FC2ブログ

ビーフンのこと

6月29日(金)



コッペパン・牛乳・チョコレート・プレーンオムレツ・チキンマリネ・ミートボールスープ


今日の給食のミートボールスープには、ミートボールや野菜のほかにビーフンが入っています。
給食で出しているスープには、今日のようにビーフンが入っていたり、春雨(はるさめ)が入っているスープもあります。
ビーフンと春雨(はるさめ)の違いは原材料(げんざいりょう)です。
ビーフンは『うるち米』が原料(げんりょう)になっています。もともとは中国や台湾で食べられていたものが日本に伝わりました。
中国語ではビーフンを『米粉』と表記(ひょうき)するそうです。
一方、春雨は『緑豆(りょくとう)』や『ジャガイモ、さつまいも』が原料(げんりょう)です。春雨も中国から伝わりました。
調理法(ちょうりほう)にもよりますが、春雨(はるさめ)の方がビーフンよりも歯ごたえや弾力(だんりょく)がありますね。


オムレツはどこの名物料理(めいぶつりょうり)か?

フランスにある世界遺産のモンサンミッチェルで巡礼者(おまいりにくるひとびと)に出したのが始まりとされています。
現地では『スフレーヌ』と呼ばれています。スフレのようにふわふわな卵料理だからだそうです。
その昔、この教会は人里から離れたところにあるので食べ物の確保に不自由をしていました。
ごうかな食べ物は海からの恵みぐらいでした。
玉子も貴重(きちょう)な食べ物でしたが、わざわざ遠くまで巡礼してくれる人々をもてなそうと思いオムレツを作ったそうです。
しかし、たくさんの玉子を使うわけにも行かないのでどうすれば大きく見えるかを考えたところ、たくさん空気を入れながらホイップくりーむのように30分くらいもかけてかき混ぜてふわふわオムレツが完成しました。
今ではオマールエビなどを入れて観光客(かんこうきゃく)に食べさせているようですが、始まりは実に質素(しっそ)だったそうです。

良い評判(ひょうばん)も悪い評判もありますがインターネットで調べてみるのもおもしろいですよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR