FC2ブログ

きりたんぽは保存食

平成25年2月25日(月曜日)

ねぎたまやき・ほうれん草のごま和え・きりたんぽ・ごはん・牛乳

今日の「きりたんぽ」は秋田県の郷土料理です。
きりたんぽはつぶしたご飯をちくわのように杉の棒に巻き付けて焼き、棒から外して食べやすく切った食べ物です。鍋以外にも、味噌を付けて焼いたりしても食べられます。
元々は雪深い地域の保存食でした。

きりたんぽ汁は、鶏のガラでとっただし汁に、こいくちしょうゆ、酒と砂糖(またはみりん)でしょうゆベースのスープを作り、煮えにくい順にゴボウ、マイタケ、鶏肉を並べ中火で煮立てます。きりたんぽとネギを入れ、味が染みる直前でセリを入れ、セリに火が通ったら完成です。
基本的に鶏ベースのキリっとしたしょうゆスープで比内地鶏が有名ですね。
具材は、基本はゴボウ、鶏肉、マイタケ、ネギ、たんぽ、セリの6種類です。
秋田では、セリは根っこのひげの部分まで食べます。
セリの根っこは甘くておいしいですよ。(スーパーでも普通に売られています)
お家でセリを根っこまで食べるときは、よく洗ってから使ってくださいね。きんぴらなどにしてもシャキシャキしておいしいです。

ちなみに、セリは、鉄、食物繊維(しょくもつせんい)を含み、貧血や便秘に効果があると言われています。香りの元となっている精油成分には、保温効果や発汗作用があって、冷え性に効果があると言われています。
ビタミンCも含んでいて、カゼに有効です。

スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR