FC2ブログ

軍隊で覚えた作り方を・・・

平成27年9月10日(木曜日)

甘口チキンカレー(小学校)・ポークカレー(中学校)、コールスローサラダ・牛乳


今日はカレーの日でした。今回初めて小学校と中学校で、甘口とちょっぴり辛い辛口で味を変えて出しました!
皆さん今日のカレーの味はどうでしたか?返ってきた食缶はきれいに空っぽでした(^^)良かったです!残さず食べてくれてありがとうございます。
小学校の甘口チキンカレーは野菜の味がとてもよく出ていましたね。中学校のポークカレーはスパイシーで味わい深かったです。

家でカレーを作る時に、カレールウの他にも色々と調味料を加えたりしますが、その家庭ごとで隠し味も違いますね。
隠し味として一番多いのは「にんにく」だそうです。
ウスターソースやケチャップ、醤油などの調味料はよく聞きますね。変わり種でチョコレートやインスタントコーヒーなどを少し入れるとコクが出ておいしくなります。試したことがなければぜひお試しください。おすすめです!(笑)

~給食とカレーの歴史~
1982年(昭和57年)1月22日、全国の小・中学校の給食で、全国学校栄養士協議会による全国統一メニューが実施され、子ども達にもっとも人気の高いカレーライスがその日のメニューに選ばれました。
この統一メニューについては賛否あり、給食の管理化、さらには管理教育などの問題にまで議論はエスカレートして、実施したのはあまり多くはなかったようです。一部を除いて、学校給食が始まったのは太平洋戦争後ですが、早い時期からカレーとシチューは子ども達に圧倒的な人気メニューでした。(このころはまだご飯の給食はなくパンでしたから、パンとカレーの組み合わせで食べていました)。もちろん、カレールウなどは使われず、カレーパウダーを使って水溶き小麦粉でとろみを付け、じゃが・玉・にんじんに「こま切れ肉」が少し・・・というスタイルでした。

給食のカレーといえば・・・戦前はもっぱら軍隊の給食にカレーが登場していました。
1873年(明治6年)にはすでに陸軍の学校でライスカレーがメニューに入っていますし、その後もずっとカレーは軍隊には欠かせないメニュー。見た目にも味的にも従来の日本人の食感覚からは受け入れがむずかしそうなカレーが、早い時期から日本全国に広がった背景には、地方の若者が入隊してカレーをおぼえ、故郷に持ち帰ったということもあるようです。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR