FC2ブログ

庶民の味 すいとん

平成30年6月21日
すいとん
ごはん・牛乳・いか天ぷら・パック醤油・きゅうりの酢の物・すいとん

今日は、すいとんについてお話しします。
給食ではおなじみのすいとんですが、古くは室町時代からあったと言われています。
「水団」と漢字で書くように小麦粉を水で練って団子状にしたものを茹でて食べます。この小麦粉で作るすいとんは、江戸時代から出始めたようで、すいとん専門の屋台や料理店があり、庶民の味として親しまれていたようです。今で言うところのラーメンに近いイメージでしょうかね。

食糧難のときに主食として活躍することもあったようです。
特に第二次世界大戦末期から終戦にかけては米の代用食として小麦粉に大豆粉やとうもろこし粉などを混ぜたすいとんに似せた料理を食べたそうです。当時は食材が足りなかったため、出汁もとれず、味付けもできず、野菜や肉などの具材も入ることはなかったようです。
体験談として語られている中には、「すいとん団子の中まで火が通らず生煮えでも食べなければいけなかった。」というものもあるそうで、今の時代では考えられないような食事風景だったのでしょうね。
今日の給食のすいとんは具材もたっぷり入り、味付けもしっかりとついたおいしいすいとんでした!
今では、日本全国さまざまな地域で味付けや具材の違うすいとんが郷土料理として食べられているそうです。みなさんのおうちのすいとんはどんなすいとんでしょうか。こういった各家庭の味を大切にしていきたいですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR