FC2ブログ

ナスニンのふるさとはインド

平成27年8月24日(月曜日)

枝豆シューマイ・甘口マーボーナス・わかめスープ・ごはん・牛乳

今日から2学期開始ですね。給食の今日からスタートしました。2学期最初の給食はどうでしたか?

今日のマーボーナスはナスがたっぷりで美味しかったですね。
ナスは、昔から食あたり、のぼせ、歯痛、口内炎、しもやけ、イボ、がん、高血圧、動脈硬化、眼精疲労などに効果があるとされてきました。
原産はインドで、日本へは奈良時代に中国を経由して渡ってきたそうです。「正倉院文書」(※奈良県の正倉院宝庫に保管されている文書群)の中にも出てくる由緒ある野菜です。種類も豊富で、主なものだけでも、中なす、小なす、丸なす、米なす、長なすなどがあります。
中なすはもっとも一般的なもので、炒めても、煮てもおいしくいただける万能野菜です。
なすは、焼きなすのほか、煮物、炒め物、蒸し物、グラタン、漬け物と、幅広い料理に使われています。油をよく吸うので、てんぷらや油炒めなどにも相性がよく適しています。漬け物にするときは、古釘を入れると、仕上がりを美しい色にすることができます。
なすの紫色は、「ナスニン」という色素によるものですが、鉄やアルミニウムに反応して、鮮やかな紺色になるからです。
四季を通じて流通していますが、旬は7~9月の夏野菜です。 冬から春にかけてはハウスものになるので、どうしても味は落ちてしまいます。

買うときのポイントは、色つやの美しさと、ヘたの新しさを重点的に見るといいでしょう。ヘたの切り口が茶色く変色しているものは古い証拠なので避けましょう。保存は乾燥させないよう、ラップにくるんで冷蔵庫で保管してくださいね(^^)
たくさんの効能、栄養があるナス、今が旬です!ぜひお家でも色々なバリエーションでナスを食べましょう♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR