FC2ブログ

メンマができるまで

平成26年12月10日(水曜日)

しょうゆラーメン・野菜餃子・大根サラダ・牛乳

今日は麺の日、「しょうゆラーメン」でした。
ラーメンといえば色々なトッピングがありますが、しょうゆラーメンに欠かせない食材の一つとして「メンマ」があります。
そこで今日はメンマが出来上がるまでについて探ってみましょう。

7月から9月頃にかけて、1年間で120cmくらいに成長した麻竹を採取します。
硬い節を取り除き輪切りにしますが、120cmの麻竹には節が3〜4ヵ所くらいあるので、1本の竹からわずか3〜4枚のメンマの原料しかできません。

輪切りにしたメンマの原料を3〜4時間蒸し煮にします。
そして、1ヵ月間以上発酵させます。発酵によって天然の甘味と酸味が生まれ、保存性も高まります。乳酸菌のはたらきにより雑菌を完全に死滅することができるそうです。
発酵した後の行程として3〜4日間、天日で乾燥させます(水分25〜30%が仕上がりの目安だそうです)。
乾燥メンマを商品の規格に合わせて裁断していきます。

加工する際に、24時間かけて釜で戻します。ここでメンマのコリコリした歯ごたえが決まります。
水煮商品はそのまま、味付け商品は味付けしてからパッケージします。『穂先メンマや極細、極太メンマなど
メンマとして商品になるまで結構手間のかかる物なんですね。』
気軽に買っているメンマですが、時間と手間がかかっていますね。簡単おつまみのメンマソテーもおいしいです。今日はメンマができるまでの話でした。

メンマに関する関連情報は当年9月3日にもありますよ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR