FC2ブログ

つくね と つみれ

平成29年4月18日(火曜日)

ほうれん草入り厚焼き玉子・肉じゃが・つみれ入りちゃんこ汁・ふりかけ・ごはん・牛乳

新学期がスタートして、1週間がすぎましたが、児童、生徒のみなさんは学校生活に慣れましたか?美味しく、楽しく給食を食べていますか?
青森でも桜開花宣言しましたね。下北地方は、あと1週間位したらでしょうか?

今日は、ごはんの日で和食献立でした。
「つみれいりちゃんこ汁」は、豆腐、白菜、人参、シメジ、ねぎ、つみれの塩味の汁物でした。野菜がたくさんはいっておいしいかったです。

ところで、焼き鳥の「つくね」、鍋物に入れる「つみれ」。
どちらも同じ肉団子ですが、その違いはどこにあるかわかりますか?鶏肉や豚肉のひき肉で作った肉団子がつくねで、魚のすり身で作った肉団子がつみれだと思っている人も多いのではないでしょうか。
つくねとつみれの違いは、具材によるものではなく、その作り方にあります。つくねの語源となっているのは「つくねる」という語源で、これは手でこねて丸めるという意味です。つまり、ひき肉や魚のすり身に調味料やつなぎを入れた生地を手でこねて混ぜ、団子状に丸めたものが、つくねです。
一方、つみれは「つみいれる」というが語源からきています。
ひき肉やすり身を手でこねてよく混ぜるのはつくねと同じですが、その生地を適当な大きさにして丸めるのではなく、生地のかたまりから手やスプーンなどで一口大の大きさにつみ取って、そのまま煮汁や鍋に入れて調理します。この生地を「つみいれる」という作り方が、「つみれ」の名の由来になっているそうです。
つくねはこねてからしっかり形を作って固めるので、焼くことはもちろん、揚げたり、蒸したり、さまざまな調理の仕方で食べることができますし、もちろん汁物の具や鍋に入れることもできます。焼き鳥などの串料理によく使われるので、つくねは鶏肉というイメージを持っている人は多いのではないでしょうか。
一方のつみれは、その調理方法からおでんや汁物、鍋に使われることがほとんど。アジやイワシを使うことが多いので、つみれは魚肉を使った肉団子というイメージができてしまったのかもしれませんね。しかし、魚肉を使ったつくねも鶏肉を使ったつみれもあります。つくねとつみれは具材ではなく、作り方で分類されます。

余談ですが私は焼き鳥のつくねが大好きです(*^_^*)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR