FC2ブログ

節分の鰯と恵方巻き

平成27年2月3日(火曜日)

ごはん・いわしのみぞれ煮・肉だんご汁・牛乳・節分ミックス

今日は節分ですね。献立も「いわしのみぞれ煮」、「節分ミックス豆」でした。
みなさんは節分に豆まきをして「恵方巻き」を食べていますか?
鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼び込もうというわけです。恵方巻き以外に節分で食べるものは「いわし」が有名ですよね。なぜいわしなんでしょうか?

昔から臭いのきついものやとっがたものを厄払いに用います。そこで、鬼の嫌いなものは「臭いいわしの頭」と「痛い柊(ひいらぎ)のトゲ」とされ、いわしの頭を焼いて柊の枝に刺し、それを家の戸口に置いて鬼の侵入を防ぐ「やいかがし」という風習がうまれました。
(「やいかがし」とは、腐った鰯の頭を焼いてにおいをつよくすることで『焼嗅』とかいてやいかがしと読みます)
最近ではいわしを玄関につるす家は少なくなりましたが、今でもいわし料理を食べる地域もあるようです。
節分に恵方巻きを食べるのは昔からある風習では無かったようです。いろいろな説があり、発祥の由来は謎のままです。しかし、これほど恵方巻きが日本全国に広まったのには理由があります。
恵方巻きの名称・由来は1998年(平成10年)にセブン-イレブンが全国発売にあたり、商品名に採用したことによるとされています。実際に恵方巻きは2002年には日本では50%くらいしか認知度が無かったのですが、2006年には90%以上の認知度となりました。
今晩はあちらこちらから「鬼は~外、福は~内」  聞こえるかな~
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR