FC2ブログ

ゴマの働き

令和2年2月28日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
豚丼・牛乳・ホウレン草の胡麻和え・きゃべつのみそ汁

今日はゴマ和えが出ましたね。
ゴマの特徴として、白ゴマにはほのかな甘味があり黒ゴマには香りが強くコクがあります。
ゴマにはセサミンという抗酸化作用のある成分を含んでいてビタミンEの保護、強化、コレステロールの吸収抑制にも働き動脈硬化や肥満の予防効果が期待できます。
ダイエット中の献立にもおすすめです。
スポンサーサイト



冬の定番メニュー

令和2年2月27日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・サバ味噌煮・ネバネバサラダ・豚汁

朝晩の気温差が激しくて体調を崩しやすい季節です。体調管理に気を付けていきましょう(*^^*)
さて、今日のメニューに豚汁が出たので、少しふれてみます。
寒い地域や寒い時期に食べられることが多い料理になります。スキー場など寒い場所や寒い時期に振る舞われたりする定番のメニューですね。
そして、一度にたくさんの野菜を摂取することができます。アレンジがきくので、家庭の味、おふくろの味としても親しまれています。もし、作り過ぎた場合には、アレンジメニューを考えてみるのも楽しいですね。
ちなみに、私は味噌煮込みうどんにして食べる事が多いです( *´艸`)

点心

令和2年2月26日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
カレーうどん・牛乳・大焼売・ごぼうサラダ

今日の給食は、寒い日によく合うカレーうどんでした。
主菜には焼売が付いてきましたね。焼売は、点心の一つで餃子や中華まんの仲間ですが、そもそも点心が何かわかりますか?実は中国で点心は、一口ぐらいで食べる軽食の事を意味していて、お菓子や間食など全て点心と呼ぶようです。

簡単で美味しい「ハムカツ」

令和2年2月25日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・ハムカツ(パックソース)・わかめ入り春雨サラダ・つみれ入りちゃんこ汁

今日の給食は、みんなの大好きな「ハムカツ」でした。
「ハムカツ」には長い歴史があると聞いていますが、日本ではいつどこで生まれたかは、はっきりしていないそうです。
「ハムカツ」の持つ独特の雰囲気がいいですね。ハムにパン粉を付けて揚げただけ、というシンプルな料理ですが味は非常に完成されていて、衣のサクサク感にハムの塩気、そこにソースの旨みが足され、美味しさが倍増しますね。
ハムの種類や厚さを変えたり、チーズをはさんだり、カレー風味にしたりと、バリエーションが広がります。
自分好みのハムカツに挑戦してみても楽しいですね。

海藻いろいろ

令和2年2月21日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・ポークチャップ・海藻サラダ・白菜のみそ汁・富士山ゼリー

今朝はグッと冷え込んだので、起きるのが辛かったという人も多いのではないでしょうか。
今日の給食に海藻サラダが出ましたね。そこで今日は海藻についてお話しします。

日本では古くから付き合いの長い重要な食材のひとつです。
だし取りや煮物としての昆布を始め、佃煮や和え物に大活躍の海苔、みそ汁から混ぜご飯の具にもよく合うわかめ、寒天やところてんなどに変身するテングサ、炒り煮や混ぜご飯の具にひじき、酢の物ならモズクなど色々な料理に色々な海藻が使われます。
こうやって考えると一日一種類は知らずに食べている食材ではないでしょうか。

欧米では海藻を食用にする習慣がありませんでした。Seaweed(海の雑草)と呼ばれていましたが、最近ではヘルシー志向が高まりSea Vegetable(海の野菜)と呼ばれて食べられているようです。
スコットランドとアイルランドではダルス、イボノリ、ヒバマタ、ツノマタ、トサカモドキ、アオサなど聞きなれない海藻を食べる習慣があるそうです。
日本の食に身近な海藻と上手に付き合っていきたいですね。

かぶの選び方

令和2年2月20日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・やわらかいか天ぷら(パック醤油)・炒り豆腐・かぶのみそ汁

かぶは寒い時期の方が甘味も増し美味しいので食べ頃としては11月~2月頃になります。
美味しいかぶの選び方としては葉が活き活きとしたグリーンでしゃきっとしている物を選びます。葉がしなびている物は収穫してから時間が経っている物と考えてもいいと思いま。
また、かぶ自体を持ったときにずっしりと重みを感じる物を選びます。なぜなら水分がしっかりと詰まっていて美味しいからです。
根の色が真っ白な物、赤かぶなどの場合は鮮やかな紅色をしていて艶のある物を選ぶといいですね。

中華麺

令和2年2月19日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
味噌ラーメン・牛乳・中華クラゲサラダ・味付きゆで玉子

今年の冬は雪が降っては雨が降り・・・このまま春が来てしまうのかと勘違いをするほど気温が高い日が多かったですね。
体調管理には気を付けて下さいね(^O^)/

今日は水曜日で麺メニューの日で、味噌ラーメンでした。
シャキシャキコーンが歯ごたえがありとても美味しかったですね。
中華麺は小麦粉を主な原料とする、中国発祥の麺の一種です。中国では、「麺が黄色い」、「かん水を使う」など、必須条件がありますが、日本では、必ずしもその条件は守られていません。
また、ラーメン以外に、焼きそば、冷やし中華、つけ麺などに幅広く使われているのも特徴です。
皆さんは中華麺をどのようにアレンジし召し上がっていますか。

山のクラゲ

令和2年2月18日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳(写真を撮り忘れてしまいました…申し訳ありません。)・納豆・山クラゲ炒り煮・おでん

ここ数日は雪の天気が続いていますね。寒暖差もあるので体調管理には気をつけましょうね(^^)

山クラゲは、コリコリとした食感が魅力的なちょっと珍しい食べ物ですよね。
山クラゲはステムレタスという茎レタスの仲間です。最近は中国産が多く出回っていたりしますが、日本の生産地は埼玉県、山形県、青森県と限られており、生産量もごくわずかだそうです。

茎の部分は収穫するまで土の中に隠れており、食感はアスパラのようにシャキシャキとした歯ごたえがあります。このステムレタスを乾燥させたものを「山クラゲ」と呼ぶそうです。「山クラゲ」の他には「皇帝菜」などと呼ばれることもあるようです。はるか昔、清王朝の時代、中国ではステムレタスは皇帝に献上するような希少価値の高い野菜だったようです。
ステムレタスを乾燥させる際、繊維に沿って細長くカットしてから乾燥させます。
一説によるとその見た目がクラゲを乾燥させる工程に似ていることから「山クラゲ」と言われるようになったとされています。
また、一説には、歯ごたえそのものが海のクラゲに似ていることからそう呼ばれるようになったとも言われています。(諸説あるようです。^0^)
・・・とは言え、海で水揚げされるクラゲではなく畑や山間部で作られるため「山」をつけて「山クラゲ」になった説が有力です。
いろいろ調べてみると、おもしろいですね(^^)

バンズパン

令和2年2月17日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
バンズパン・牛乳・照焼ハンバーグ・ツナ和え・コーンスープ・カットりんご

今日はバンズパンにハンバーグとキャベツたっぷりのツナ和えをはさんでハンバーガーにして食べました。上手にはさめましたか?
ハンバーガーのパンは、なぜバンズというのかな?パンを二つに切ったのだから複数形でバンズ?
語源はよくわかっていませんが、小型の丸いパンのことを英語でbun(バン)と言います。それがハンバーガーでは2枚使うのでbunsというように複数形になり、それが日本語に取り入れられてバンズと呼ばれているわけです。
panのほうの「パン」ですが、これは「和製」の外来語ではありません。純粋な外来語です。
語源はポルトガル語の単語で意味は日本語と同じく「パン」。おそらく戦国時代前後に既に伝わっていたのではないかと思われます。(諸説あります。^0^)¥

キーマカレー

令和2年2月14日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
キーマカレー(ご飯)・牛乳・杏仁豆腐

今日のキーマカレーはいかがでしたか?
キーマカレーはインド料理の一つで挽肉を使用したカレー料理です。
メインとなる挽肉は体脂肪を燃焼させる働きがあると言われている「カルニチン」が豊富に含まれていて、筋肉を作る「タンパク質」もキーマカレーでとれるというのが嬉しいですね。
家庭で作る際は色々な挽肉で楽しんでみてください。牛肉、合挽、豚肉、鶏肉、羊肉等々・・・
トッピングでとろけるチーズ、温玉など添えてみてはいかがでしょうか?
余ったカレーは「カレーうどん」がお薦めです。

「アジ」が良い

令和2年2月13日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・鯵チーズ衣焼き・ウインナーソテー・ワカメの味噌汁

今日の給食に鯵チーズ衣焼きが出ました。
鯵について少し調べてみました。
日本ではマアジが重要な食用魚となっており、様々な加工品や料理に使われています。朝食にはアジの干物がつき物であるように、食生活に古くから根付いていますね(*^^*)
その他にもムロアジは鯵節やくさやの原料となりますし、シマアジは高級食材として有名ですね。
また、日本語の「アジ」は味が良いことに由来するといわれていますね(^O^)/

オクラって何語?

令和2年2月12日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
鶏塩うどん・牛乳・ちくわ磯辺天ぷら・長いもとオクラの和え物

今日の給食には、オクラの和え物が出ましたね。
オクラって漢字は聞いた事ありませんよね、オクラが何語かわかりますか?実は英語のokraから来ています。
原産地はアフリカ東北部で日本に来たのは江戸時代でしたが全然普及せずに明治時代再度アメリカから日本に伝わったそうですが、始めのころは観賞用に栽培されていたそうですよ。

アメリカのファストフード

令和2年2月10日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
食パン・牛乳・ポパイチーズオムレツ・チリコンカン・野菜スープ

今日の給食は、ポパイのように強くなる、ほうれん草の入った「ポパイチーズオムレツ」、ごはんにもパンにも合う,、豚ひき肉と玉ねぎ、大豆を炒め、トマトソースでピリ辛に煮込んだ「チリコンカン」でした。
「チリコンカン」はアメリカでとっても親しまれている国民食で、アメリカ生まれのメキシコ風料理だそうです。美味しかったですね。

二月に入り、ようやく冬らしい銀世界になりました。
寒くて嫌ですが、いつもどうりで、ほっとしたところもあります。でも、暑かったり寒かったりで、気温の変化が激しく、体調を崩していませんか?
インフルエンザやこれからはノロウイルス等の流行があります。お店では、マスクが品薄になっているとか、とにかく、うがい、手洗いはきちんと行いましょう。
手洗いは2度洗いがお勧めです。^0^

鶏肉で風邪予防?

令和2年2月7日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・鶏肉のアップルソテー・きゅうりの酢の物・栄養味噌汁

今日の給食に鶏肉のアップルソテーがでましたね。
今日は鶏肉についてお話しします。
鶏肉というとニワトリの肉を思い浮かべますね。弥生時代に稲作農耕の開始とともに家畜が導入され、大陸からブタとニワトリが伝来しました。古代には鳴き声により朝を告げる「時告げ鳥」として利用され、廃鶏の利用として副次的に肉食が行われていたと考えられているそうです。
中部地方の一部や関西地方、九州地方では「かしわ」とも呼ばれます。本来褐色の羽色の日本在来種のニワトリですが、それが鶏肉のことを呼ぶときに使われるようになったようです。かしわめし、かしわうどんなどはよく耳にしますね。

アメリカとカナダでは昔からチキンスープを飲むと風邪が治るという言い伝えがあります。
風邪予防に今日の夕食はチキンスープなどいかがでしょうか。

長いもは「山のウナギ」

令和2年2月6日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・にしんみぞれ煮・長いもとほたてのバター煮・小松菜の味噌汁・味付けのり

長いもは、疲労回復の効果が期待できる野菜です。
長いもは、野菜の中でも効能、栄養素が優秀と言われています。また、多くのイモ類が焼いたり、蒸したりする食べ方しかできない中、長いもは生で食べることが出来ます。
長いもは「山のウナギ」とも言われて消化促進、風邪の予防になる免疫力向上、便秘解消、冷え性の改善にも効果が期待されると言われます。
特に冬場は積極的に摂るといいと言われています。

パスタ元年

令和2年2月5日 (水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
クリームスパゲッティ・牛乳・ブロツコリーの和え物

今日は久々の真冬日でした。雪もドサッ!と降り、雪掻きで忙しかったでしょう。お疲れ様でした(*^^*)

今日はクリームスパゲッティでしたね、野菜がたくさん入っていてとても美味しかったです。
パスタについて少し紹介しましょう。
日本の人々の好みに合わせて進化してきた国産パスタなのですが、日本でパスタが一般化したのは、イタリアより配合から乾燥までを連続で行う全自動式の本格的製造機が輸入されるようになった昭和30年代以降のこと。
特に、本格的なパスタ製造機導入の契機となった昭和30年は「パスタ元年」といわれています。
その頃の国産パスタは、日本人の味覚や食感の好みに合わせて、複数の小麦粉をブレンドして作られていました。

今では「本場のものより・・・いい」と言われるものまで様々な種類がありますね。
スパゲッティだけでなく、いろいろな形のペンネやコッキーユなどなど。見て、食べて食感も楽しいバリエーションが沢山です。

大根でほっこり♪

令和2年2月4日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・肉豆腐・おかか和え・大根の味噌汁

今日の給食はいかがでしたか?肉豆腐は生揚げに味が染みておいしかったですね。
おかか和えも、もやしとほうれん草がたっぷりでした。どちらもごはんに合いましたね(^^)
そして、大根の味噌汁も、大根と人参がたっぷりで相性抜群の油揚げが入ってとてもおいしかったです。汁の中に、大根の甘みとうまみがたっぷり出ていて・・・ほっこりしました。

大根には多くの品種があり、季節に合った品種が栽培されています。
おおまかに分けると春大根、夏大根、秋冬大根の3つがあります。今が旬の秋冬大根の特徴は、なんといっても煮物に向く品種が多いことです。
繊維がやわらかく、かつ煮崩れしにくい性質があり、たっぷりと水分を含んでいます。年間を通して今が一番、みずみずしくやわらかいです。中心まで火を通した秋冬大根は煮汁の味を吸い込み、口に含むとじゅわっと水分がひろがります(^^)
私が今の時期、一番好きな大根料理は・・・おでんに入ってる大根です♪

節分

令和2年2月3日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
まめパン・牛乳・根菜入りいわしフライ・パック中濃ソース・きゃべつの胡麻サラダ・卵スープ・節分ミックス

2月に入りました。そして久しぶりの雪ですね(^^)積もるかな??

今日は節分ですね。節分といえば「鬼は外、福は内」と言いながら豆まきしましたね。
節分は年に1回だけではなく、実は4回もあるのをご存知ですか?「節分」とは「季節を分ける」という意味があります。季節を分ける日は年4回あり、春夏秋冬それぞれに始まりの日が決められています。
春は「立春」、夏は「立夏」、秋は「立秋」、冬は「立冬」と呼ばれています。この春夏秋冬それぞれが始まる日の前日のことを「節分」というそうです。
節分の豆まきは、もともとは中国から伝わってきた風習で、季節の変わり目には邪気(鬼)が生じると考えられており、その鬼を追い払う儀式として、文武天皇(もんむてんのう)の時代の慶雲3年(706年)に宮中で初めて行われたそうです。
室町時代頃には。冬から春になる時期を一年の境目とし、「立春」は新年を迎えるのと同じくらい大事な日として豆をまいて鬼を追い払う行事として庶民にも定着していきました。(諸説有ります)

今日は豆をまいて、食べて、恵方巻も食べて、1年の無病息災を祈りましょう(^^)
「あれっ、今年はどっちの方角だったっけ?」苦笑
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR