FC2ブログ

加熱調理に強いジャガイモ

令和2年11月30日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
豆パン・牛乳・ボロニアステーキ・春雨サラダ・ホタテと白菜のクリーム煮

今日は、ホタテと白菜のクリーム煮に入っていたジャガイモについて調べてみました。
ジャガイモはビタミンCやビタミンB2、ビタミンB6、食物繊維のほかに、過剰な塩分を排出するカリウムも豊富に含んでいます。
ジャガイモはイモ類の中でも最も多くビタミンCを含み、さらに加熱調理でも減少しないのが特徴です。これはビタミンCがでんぷんにガードされているため、加熱時にビタミンCを包み込んで逃さないためです。
特に皮ごと切らずに茹でるとビタミンCの損失を防ぐことができます。
ジャガイモを買う時には皮がなめらかで傷がなく、ふっくらとして重量感のあるものが良いとされています。表面にしわが寄っていたり、芽が出ているものや緑色に変色しているものは避ける方がいいと思います。
スポンサーサイト



昔から食べられていたかまぼこ

令和2年11月27日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・鶏唐揚げ・味噌金平・和風コンソメスープ

今日は、和風コンソメスープに入っていた、かまぼこについてお話しします。
諸説あるのですが、かまぼこの起源は古く、西暦260年頃とされています。魚の身をすりつぶしたものを槍の矛先につけ、焼いて食べたことが始まりと言われています。形が蒲(ガマ)の穂に似ていたことから、「蒲穂子」が訛って、『かまぼこ』になったとされています。
また、矛先で焼いたため、「蒲鉾」になったとも伝えられ、その原形は現在の『ちくわ』に似ていたと言われています。

意外と糖質が多いゴボウ

令和2年11月26日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・サンマおかか煮・炒り豆腐・根菜の味噌汁

今日は、味噌汁の具材にあったゴボウについてお話しします。
きんぴらや野菜の炊き合わせでおなじみのごぼうは、食物繊維やポリフェノールなど、現代人に不足しがちな栄養素を豊富に含んだヘルシー野菜の代表に思われている方も多いでしょうが、実は糖質は野菜の中でも多い部類になります。
しかし、他の野菜に比べて、ごぼうは不溶性食物繊維もバランスよく含んでいます。
調理する際には、β-カロテンが多いにんじんやビタミン豊富なブロッコリーなどの緑黄色野菜と併せることで栄養バランスがよくなり、ゴマでカルシウムとビタミンEを補えばさらに理想的です。

ミネラルたっぷりな海藻類

令和2年11月25日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ミートソーススパゲッティ・牛乳・海藻サラダ

今日は、海藻について書いていきます。
海藻類に含まれている主な栄養成分は、ミネラルと水溶性食物繊維です
。ヒジキ、海苔、昆布、ワカメなどは鉄を、ヒジキ、海苔、昆布、ワカメ、あおさなどはカルシウムを多く含んでいます。鉄とカルシウムの吸収をよくするには、たんぱく質とビタミンCが必要だといわれています。
また、水溶性食物繊維には、血糖値や血圧の上昇を抑え、血中コレステロール値を下げる働きが期待されています。ただし、昆布、ヒジキ、ワカメ、もずくに多いミネラルにヨウ素が含まれています。
ヨウ素を摂り過ぎるとホルモンの分泌が悪くなる恐れがあります。でも、健康な人が日常的に食べる量ならば心配はいらないとされています。

豚汁の美味しい季節

令和2年11月24日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳・平つくね・ふきの油炒め・豚汁

今日は、豚汁について調べてみました。
昔の日本では「肉食禁止令」が出されていた為、豚汁の歴史は古くないと言われています。そして、豚汁のルーツは諸説あります。けんちん汁に肉を入れたという説。ぼたん鍋を参考にしたという説。北海道の開拓を行った屯田兵が食べた「屯田兵の汁」を「屯汁」と呼ぶようになったという説。など様々な説があります。
寒い日に、食べる豚汁は普段よりも美味しく感じますよね。また、普段の豚汁で物足りない場合には、具材をゴマ油で炒めたり、牛乳を加えて洋風にしたりリメイクしたりして食べるのもいいですね。

栄養たっぷり長芋

令和2年11月20日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・サバ味噌煮・長芋と豚肉のバター煮・小松菜の味噌汁・あおもりぷりん

今日は、長芋について調べてみました。
長芋は、意外と知られていませんが、あのネバネバには栄養もたっぷり含まれているんですよ。長芋には、たんぱく質やミネラル、ビタミンB群、ビタミンCなどが豊富に含まれています。
また、長芋のネバネバには胃の粘膜を正常に保つ作用があるんですよ。さらに、消化酵素のジアスターゼのほか、アミラーゼなど多くの消化酵素を含みます。食物の消化を助け、疲れた胃腸をいたわる効果が期待されています。

栄養価の高いほうれん草

令和2年11月19日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・豚生姜焼き・ほうれん草の胡麻和え・味噌けんちん汁

今日は、ほうれん草について書いていきます。
ほうれん草はビタミン類、ミネラルなどどれをとっても非常に栄養価が高い緑黄色野菜になります。ほうれん草は小松菜などと同じように、葉の緑が濃く鮮やかで、シャキッと元気なもの、厚みがあるものを選ぶようにしましょう。
また、根の付け根部分がふっくらとしている物の方が甘味があって美味しいです。ほうれん草は乾燥に弱いので濡れた新聞紙などでくるみ、袋に入れて冷蔵庫の野菜庫で保存します。
その際、なるべく本来あった状態、根の部分を下にして立てて入れておくようにした方がもちがよく、茎が曲がりにくくなります。

最近は、ご当地ラーメンが人気

令和2年11月18日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
五目あんかけラーメン・牛乳・エビ焼売・棒棒鶏

今日は、ラーメンについて調べてみました。
ラーメンは中華料理の麺料理がルーツとなった食べ物です。明治時代になってから、東京の浅草に中華料理店ができ始めて、そこから全国的に広まったとされています。当時は志那そばや南蛮そばと呼ばれていました。そして、現在では様々なアレンジが加えられ、日本独自の麺料理として進化していきました。
今では、札幌ラーメンや、家系ラーメン、富山ブラック等の、ご当地ラーメンの人気が凄いですよね。コロナが収束したら、食べ歩きしてみたいですね。

ミネラル豊富なナメコ

令和2年11月17日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・ほたてフライ(パックソース)・筑前煮・ナメコ汁

今日は、ナメコについて調べてみました。
ナメコには、ビタミンB群や葉酸のほか、多くのミネラルが含まれています。各栄養素の含有量はあまり多くはありませんが、これ1つで手軽にさまざまな栄養を補えます。天然のナメコの旬は今の季節になります。
食べ方は、和え物や汁物に食べる事が多いですね。ナメコは、メインのおかずにはなりにくいものの、あと一品ほしい!というときに手軽に献立にプラスできる頼もしい食材ですね。日頃の健康を手軽にサポートしてくれるので、普段のおかずに積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

カリウムを摂取するなら

令和2年11月16日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
バンズパン・牛乳・照焼ハンバーグ・玉子サラダ・ジャーマンスープ・カットりんご

今日は、りんごについてお話しします。
りんごに豊富に含まれるカリウムは、高血圧などの原因となるナトリウム(塩分)を輩出する働きをします。 カリウムは野菜にも含まれていますが、茹でるなどの加熱調理によりかなりの量が流出してしまいます。
しかし、りんごは生で食べられるので、効率的にカリウムを摂取することができます。カリウムは、体内の余分な塩分を外に排出してくれる作用があるため、普段の食生活で塩分の摂りすぎが気になる方には特に意識して摂取したい成分になります。
りんごは今が旬なので、ぜひ、食べたい食材ですね。

栄養満点の野菜

令和2年11月13日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・さけ塩焼き・小松菜のアーモンド和え・さつま汁

今日は、小松菜について調べてみました。
小松菜は野菜でもトップクラスの栄養素をもっていて、特にカルシウムや鉄分、ビタミン類などが豊富に含まれています。育ち盛りのお子様や骨を丈夫にしたい方にピッタリの野菜ですね(^O^)/アクが少ないのでそのまま炒めたり茹でたりできるのも魅力です。お店で買う時は葉っぱが鮮やかな緑色で肉厚なもの、根元の張りがしっかりしているものが新鮮で美味しいですよ。
ちなみに、「小松菜」という名前は江戸時代、東京の小松川村(現在の江戸川区小松川地区)で多く栽培されていたことからこの名前が付けられました。

味噌は医者いらず

令和2年11月12日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・タコミート・コールスローサラダ・大根の味噌汁

今日は、味噌について書いていきます。
大豆をこうじで発酵・熟成させることで、栄養価も風味もよりアップした味噌は、最近ではお通じ改善のほか、美肌作用、骨を強くするなど、健康や美容、アンチエイジングへの効果期待されるようになってきました。
1300年もの長い間、日本人の食生活を支えてきた味噌。「味噌は医者いらず」といわれてきました。
その健康効果のもとになるのが、発酵過程でできる豊富な栄養素と言われています。味噌は大豆の成分がこうじの発酵・酵素作用によって分解されて、大豆にはないまたは、少量しかない遊離必須アミノ酸やビタミン類が多量に生成され、うまみや甘みのもととなります。

毎日、食べたい鶏肉

令和2年11月11日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
山菜うどん・牛乳・チキンちぎり揚げ・もやしとハムの酢の物

今日は、鶏肉についてお話しします。
鶏肉に含まれる栄養の中でも特に注目すべき栄養素が「たんぱく質」になります。たんぱく質は皮膚や筋肉、爪や髪など身体のあらゆる組織を形成するのに欠かせません。
これら以外にも酵素やホルモン、免疫力を高める抗体を生成する役割も持っています。健康を維持するうえで、毎日欠かさず摂取したい栄養素なんです。
また、たんぱく質を構成するアミノ酸の中には体内では作られない「必須アミノ酸」が含まれており、鶏肉にはこの必須アミノ酸がバランスよく含まれています。

赤いダイヤ

令和2年11月10日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・いか天ぷら(パック醤油)・子和え・キャベツの味噌汁

今日は、タラコについて書いていきます。
タラコは、タラの卵巣(魚卵)、およびそれを加工した食品です。広義にはマダラ(真鱈)も含みますが、一般にタラコと呼ばれるものは、スケトウダラ(スケソウダラ)の卵巣を塩漬けにしたものを指すことが多いですね。
日本国内の主な産地は北海道などになります。
食べ方としては、おにぎりの具材やお茶漬けの具、あるいはイカと和えて酒のツマミとしたりなど、和食全般にわたり使用されていますね。別名赤いダイヤとも呼ばれているんですよ。

ソーセージの一種

令和2年11月9日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ねじりパン・牛乳・若鶏のピカタ・ジャーマンポテト・野菜スープ

最近、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。空気も乾燥してきますので、体調管理に気を付けていきましょう。
今日は、ジャーマンポテトに入っていたウインナーについて調べてみました。
「ウインナー」は「ソーセージ」の一種です。ソーセージは原料や製法によって千以上の種類があります。
畜肉(豚肉・牛肉など)を細切りにし、香辛料と練り合わせ、ケーシング(薄い膜状の袋)に詰めた食肉加工品を一般にソーセージと呼んでいます。
「ウインナー」は豚肉と牛肉を塩漬けしたものに香辛料を加えて練り合わせ、ケーシング(羊などの腸)に充てんした後、燻煙・ボイルしたもので、オーストリアのウイーンが発祥地のソーセージなんですよ。

本来は薬膳料理

令和2年11月6日(金曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
甘口カレー(ご飯)・牛乳・杏仁豆腐

今日は、杏仁豆腐について書いていきます。
本来は薬膳料理であるという説があります。
喘息・乾性咳嗽の治療薬であるアンズ類の種(杏仁(きょうにん)、中国語では「シンレン(xìngrén)」)の中の「仁(じん)」を粉末にしたもの(杏仁霜)をその苦味を消すために甘くして服用しやすくした料理になります。
しかし日本では、完全な嗜好品であるため、杏仁を使っていないものが多いんですよ。
また、杏仁には薬品用の苦みの強い苦杏仁と食品用の苦みの弱い甜杏仁があり、杏仁豆腐に使用されるのは後者になります。現在、日本で杏仁豆腐として売られているものはアーモンドの粉から作られる。アーモンドと香りが似ているため、スーパーで売られている杏仁豆腐にはアーモンドエッセンスがかかってる物が多いようです。

明治天皇が食べたのがきっかけに

令和2年11月5日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ご飯・牛乳・五目厚焼玉子・茎わかめソテー・すき焼き風煮

今日は、すき焼きについて調べてみました。
すき焼きの歴史は意外に浅く、江戸時代末期頃に誕生しました。明治に入るまで、日本では肉食が公的に禁じられていたからです。牛や馬は大切な労働力であったため食べるとバチがあたると信じられていたようです。
明治天皇が牛肉を食べた事がきっかけで一般人にも牛肉を食す事が解禁され、関西地方では「すき焼き」関東地方では「牛鍋」が庶民の間で大流行したとされています。
すき焼きは、関東と関西で調理法が異なりますが、溶き卵をつけることは共通しているようです。

「つくね」と「つみれ」の違い

令和2年11月4日(水曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
味噌ラーメン・牛乳・鶏つくね・もやしのナムル

今日は、つくねについて書いていきます。
つくねとは「つくねる」という言葉が元となっており、手でこねて丸める、また固めるという意味があります。つまり、具材に調味料と卵や片栗粉などのつなぎを加え、手でこねて丸めたら「つくね」なんです。
鶏肉が一番主流ですが、まれに魚肉が使われることもあり、具材は何でも良いんですよ。
そして、「つくね」と間違えやすい「つみれ」とは、「つみいれる」という動詞からきています。江戸時代にはすでに作られていた歴史のある食べ物です。 生地を手でこねて、しっかりと混ぜるところまではつくねと同じですが、その生地をスプーンや手でひと口大の大きさにすくい取って、鍋に入れるものが「つみれ」になります。
調理過程も大事なのです。笑

腸内環境を整える飲み物

令和2年11月2日(月曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
揚げパン・牛乳・ウインナーソテー・ごま豆乳スープ・みかんゼリー

今日は、豆乳について調べてみました。
豆乳には乳酸菌のエサとなるオリゴ糖が含まれているので、腸内の乳酸菌が増えて、腸内環境が整うことで便秘が解消される効果が期待されています。 便秘が解消されれば、ぽっこりお腹も引っ込みます。 栄養素の吸収が良くなり、代謝も上がりダイエットに繋がります。
また、豆乳に含まれるたんぱく質を摂ることで筋肉が増えれば、基礎代謝量も上がります。豆乳を飲む時間は特に決まっていませんが、食事前に飲むことで満腹中枢を刺激し、食べ過ぎの防止になります。
そして、無調整豆乳の方が大豆由来の成分が濃いのでオススメです。
プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR