FC2ブログ

真っ赤なトマト

平成25年6月28日(金曜日)

豚ローストマトソース煮・ブロッコリーサラダ・コンソメスープ・ねじりパン・牛乳

今日の「豚ローストマトソース煮」は肉にトマトの味が染み込んでおいしかったですね。

さて、今日はトマトのお話です。
まさに今が旬のトマト。6月~9月がもっともおいしい時期とされています。
スーパーでも、真っ赤に熟れたおいしそうなトマトがたくさん並ぶ時期になりましたね!みなさんは、トマトは好きかな?(^ー^)

トマトは南米原産で、日本には江戸時代に観賞用として伝わったのがはじまりだそうです。
食用として、本格的に市場に出まわったのは昭和の時代になってからだとか…。
大玉トマトや中玉トマト、ミニトマト、小さめで甘みの強いフルーツトマトなど、さまざまな品種があって、
今では食卓にかかせない野菜になっています。

「トマトが赤くなると医者は青くなる」とことわざがあるように、トマトには、ビタミンA、Cのほかにも栄養がたくさんつまっています。特に注目なのが、トマトの赤い色を作り出す「リコピン」という色素。
「リコピン」はカロテノイド(植物由来の色素成分)の一種で、熱に強く、油に溶けやすい性質があります。
「リコピン」には抗酸化作用があって、がんや動脈硬化の予防が期待されています。油と一緒にとることで体内への吸収量がアップするので、炒めものなどで効率よく栄養をとるのがおすすめです。

※「トマトが赤くなると医者は青くなる」…イタリアのことわざで、トマトは完熟期になると、大病の原因となる活性酸素を除去する「リコピン」や「ビタミン」「ミネラル」が大幅に増加します。つまり、医者いらずと言いたくなるほど栄養価の高い健康野菜なのです。


スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR