FC2ブログ

鶏の部位、覚えておくと V

平成27年2月6日(金曜日)

若鶏トマトソース煮・シルバーサラダ・ほたてスープ・りんごジャム・コッペパン・牛乳

今日の「若鶏のトマトソース煮」は、お肉にトマトソースの味がしっかりついていておいしかったですね。
さて、にわとりもいろいろありますが、「若鶏」とは、生後3か月以内の鶏を呼ぶそうです。卵を産む、産まないに関わらず、生まれてまもない鶏のことを「若鶏」と呼ぶそうです。
ところで、鶏肉の部位をみなさんはご存知ですか?
ちなみに今日の「若鶏のトマトソース煮」は「もも肉」でした。
肉は部位によって特徴があり、それに適した調理方法もそれぞれあります。特徴を活かしたおいしさを味わうことで、よりお肉料理を楽しむことができます。

鶏肉の部位とその特徴をご紹介しましょう。
◇むね肉
脂肪が少なめでたんぱく質が多く肉質はやわらかいのが特徴です。味があっさりしているから焼き物や揚げ物など油の風味を活かした料理に適しています。また、淡泊さを活かした蒸し物でもおいしいです。
◇もも肉
筋肉質でやや固めですがうま味とコクのある味です。たんぱく質や脂肪はもちろん、鉄分も多い部位です。骨付きは煮込み料理で利用されます。唐揚げにもっともよく使われます。煮ても焼いても揚げてもおいしいです。
◇ササミ
豚や牛でいうヒレの部分でたんぱく質が最も多い部位です。脂肪が少なく淡泊な味です。蒸し料理やサラダ、和え物などに用いられます。
◇手羽 
翼の部分で、手羽先と手羽元に分かれます。脂肪やゼラチン質を多く含む部分で肉と皮のバランスを楽しめます。
スープや揚げ物に適しています。
◇皮
脂肪が多く味も濃厚でうま味が強いです。高カロリーですが、コラーゲンもたっぷりです。炒め物や煮物などで料理にコクを与えます。焼き鳥にすると香ばしさが加わって食欲をそそります。
◇砂肝
胃の筋力の部分。コリコリとした歯触りが特徴です。クセがあまりなく高たんぱくです。焼き物や揚げ物に利用されます。

いろいろな部位を食べ比べてみたり、どの部位が体のどの部分なのか調べてみるとおもしろいですよ。
なんだか、焼き鳥が食べたくなってきました・・・
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR