FC2ブログ

種類いっぱい、チャンプルー

平成27年11月5日(木曜日)

いわし昆布煮・チャンプルー・のっぺいじる・ごはん・牛乳

今日のチャンプルーはどうでしたか?
・・・私は、小松菜の味と豆腐の味がマッチしていて美味しかったです。ゴーヤだとクセがあり苦手な人の方が多いかもしれませんが・・・小松菜も苦手な人はいると思いますが、小松菜の方が食べやすかったと思います。

チャンプルーは、野菜や豆腐などを炒めた沖縄料理です。チャンプルーとは沖縄方言で「混ぜこぜにした」というような意味で、野菜や豆腐に限らず、さまざまな材料を一緒にして炒め合わせるそうです。
「ゴーヤーチャンプルー」「タマナーチャンプルー」などのように主な材料の名を冠して呼ばれることが多いそうです。
元々はありあわせの野菜に、安価で毎日手に入る豆腐、保存食である塩漬けの豚肉などを加えた沖縄の家庭料理であるそうですが、近年ではテレビ番組で紹介されるなどして、沖縄県以外の日本各地でも食べられるようになったようです。
琉球・東南アジア・日本・中国・アメリカの風物が歴史的経緯から様々な文化や風習などが入り交じっている沖縄県の文化のことを「チャンプルー文化」などと呼ぶこともあるそうですね。
チャンプルーには色々なバリエーションがあるので紹介しましょう。
①豆腐チャンプルー
チャンプルーは、主な材料の名を冠して「○○チャンプルー」と呼ばれることが多いそうです。以下には、代表的なチャンプルーの名称と、それに使われる材料を記したそうです。
ゴーヤーチャンプルー代表的なチャンプルーで、チャンプルーのメジャー化とともにゴーヤーは全国に普及したが、好き嫌いの分かれる野菜として知られるそうです。苦味が苦手な場合は、切ってから軽く下茹ですると苦味が抜けるそうです。
②タマナーチャンプルー
タマナー(玉菜)とはキャベツのことで、キャベツ中心のチャンプルーを指すそうです。
③マーミナーチャンプルー
マーミナー(豆菜)とはモヤシのことで、モヤシ中心のチャンプルーを指すそうです。
④パパヤーチャンプルー
完熟して甘みの出る前の青いパパイヤを千切りにして、ポークやにんじんなどと炒める料理です。豆腐は入れずにイリチーにすることが多いそうです。
⑤チキナーチャンプルー
チキナー(漬菜)とは、塩漬けにしたシマナー(島菜=カラシナ)のことで、これを中心に用いたチャンプルーを指すそうです。
⑥ナーベーラーチャンプルー
ナーベーラーとは、ヘチマのことで、青い状態のヘチマを豆腐やポークなどと炒めるりょうりだそうです。水分が多く、蒸し煮状になるので、チャンプルーと呼ばず「ナーベーラーンブシー」とも呼ばれるそうです。豆腐チャンプルー非常にあいまいな表現で、豆腐の入った炒め物(チャンプルー)全般を意味するそうです。
飲食店においては、豆腐を主役として野菜や肉類が少なめのもの、あるいはさまざまな材料を用いて主となる野菜が判然としないものを指すことが多いそうです。多種類の野菜を用いるものは野菜チャンプルーとも呼ばれるそうです。
⑦フーチャンプルー
フーとは麩のことで、沖縄県で常用される車麩を水や卵液に浸したものを、野菜などとともに炒める料理だそうです。豆腐は使用しないため、フーイリチーと呼ばれることもあるそうです。
⑧ソーミンチャンプルー
ソーミンとは素麺のことで、固めに茹でた素麺を少量の油とニラやネギなど少量の薬味野菜、ポークやベーコン、トゥーナなどと一緒に炒めたものを言うそうです。安価で保存性の高い素麺は前述の麩と同様に、冷蔵庫のない時代の沖縄では大変重宝されたみたいです。鹿児島県奄美群島の油そうめんに類似するそうです。なお、日本本土においても江戸時代の料理書『豆腐百珍』に「豆腐麺」という名前で豆腐と小松菜を具にしたものが紹介されているそうです。

色々なチャンプルーの沖縄料理があるんですね。このテーマを取り上げた私も・・・全然、知りませんでした。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR