FC2ブログ

冬至のなんきん

平成24年12月21日(金曜日)

パンプキン食パン・ほうれんそうオムレツ・海草サラダ・コーンポタージュ

今日のパンプキン食パンは、ふわふわしておいしかったですね。

さて、今日は「冬至(とうじ)」です。
日本では冬至になるとかぼちゃを食べる風習があります。
『冬至にかぼちゃを食べると風邪をひかない』と昔から言われていますが、冬至の日になぜかぼちゃなのでしょう。そもそもかぼちゃは、夏が旬の野菜のはず…。
それには昔の人のさまざま思いと知恵が詰まっています。
現在では季節の旬に関係なく、色んな野菜が流通していますが、今と違い昔の冬は野菜が不足する季節です。
そんな季節に、かぼちゃは夏に収穫されてからも保存が効く野菜だったので重宝(ちょうほう)されていました。かぼちゃには、カロチンやビタミンE、Cなどが豊富(ほうふ)に含まれ、風邪予防にも効果的で栄養たっぷりです。
気温の低い冬は、風邪以外にもさまざまな病気が蔓延(まんえん:ひろがること)する季節なので、冬至にかぼちゃを食べて、冬を健康に過ごす、というのは理にかなっているわけですね。
また、冬至には、かぼちゃだけに限らず、“ん”のつくものを食べると、幸運を招くと言われています。
かぼちゃは、“南瓜:なんきん”とも呼ばれているので、“ん”が二つもつくことから、縁起(えんぎ)のよい食べ物とされていたそうです。
そういった事柄から、冬至の日にはかぼちゃを食べて、健康や幸運を祈願(きがん)していたということですね。

今日で2学期の給食も終わりです。
冬休みも元気に過ごしましょう!
…また冬休み明けからの給食をお楽しみに!

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR