FC2ブログ

女房

平成31年2月14日(木曜日)

※写真は中学校の規定量で盛り付けをしています。
牛乳・ごはん・にしんの照り煮・茎わかめの即席漬け・おでん

今日みたいな寒い日は、おでんはとっても温まりましたね~。
おでんの起源は「田楽(でんがく)」料理にあるそうです。田楽はもともと豊作などを願う踊りや舞から生まれた伝統芸能のひとつです。田楽の中の「高足」と呼ばれる、1本足の竹馬に乗って踊る舞があり、これが竹串に豆腐やイモ、大根などを刺す料理に似ていることから、この料理を「田楽」と言うようになったそうです。
田楽は、竹串に刺した食べ物に味噌を塗って焼きますが、時代が経ち、いろいろなところに広まるにつれて変わっていきます。
具材に様々な食べ物が取り入れられ、煮込むようになったものも田楽と呼ばれました。
この田楽が女房言葉で接頭語の「お」がついて「おでん」となったそうです。

味付けも味噌仕立てだったのが、出汁としょうゆで煮込んだ味付けのものもでてきました。
はじめは関東煮(かんとうに、かんそうだき)と呼ばれていて、おでんの形として一般的なものになっていきました。
しかし、地方によっては色々なおでんが存在しています。
いろんな工夫ができるのがおでんの特徴ですね(^^)

ちなみに女房言葉とは、室町時代初期頃から宮中や院に仕える女房が使い始めた言葉だそうです。語頭に「お」をつけて丁寧さを表したりしたそうです。おにぎり、おはぎ、おからなども女房言葉からきているそうです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR