FC2ブログ

さつまいもと大学

平成24年12月12日(水曜日)

きつねうどん・大学芋・キャベツのツナあえ

今日の「大学芋」は甘くておいしかったですね。
「大学芋」の名前の由来(ゆらい)は、色々とあるようですが、その中でも有力(ゆうりょく)なのが、昭和の初め、日本が不況(ふきょう)だった頃、東大生が学費(がくひ)などのために中国から伝わっていた、さつまいもを「大学芋」として売ったそうです。
それが当時の大学生の間で大ブレイクしてその後、「大学芋」と名付けられたという話があります。

なぜ大ブレイクしたのでしょう…それは「大学芋」の栄養に秘密があるようです。

「大学芋」は油で揚げているので、エネルギー(カロリー)が高く、当時は貴重品(きちょうひん)だった砂糖をからめているので、糖分(とうぶん)も豊富(ほうふ)です。
おまけに、ごまには食物繊維(しょくもつせんい)やタンパク質なども含まれ、焼きいもと比べると、約3倍の栄養価(えいようか)を取ることができます。
そのため、当時の大学生たちは、主食であった芋をよりおいしく食べることができたのです。

ちなみに大陸原産のサツマイモは、琉球王朝(今の沖縄)から鹿児島に伝わり日本に広まりましたとさっ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR