FC2ブログ

ニシン来たかとカモメに問えばぁ

平成25年10月21日(月曜日)
001_convert_20131021123541.jpg
ごはん・牛乳・にしん照り煮・ながいもサラダ・生揚げのみそ汁

今日の「にしん」は、あぶらがのっていてとても美味しかったですね。
「にしん」の魚体は細長く、体長は30~35㎝位、背側は青黒色、腹側は銀白色で、身は柔らかくて甘くあぶらがのり、色々な食べ方があります。
塩焼き、フライ、マリネ、身欠きにしんや、くんせい、昆布巻きの加工品、数の子などがあります。

「にしん」は明治末期から大正時代、特に北海道沿岸の日本海側に産卵のため現われました。
最盛期には100万トン近くの漁獲高があり、北海道では、「にしん漁」で財を成した漁師の「にしん御殿」などがたちならぶほどだったそうです。
昭和30年以降、日本国内での水揚げは100トン位まで激減し、今では、ほとんどの「ニシン」は、カナダ、ロシアの輸入品です。日本近海での激減は、乱獲が原因と考えられています。ニシンはすでに「高級魚」なのです。

「ニシン」に限らず、「取る漁業」から「育てる漁業」に変わってきています。養殖もこれからの漁業にはとても重要になってくるようですね。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR