいしくなります。大根は上のほうが甘く、下に行くほど辛みが強くなります。
葉に近い首の部分は甘みが強く、ややかためなのでおろしやサラダに。
やわらかい中央部分は、おでんやふろふきの煮物向きです。先端付近は辛さをいかして薬味的に使ってみましょう。
おでんやふろふきの煮物をする時は米のとぎ汁を入れて、下茹でしてから使うと灰汁と苦味がとれて旨みが増し、味がしみ込みやすくなります。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR