FC2ブログ

山のクラゲ

令和2年2月18日(火曜日)

※写真は中学校の規定量で盛りつけをしています。
ごはん・牛乳(写真を撮り忘れてしまいました…申し訳ありません。)・納豆・山クラゲ炒り煮・おでん

ここ数日は雪の天気が続いていますね。寒暖差もあるので体調管理には気をつけましょうね(^^)

山クラゲは、コリコリとした食感が魅力的なちょっと珍しい食べ物ですよね。
山クラゲはステムレタスという茎レタスの仲間です。最近は中国産が多く出回っていたりしますが、日本の生産地は埼玉県、山形県、青森県と限られており、生産量もごくわずかだそうです。

茎の部分は収穫するまで土の中に隠れており、食感はアスパラのようにシャキシャキとした歯ごたえがあります。このステムレタスを乾燥させたものを「山クラゲ」と呼ぶそうです。「山クラゲ」の他には「皇帝菜」などと呼ばれることもあるようです。はるか昔、清王朝の時代、中国ではステムレタスは皇帝に献上するような希少価値の高い野菜だったようです。
ステムレタスを乾燥させる際、繊維に沿って細長くカットしてから乾燥させます。
一説によるとその見た目がクラゲを乾燥させる工程に似ていることから「山クラゲ」と言われるようになったとされています。
また、一説には、歯ごたえそのものが海のクラゲに似ていることからそう呼ばれるようになったとも言われています。(諸説あるようです。^0^)
・・・とは言え、海で水揚げされるクラゲではなく畑や山間部で作られるため「山」をつけて「山クラゲ」になった説が有力です。
いろいろ調べてみると、おもしろいですね(^^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR