FC2ブログ

日本中で愛されている料理

令和2年10月30日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・餃子・麻婆豆腐・えび団子とビーフンのスープ

今日は、麻婆豆腐についてお話しします。
豆腐を使った中華として、家庭でも手軽に作れるのが麻婆豆腐です。日本でポピュラーになったのは、「料理の鉄人」である陳建一氏の父・建民氏の功績があったといわれています。
そもそも本場の麻婆豆腐はとても辛い料理です。1952年に来日して、東京に店を構えた建民氏ですが、本場と同じ味付けでは受け入れられないと考え、最初は日本人の口に合うように辛さを控えめにして提供したといいます。その味は、辛さのなかにまろやかさがありながら、どこか甘みも感じられるものでした。この味が一度食べたらクセになると評判を呼び、次第に親しまれるようになりました。
さらに、テレビでも取り上げられるようになると、その知名度や味は瞬く間に世間に広がることに。麻婆豆腐は、日本中の家庭で愛される料理となったのです。(諸説あります。)
スポンサーサイト



旬が2回あるアサリ

令和2年10月29日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・鶏肉のアップルソテー・もやしとかまぼこの酢の物・アサリの味噌汁

今日は、アサリについて調べてみました。
アサリは、春と秋に2度旬の時期を迎えます。
春は潮干狩りシーズンである3月頃に旬が始まり、6月頃まで旬の時期が続きます。
秋は9月から10月頃までが旬となっています。
栄養素としては、栄養ドリンクに含まれていることでもおなじみのタウリンには、肝機能の回復効果が期待出来ます。肝臓は神経伝達物質や代謝に関係する成分なので、不眠や日常的なだるさなどの解消が期待出来るといわれています。タウリンと言うと体力回復効果のイメージもありますが、タウリンだけを摂取して効果があるかどうかは、専門家の間でも意見が分かれている様です。
栄養は上手に効果的に摂りたいものです。

昔は高級品だった

令和2年10月28日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
きつねうどん・牛乳・ちくわ磯辺揚げ・アスパラとハムのサラダ

今日は、ちくわについてお話しします。
ちくわの起源は弥生時代とも平安時代とも言われていてはっきりしないのですが、いくつかの室町時代以降の書物に「蒲鉾」(かまぼこ)という名で記されています。これは鉾に見立てた棒にすり身を巻き付けた形状が蒲の穂に似ていたことに由来するとされています。
明治時代以前は白身魚自体が高価な食材でしたので、蒲鉾や竹輪は高級品だったんですよ。
食べ方としては、おでん、筑前煮、煮物、ちらし寿司、うどん、焼きそば、野菜炒め、カレーなどの具として使用されることが多いですね。そして、煮物に使うとよく出汁が出ますね。

今が旬のサンマ

令和2年10月27日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・サンマ炭火焼き・根菜金平・おでん

今日は、サンマについて調べてみました。
サンマにはたくさんの栄養が含まれています。必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質や貧血防止に効果のある鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、また骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンDも多く含んでいます。
また、サンマに付き物の大根おろしには、焼き魚のこげ部分に含まれるとされている発ガン性物質を分解する酵素(アミラーゼ)が含まれており合わせて食べるとまさに一石二鳥ですね。
食べ方も、定番の塩焼きや蒲焼き、煮付け等、色々な調理法がありますね。皆さんの家庭では、どの様にして食べる事が多いですか?

タルタルステーキが起源

令和2年10月26日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
黒食パン・牛乳・照り焼きハンバーグ・キャベツの胡麻サラダ・ポトフ

今日は、ハンバーグについて調べてみました。
ハンバーグの起源は、18世紀頃ドイツの港町ハンブルクで労働者に人気のあったタルタルステーキだと言われています。
日本で一般的な家庭料理となったのは、1950年中頃です。1960年代になりコーヒー、ラーメンなどのインスタント食品が売り出され、1962年工場規模で生産されたインスタントハンバーグが市場に流通しました。1970年チルドハンバーグが売り出されます。
今では、子どもを中心に広い世代に人気のメニューとなっていますね。

地域ごとで違う郷土料理

令和2年10月23日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・チキンカツ(パックソース)・茎わかめの即席漬け・すいとん

今日の献立はすいとんだったので、調べてみました。
すいとんの歴史は古く、室町時代の書物に「水団」が出てくるそうです。また、資料上のすいとんの調理法は移り変わりが激しく、現在のような「水団」になったのは江戸時代後期と言われています。
「すいとん」という呼び名は全国的なものですが、中に入れる具材、出汁が地域ごとに特色があり、料理法も地域ごとに異なるため、厳密には地域によってそれぞれ異なる郷土料理になります。
「ひっつみ」、「みみ」、「ちぎり」、「はっと」、「つめり」、「とってなげ」、「おだんす」など様々な名で呼ばれています。

栄養価の高い野菜

令和2年10月22日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ハヤシライス・牛乳・茹で野菜(パックマヨネーズ)

今日は、ブロッコリーについてお話しします。
ブロッコリーの栄養価は高く、カロリーは低い凄い食べ物なんですよ。特に最近注目の筋トレにブロッコリーの栄養素は最強の味方と言われています。筋トレに欠かせないたんぱく質、免疫力をアップするビタミンC、妊婦さんに必須の葉酸、がん予防とアンチエイジングのスルフォラファン、むくみを解消するカリウム、整腸作用の食物繊維を豊富に含む食材ですね。
食べ方も、色々ありますね。サラダや、グラタン、フライ等にして食べますね。皆さんは、どの様にして食べていますか?

これからが旬の野菜

令和2年10月21日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
醤油ラーメン・牛乳・味付きゆで玉子・アスパラとしめじのソテー

朝と昼の気温差が大きいので、いつも以上に体調管理に気を付けていきましょう。
さて、今日はラーメンに入っていたネギについて調べてみました。
ネギには、主にビタミンC、β-カロテン、カルシウムなどの栄養素が含まれています。 栄養面では青ネギの方が多く含まれていますが、ネギ特有の臭いの原因物質である「アリシン」は白ネギの方に多く含まれています。
そして、ネギを使う料理はたくさんありますが、これから寒くなってくると鍋物に入れて食べたいですね。

意外とタンパク質量の多い豆腐

令和2年10月20日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・肉豆腐・ほうれん草のおかか和え・長芋と絹さやの味噌汁・ふりかけ

今日は、肉豆腐だったので豆腐について調べてみました。
豆腐にはヘルシーなイメージがあり、豆腐サラダのような料理は、サラダなどの副菜を摂る感覚になりやすい傾向にあります。しかし、肉や魚の主菜に加えて、豆腐料理を追加していくと、タンパク質だけでなく、エネルギー量や脂質の摂取量も増えていくことに繋がります。
豆腐100gあたりのタンパク質量は卵1個と同じくらいの量になります。一日に必要なタンパク質量を把握し、肉や魚などのタンパク質を多く含む食材とバランスをみながら食べるようにしましょう。

必須アミノ酸・・・が豊富な食品

令和2年10月19日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
背割りコッペパン・牛乳・ポークウインナー(パックケチャップ)・ポテトサラダ・玉子スープ

今日は、鶏卵、玉子について書いていきます。
玉子はタンパク質だけではなく、ビタミンや、カルシウム、鉄など、私たちの健康を維持するために必要な栄養素が豊富な食品です。そして、玉子の魅力はさまざまな栄養素が含まれていることだけではありません。実は、玉子のタンパク質はただのタンパク質ではなく、「質の良いタンパク質」なのです。
私たちの身体には、食事からとらなければならない9種類のアミノ酸があります。その9種類のアミノ酸のことを「必須アミノ酸」と言います。この「必須アミノ酸」を豊富に含んでいる食品が玉子なんですよ。ただ、コレステロールも含まれているので食べる際には、注意が必要ですよ。

減塩には昆布?

令和2年10月16日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・イワシ煮付け・すき昆布の炒り煮・けんちん汁

今日は、昆布について調べてみました。昆布は「喜ぶ」に通じる縁起物なのはよく知られています。
これは単なる語呂合わせではなく、栄養学的に見ても身体のために大変良い食材だと言われています。
現代の食生活では肉や加工食品を多く摂るようになって、身体が酸性に傾きがちになっている人が増えてきているそうです。
健康体である弱アルカリ性に保つためには、アルカリ性食品の中でもトップクラスの昆布を食べるのが一番!
昆布は理想の健康食品になります。
また、うま味のもととなるアミノ酸・グルタミン酸は塩の量が少なくてもおいしいと感じさせてくれるので美味しく減塩することができるんですよ。

腸内環境を整える効果に期待

令和2年10月15日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
そぼろ丼・牛乳・五目汁・カットりんご

朝晩の気温が下がってきて、秋も深まってきたなぁと思います。
さて、今日はリンゴについてお話しします。
「1日1個のりんごは医者いらず」に限らず、「りんごが赤くなると医者が青くなる」という言い伝えもあるほど、りんごにはたくさんの栄養が含まれています。
水溶性食物繊維の一種であるペクチンが含まれています。水溶性食物繊維は粘性と水分保持が強いのが特徴で、老廃物を包み込んで体の外に排出してくれる働きがあります。そのため、便秘の解消に効果が期待できます。
また、朝に食べるとエネルギーになったり、腸内環境を整える効果が期待されます。

日本発祥ではなかった「天ぷら」

令和2年10月14日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
天ぷらうどん(小女子のかき揚げ)・牛乳・山クラゲの炒り煮・ソフールヨーグルト

今日は、天ぷらうどんの天ぷらについてお話しします。
和食には欠かせない存在となっている天ぷらですが、年々増えている外国人観光客からも「食べたい和食」、「おいしかった和食」の一つとして常に名前があがる人気の料理です。
日本に天ぷらの調理法が伝わったのは室町時代になります。鉄砲の伝来とともに"南蛮料理"としてポルトガルから伝わったとされています。
ポルトガル語の「テンポーラ/四季に行う斎日」が語源という説があり、カトリックでは、四季に行う斎日(テンポーラ)で祈祷と断食を行い、その間は肉食を禁じ、代わりに野菜や魚に小麦粉で衣をつけて揚げた料理を食べていたそうです。

今日は「さつまいもの日」

令和2年10月13日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・肉団子・切干大根サラダ・さつま汁

今日は、さつま汁の具材にあった、さつま芋についてお話しします。
デンプンが豊富で、エネルギー源として適しています。また、ビタミンCや食物繊維を多く含み、加熱してもビタミンCが壊れにくいという特長があります。
食べ方としては、焼き芋や干し芋等が有名ですね。
また、最近では、安納芋や鳴門金時といった品種が人気があるそうです。そして、今日10月13日は「さつまいもの日」になります。

昔から栽培されているカボチャ

令和2年10月12日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
豆パン・牛乳・チーズオムレツ・ブロッコリーの和え物・パンプキンシチュー

今日は、パンプキンシチューだったので・・・カボチャについて調べてみました。
カボチャの栽培し始めた歴史は古くて、8000年から10,000年前に起きたことを示す資料が発見されたそうです。主要な食用植物であるトウモロコシや豆の栽培化よりも、約4000年早かったという事になるんだそうです。
日本への渡来については諸説あるが、ニホンカボチャは天文年間(1532年-1555年)に豊後国(現在の大分県)にポルトガル人がカンボジアから持ち込み、当時の豊後国の大名であった大友義鎮(宗麟)に献上したという説が有力視されています。
そして、カボチャは緑黄色野菜になります。カボチャの栄養素の中には、ウィルスが体に入ってくることを防ぐ効果も期待できるそうなので、これからの時期に食べたい食材ですね。

挽肉のカレー

令和2年10月9日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
キーマカレー(ご飯)・牛乳・リンゴのフルーツヨーグルト和え

今日は、キーマカレーについてお話しします。
挽肉で作るドライカレーは、日本で独自の発展をしているカレーです。挽肉のカレーという点で一種のキーマカレーといえると思います。日本に普及し始めた当時、羊やヤギ肉が手に入りづらかったため鶏肉を使ったキーマカレーが普及したと言われています。
日本で初めて鶏肉を使ったキーマカレーを出したのは、1954年創業のインド料理店アジャンタといわれている。当時日本ではマトン肉が入手しにくく、その代用品としてつくられたようです。

銀色に見えたサラダ

令和2年10月8日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・ポークチャップ・シルバーサラダ・青梗菜の味噌汁

今日は、聞きなれないメニューのシルバーサラダがあったので調べてみました。
春雨(ビーフン)をマヨネーズで味付けを行ったサラダで、出来上がりが銀色に光って見えた事から、この名前がついたと言われています。(諸説あります。)
ちなみに、シルバーサラダに入っていたカニ風味かまぼこは、発売当初はカニと鱈のすり身で作っていたそうですが、現在は海藻を使用して、カニの風味を作っているのでカニは使用していないそうです。

疲労回復に期待

令和2年10月7日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
帆立塩ラーメン・牛乳・牛肉コロッケ・小松菜のアーモンド和え

今日は、帆立についてお話しします。帆立には多くの栄養素が含まれていますが、代表的なものがビタミンB1とタウリンになります。ビタミンB1は糖が代謝され、エネルギーになるのを助けるはたらきが期待されています。
また、ビタミンB1には脳内で神経を伝える物質を正常に保つ効果も期待されています。
そして、栄養ドリンクでよく見かける栄養素のタウリンですが、ホタテをはじめとする貝類やタコ・イカなどの軟体動物に多く含まれています。タウリンをしっかりと摂ることで心臓や肝臓などのはたらきを高めることが期待されています。

世界的に消費量の多い魚

令和2年10月6日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・サバ生姜煮・ふきの油炒め・キャベツの味噌汁

今日は、サバについて調べてみました。
マグロやアジ等と並んで世界的に消費量の多い魚になります。日本では焼き魚、煮魚(鯖味噌など)、寿司(鯖寿司、焼きサバ寿司)、〆鯖(しめさば)、なれ鮨等として多く食べられる他、めんつゆの原料など加工用途としての需要も高い魚です。
生食は寄生虫や食中毒の問題がありタブーとされていますが、関さばや葉山の根付きさばといったブランド鯖や、生育管理された養殖鯖(長崎ハーブ鯖など)で、取れたてのものは、〆鯖ではない刺身でも食べられる。
生食できることやブランド鯖であることを売り物にする産地や漁業者も拡大傾向にあるんですよ。

縁起の良いとされる野菜

令和2年10月5日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
食パン(チョコレートパテ)・牛乳・若鶏のピカタ・蓮根サラダ・きのこスープ

今日は、蓮根について調べてみました。
ビタミンCが非常に豊富で、疲労回復、かぜの予防、ガン予防、老化防止に効果があるとされています。レンコンのアクにはポリフェノール類が含まれています。なので、切り口が茶色く変色します。
でも、このポリフェノールには、消炎止血作用があり、胃潰瘍や十二指腸潰になった時、下血や喀血を止める効果があるそうです。
日本では「先を見通す」ことに通じて縁起が良いとされ、正月のおせち料理の定番ですね。

秋の魚の代表格

令和2年10月2日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・サンマおかか煮・長芋と豚肉の生姜味噌焼き・わかめの味噌汁

今日は、サンマについてお話しします。
秋のサンマは脂肪分が多く独特の風味のある美味であり、特に塩焼きは日本の「秋の味覚」の代表のひとつですね。日本では、塩焼きにしてカボスや、スダチ、ユズ、レモン、ライムなどの搾り汁やポン酢、醤油などをかけ、大根おろしを添えて食べることが多いと思います。
また、必須アミノ酸をバランスよく含んだ良質のタンパク質や貧血防止に効果のある 鉄分、粘膜を丈夫にするビタミンA、骨や歯の健康に欠かせないカルシウムとその吸収を助けるビタミンDも多く含んでいる魚なんですよ。

今夜はお月見

令和2年10月1日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
若菜ご飯・牛乳・スコッチエッグ(パックケチャップ)・海藻サラダ・いものこ汁・お月見デザート

今日は、いものこ汁に入っていたコンニャクについてお話しします。
こんにゃくはカロリーが低く、食物繊維が多く含まれており、昔から「おなかの砂おろし」や「胃のほうき」などといわれ、健康にも役立つ食品として食べられていますね。また、食べ応えのある食感、更には水を吸って膨らんだ食物繊維のお陰で満腹感がありますね。

そして、今夜は十五夜ですね。夏が過ぎ、涼しくなり始めたこの時期に、満月の夜を見て楽しむのは、日本の秋の風物詩ともいえます。今日は、お月様に秋の収穫を感謝しましょう。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR