FC2ブログ

日本の料理の進化は凄い

令和元年11月29日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ハヤシライス・牛乳・フルーツポンチ

今年のインフルエンザは、例年より早くの流行で脅威を感じます。皆さん、予防接種はすみましたか?
バランスの良い食事やあたたかい食事で体を温め、手洗いうがいをして予防しましょう。

今日の給食はみんな大好きな「ハヤシライス」とふわふわの餅が入った「フルーツポンチ」でした。
ハヤシライスは好きだけど家庭ではカレーほど作りませんよね。だから今日はとっても美味しくいただきました。
ハヤシライスは炒めた玉ねぎと肉をデミグラスソースをベースにしたソースで煮込み、とろりと仕上げ、ごはんと一緒に食べます。
又、ハヤシライスは海外から入ってきた料理が、丼料理がある日本で、日本人ならではの進化をとげた洋食の一つであります。
世界中の色々な料理が日本独自の料理になりそうですね。
ごはんの国の人だから・・・♪
スポンサーサイト



きゅうりの酢の物

令和元年11月28日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・発芽玄米入り平つくね・きゅうりの酢の物・けんちん汁

今日の給食にきゅうりの酢の物が出ましたね。
きゅうりは紀元前4000年前にメソポタミアで盛んに栽培されていたそうです。ローマ皇帝のティベリウスが好物として食べていたという話もあります。
きゅうりを調理するときは、表面を滑らかにして色を鮮やかにするために塩を振ったまな板の上で転がすようにして塩を擦りこむ板摺り(いたずり)という調理法を使うとおいしく食べることができます。
生のまま食べるのももちろんですが、味噌やもろみをつけて齧ったり、サラダ、寿司、酢の物、和え物、塩揉みで食べたり、漬物にしてかっぱ漬け、奈良漬け、醤油漬け、わさび漬け、ピクルス、オイキムチなど色々な方法で日本の食卓を飾っていますね。
日本では加熱調理されることは少ないのですが、中華料理では煮物や炒め物として調理されます。
きゅうり好きのみなさんはぜひ加熱調理に挑戦してみてはいかがでしょうか?

アスパラの下ごしらえとゆで方。

令和元年11月27日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
牛乳・肉うどん・アスパラソテー・ソフール元気

今日のアスパラソテー美味しかったですね。アスパラの下ごしらえとゆで方などを簡単に紹介します。
サラダ・炒め物、おひたし、汁物などいろいろ使えるアスパラです。

下ごしらえは、根元側は皮が硬くて筋っぽくなっているので硬い部分を折って、さらにピーラーで皮を数センチむくことで筋っぽさを感じずにアスパラを食べることができます。
そして、茹で方としては、アスパラがすっぽり入るおおきさのフライパンで水1リットルを沸かし小さじ2程の塩を加えます。茹で時間は「普通の大きさで1分30秒から45秒」「太めのもの2分」が目安となります。
茹であがったアスパラは冷水につけて冷やし色止めしてあげます。

ピーラーで皮をむくと栄養が逃げやすくなるので、素早く処理しましょう。みずみずしさと美味しさを保つことができます。

厚揚げ?生揚げ?

令和元年11月26日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています
ご飯・牛乳・厚揚げの旨煮・イワシのみぞれ煮・青梗菜の味噌汁

日に日に寒さが増し,空気が乾燥してきました。インフルエンザには気を付けましょう!(^^)!
やっぱり基本は、手洗いとうがいですね。皆さんこまめにしましょう!(^^)!

今日はとろみの付いた厚揚げの旨煮でした。美味しかったですね。
厚揚げ(あつあげ)は、豆腐を厚めに切り油で揚げた食品であり、揚げ豆腐の一種。油揚げとは違い、内部が豆腐の状態を保つように十分には揚げないので、生揚げ(厚揚げ)とも呼ばれています。
表面のみを油で揚げることで、豆腐の食感を残したまま香ばしさが加わっているため、煮物にした際の味の染み込みも良い。また、絹ごし豆腐を使用したものは「絹厚揚げ」と呼ばれ、通常の生揚げよりも柔らかく食感がなめらかである。最近では、もっちりとした食感のものなども販売されています。

ポトフはおでんのようなもの(^^)

令和元年11月25日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
まめパン・牛乳・やわらか鶏ももから揚げ・海藻サラダ・ポトフ

寒くなり、温かいスープがおいしい季節になりましたね(^^)
今日はポトフでした。温かくておいしかったですね。
ポトフはフランスの家庭料理の一つで、鍋に塊のままの牛肉、野菜類に香辛料を入れて長時間煮込んだものです。
給食でスープとして提供していますが、フランスでは一般的に具は別盛りにしてマスタードなどをつけて食べて、汁は他の料理のブイヨンとして使います。具を別盛りで一つの料理として食べるので具は大きめに切って煮込みます。日本でたとえるとおでんのようなものだそうです。
ポトフは野菜いっぱいのスープというイメージでしたが本当は煮込み料理だったとは驚きでした。
それでもやっぱりフ~フ~して食べるスープのポトフが私は好きです(^^)皆さんはどちらがお好みですか?

リンゴのワックス?

令和元年11月22日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・豚生姜焼き・胡麻和え・もずくと厚揚げのみそ汁・カットりんご

りんごのワックス?
時々、リンゴの表面が少し油っぽく、ぬるぬるしていたり、ベトつくようなものがありますが、これはワックスや防カビ、防虫などの薬剤ではありません。
その正体は、リンゴそのものから生成される成分によるものです。
リンゴは熟してくるとリノール酸やオレイン酸などの不飽和脂肪酸が沢山作られるのですが、これとリンゴの皮に含まれる成分によって天然のワックス状の膜が作られます。これはリンゴの中の水分などをしっかりと外に逃がさないようにする働きがあるんです。自然って凄いですよね。

自然なワックスでが付いているので、少し布で磨くとピッカピカに光ります。
収穫される時期は各品種とも1ヶ月から2ヶ月間程度のようですが、冷蔵で3ヶ月前後も貯蔵が出来るため、実際に市場に出回る期間はかなり幅があるようです。品種によっては、夏前くらいまで店頭に出るものもあります。とは言っても、やはり長期貯蔵されたものより、収穫されたばかりのリンゴの方が美味しいのは間違いありません。

名古屋めし

令和元年11月21日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・チキン味噌カツ・長いもとオクラの和え物・野菜だし入りつみれ汁

雪が降って、いよいよ冬が近づいてきていますね。風邪をひかないように、いつも以上に体調管理に気をつけていきましょう。
今日の給食に味噌カツが出たので、少し調べてみました。
味噌カツは「名古屋めし」と呼ばれるご当地グルメの一つです。
八丁味噌などの豆味噌のベースに店によって鰹出汁、砂糖など様々な調味料等を加えた独自のタレを豚カツにかけたものになります。
昭和42年(1967年)に刊行されたガイドブックに、八丁味噌をベースにしたソースを豚カツにかけて提供したのが始まりとされています。
全国には、様々な豚カツのご当地グルメがあります。新潟の「たれカツ丼」や、岡山の「デミカツ丼」、福井の「醤油カツ丼」等が有名ですね。ご当地グルメの食べ比べも楽しいですね(*'ω'*)

私の半熟味玉レシピ

令和元年11月20日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
醤油ラーメン・牛乳・味付きゆで玉子・野菜炒め

今日の給食は麺の日でした。醤油ラーメンの味はいかがでしたか?
ラーメンにかかせない食材といえば玉子ですね。そこで今日は私の半熟味玉レシピを紹介いたします。
まず沸騰した鍋に玉子を割れないように入れます。
7分ボイルして水で冷やし殻をむき、醤油1に水3のタレに漬けます。
ひと晩冷蔵庫でねかせて出来上がりです!!
ポイントは常に90~100℃で多めのお湯で時間を守りすぐに冷やすこと。

これで安くて簡単に美味しい半熟味玉の完成です。玉子のトロトロ感とつけだれは好みで調整してみてください。
どんな料理にも合って、おかずとしてもツマミとしても最高ですね(笑)
半熟味玉に挑戦してみてください。
・・・・うまいよ!

青森県産さば

令和元年11月19日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・さば味噌煮・切干大根炒り煮・小松菜の味噌汁

今日の給食は、主菜にさばの味噌煮が出ましたね。
県産の食材を取り入れたメニューでした。最近では、八戸前沖鯖としてブランド化もされています。
さばと言えば年齢などを正確に言わない事を、サバを読むと言いますが魚の鯖から来ています。
一説では、魚市場で鯖をすばやく数えながら箱に入れて行くと数が正確に合わない事から来ているそうです。

みんな大好きハンバーグ!

令和元年11月18日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
アップルコッペ・牛乳・長芋入り豆腐鶏肉ハンバーグ(パックソース)・ごぼうと茎わかめのサラダ・わかめスープ

急に寒くなりましたね。
インフルエンザの流行も今年はいつもより早いそうです。
二学期も残すところ一ヶ月半となりました。しっかり食べて、早寝早起きを守って元気に乗り切りましょう!
今日の給食はみんなが大好きなハンバーグでした。
長芋と豆腐と鶏肉で作ったヘルシーでふんわりとした食感の柔らかくておいしいハンバーグでしたね。いつものハンバーグとは違う味わいが楽しめました。
副菜にはごぼうと茎わかめのサラダでした。中華胡麻ドレッシングで和えたサラダは茎わかめとマッチしてさっぱりとした味わいでおいしく食べられたと思います。
とてもバランスよくおいしい給食でした。

ブロッコリーはキャベツ仲間?

令和元年11月15日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・ガリバタチキン・ブロッコリーの和え物・栄養味噌汁

今日の給食に「ブロッコリーの和え物」が出ましたね。
そこで今日はブロッコリーについてお話しします。
ブロッコリーはアブラナ科でキャベツの仲間です。
花を食用とするキャベツの一種がイタリアで品種改良されて現在の姿になったとされています。イタリア語で「茎」という意味のbroccoからラテン語で「突起」などの意味を持つbrocchusがブロッコリーという名前の語源とされているそうです。
日本では茹でて食べることが多いのですが、海外ではサラダやシチュー、スープに炒め物と様々な食べ方で楽しまれています。
最近では近縁種のロマネスコもスーパーで見かけるようになりましたね。
近縁種は他にもスティックセニョール、はなっこりー、あすっこ、アレッタなどといったものもあります。
全国的にまだ流通されていないものもありますので、スーパーなどで見かけたら買ってみてもいいかもしれませんね。

栗ご飯

令和元年11月14日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
栗ご飯・牛乳・青森県産五目厚焼き玉子・もやしとにらのごま炒め・なめこスープ

今日の栗ご飯美味しかったですね。
栗ご飯は白米にむき栗を入れて炊き込んだ赤飯に似た炊き込みご飯です。中華風ちまきのようにもち米を蒸して作るのは特に栗蒸しご飯とよびます。
栗ご飯には日本原産の甘味の少ない大振りな栗を丸ごと使い、白米の旨みと栗のほくほくした歯ごたえと少量の塩を入れることで感じられて栗のほのかな甘みを楽しみます。
家庭によっては塩でなく醤油で味付けすることもあります。

pasta

令和元年11月13日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています
ミートソーススパゲッティ・牛乳・ツナ和え

今日はとても穏やかな天気でした!(^^)!
なんと朝と正午の気温差何度だと思います❓11月とは思えない16℃もありました。体調管理には十分に気を付けて下さいね!(^^)!
水曜日は麺類の日です・・・今日はパスタでした。
パスタが日本にやってきたのは、幕末から明治にかけての鎖国を終えた時期のことで、当時書かれた外国の料理をまとめた本にマカロニのことが記載されていたそうです。
明治16年(1883年)頃に、フランス人宣教師によって国内でのマカロニ製造が始まりますが、ホテルや高級レストランでしか口にすることはできず高級品として扱われていました。
その後、第二次世界大戦後の混乱期を乗り越え、パスタ工場が作られるようになり、やっとパスタは一般家庭に行き届くようになります。
保存機能の良さ、様々なソースに対応できること、料理の手間が省けるところ等々、様々な点が魅力となり、多くの家庭でパスタが受け入れられました。
こうしてパスタは日本の食文化にうまく溶け込んでいき、今では私たちにとって身近な食材のひとつとして数えられるようになりました。

餃子を食べて金運UP!

令和元年11月12日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・国産具材餃子・チンジャオロース・あさりのみそ汁

週間天気予報にとうとう雪マークが登場しましたね(^^)…週末、いよいよ下北にも初雪が降るかな??
朝晩寒くなってきたので、風邪やインフルエンザに負けないように、手洗い、うがい、しっかり食べてちゃんと睡眠もとりましょう!

餃子は2つも縁起を担ぐことができる食べ物だってご存知ですか?(^^)
餃子は中国の古い時代(明、清の時代)のお金である馬蹄銀(ばていぎん)に似せて作られているそうです。その時代には「金運に恵まれますように」と願いを込められて馬蹄銀に似た今の形になったようです。
そのなごりで中国では餃子を食べると、お金持ちになって幸せになれる縁起のいい食べ物として広まったそうです。
現在でも旧正月には家族そろってその年の金運を願い餃子を食べる習わしがあるそうです。

餃子の縁起の良さは金運だけではなく、子孫繁栄の意味も込められているそうです。
中国語では交わる子と書いて「交子」は、子を授かる意味があり、読み方は「チャオズ」と読むそうです。
そして餃子も「チャオズ」と読むそうです。同じ読み方ですね。このことから餃子を食べると子宝に恵まれると言い伝えられています。
餃子好きなので、たくさん食べてお金持ちになれればいいな~(^^)♪

サーモンと鮭は違うの?

令和元年11月11日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
食パン(チョコレートパテ)・牛乳・サーモンフライ(中濃ソース)・大根サラダ・きゃべつのみそ豆乳スープ

今日はサーモンフライでした。
魚は苦手という人もフライなら好きという人も多いのではないでしょうか。サーモンと鮭は似ていますが違う魚だということを知っていますか?
鮭は英語でいうとサーモンですが焼き魚でおなじみの鮭のことをサーモンと呼びませんよね。
サーモンと鮭はサケ科の仲間を指すという意味では、ざっくり言うと同じです。
ただし、日本でいうところの鮭が英語では、トラウトつまり鱒だったりするので細かい種類によっては、鮭とサーモンはイコールにならないとこもあります。鮭は寄生虫がいることがあるため、ほとんど生では食べません。サーモンは養殖の技術が発展しているため生食で食べれます。
つまり、お寿司屋さんで出てくるお刺身は鮭ではなくサーモンです。

大畑で養殖されている海峡サーモンはトラウトサーモンつまり鱒ということですね。海峡サーモンは脂がのってとてもおいしいですね。

キーマカレー

令和元年11月8日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・キーマカレー・茹で野菜・イタリアンドレッシング

今日のキーマカレーはいかがでしたか?
キーマカレーはインド料理の一つで挽肉を使用したカレー料理です。世界的には宗教的な問題もあり牛挽肉と豚挽肉を使用したキーマカレーは少数派です。
日本で初めて鶏肉を使用したキーマカレーを出したのはインド料理店と言われています。
メインとなる挽肉には体脂肪を燃焼させる働きがある「カルニチン」が豊富に含まれていて、筋肉を作る「タンパク質」もキーマカレーで摂れるというのが嬉しいですね。
家庭で作る際は色々な挽肉で楽しんでみてください。おすすめでチーズ、温玉など添えてみてはいかがでしょうか?

これから旬の根菜類

令和元年11月7日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・いか天ぷら・根菜金平・かぶの味噌汁

 一雨ごとに寒くなる季節になりました。いつも以上に体調管理に気をつけていきましょう。
今日の献立に根菜が入っていましたね。
これから、旬を迎える野菜の中でも特に根菜類は、食べると血行をよくしたり代謝をアップさせる、“内側から身体を温める野菜”であることがよく知られていますね(*'ω'*)

根菜の多くが夏に旬を迎える野菜より水分が少ないので身体を冷やさない効果あります。
また、ビタミン・ミネラルが豊富で血行を促進させる作用や、毛細血管が弱らないよう保つ働きや血液や筋肉を作るたんぱく質の働きを助ける働きがあります。
そして、根菜には比較的固い野菜が多いので、煮込みやスープなどの長時間加熱する料理に用いられやすいのも“身体を温める”イメージが強いのかもしれません。
皆さんのご家庭では、どのような根菜料理が食卓に並びますか?

ヘルシーな中華クラゲ

令和元年11月6日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
塩ラーメン・牛乳・鶏つくね・中華クラゲサラダ

今日は中華クラゲのサラダがつきましたね。
皆さんも食べる機会があると思いますが、中華クラゲが何か分かりますか?
実は海でプカプカしているほんとのクラゲです。
漢字で書いたら(海月)です。中華クラゲはクラゲを脱水したもので、クラゲは水分が95%~97%あるので100kgで3kg位しかできないそうです。
食べるとコリコリした食感で、中華料理店ではお馴染みの食材ですが、低カロリーなので、ダイエット料理にもよく使われているそうです。

鮭は世界で人気の魚です

令和元年11月5日(火曜日)

写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・鮭ちゃんちゃん炒め・ひじきと豆のサラダ・さつま汁

今日は今が旬の鮭を使った給食、鮭の「ちゃんちゃん炒め」でした。
鮭とみそは相性抜群のうえ、野菜たっぷりで美味しかったですね。日本の食卓にかかせない鮭は、健康に良くて低カロリーな食品として、世界中に注目されています。
鮭はスーパーフードと呼ばれるほど栄養価が高く、主な栄養成分のタンパク質は消化吸収がよく、アスタキチンサンやビタミン類も多く含まれていて、がんや動脈硬化の予防効果、骨を健康にする効果、認知症の予防などなど、スーパーフードと言われるゆえんです。
ちなみに今年の鮭の漁獲量は、北海道で例年の七、八割位だそうですよ。

風邪予防には鶏肉!?

令和元年11月1日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・照焼チキン・シルバーサラダ・じゃがいもとわかめの味噌汁

朝晩寒い日が続いていますね。だんだんと冬支度を始めている家も多いのではないでしょうか?
さて、今日の給食に照焼チキンがつきました。
そこで今日は鶏肉についてお話しします。
鶏肉は牛肉、豚肉と違い食のタブーに触れる事が少ないので世界中でよく食べられている食材です。その歴史は古く、弥生時代に農耕の開始とともに家畜が導入され、大陸から豚と一緒に鶏が伝わったそうです。
中部地方の一部や関西地方、九州地方では「かしわ」とも呼ばれています。また、料理の食材として扱いやすく、様々な方法で調理されます。焼き物、揚げ物、煮物、炒め物、蒸し物、スープ、鍋料理、燻製と大活躍です。
ちなみにアメリカとカナダではチキンスープを飲むと風邪が治るという言い伝えがあるそうですよ。
寒くなって風邪を引きやすいこれからの季節にぴったりの食材のひとつかもしれませんね!

おとなり韓国の参鶏湯も薬膳鶏スープですね。滋養と強壮ですね。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR