FC2ブログ

しいたけの効能

平成27年12月8日(火曜日)

さんま紅葉煮・炒り豆腐・白菜の味噌汁・ごはん・牛乳

今日の給食はいかがでしたか?さんまの紅葉煮は、さんまの実もふっくらしていましたね。炒り豆腐もやさしい味でよかったですね。味噌汁も野菜の甘みと旨みがたっぷり出ていました。今日もバランスのいいおいしい給食でした。

今日の炒り豆腐には「干し椎茸」が入っています。給食には干し椎茸がよく使われます。
干し椎茸はその名のとおり、生の椎茸を乾燥したものです。
生椎茸は鮮度を保つのが難しい食材ですが、乾燥することで保存性が高まるだけでなく、栄養成分が濃縮されるため、栄養価も高くなるのが特徴です。
【香りと旨さの秘訣は乾燥にあり!】
干しシイタケが、生シイタケより香りや旨みが強いのは、乾燥する過程で、酵素と熱の働きによって、香り成分(レンチオニン)と旨み成分(グアニル酸)が増えるためです。
・レンチオニン…たった100万分の1gでも料理の香りを高めると言われるぐらい、強い香り成分。
・グアニル酸…アミノ酸の一種。干しシイタケには、生シイタケの10倍ものグアニル酸が含まれています。

【干しシイタケの歴史】
鎌倉時代初頭には、日本の干しシイタケが中国に渡り、だしを取るのに使われていたそうです。曹洞宗の道元は『典座教訓』の中で、中国へ留学した際に干しシイタケを買いに来た老人のことを書いています。本格的に広がったのは江戸時代。その当時の料理書には、干しシイタケをだしや煮付けに使ったりと、現代と同じような使い方をしていたようです。

乾燥させることで、香りや旨味が生まれるだけでなく、栄養素が凝縮されて、私たちの体によりよい効果をもたらしてくれます。
・免疫力アップ…β-グルカン(多糖類※)の一種であるレンチナンには、外敵から体を守る力(免疫力)の指標となるリンパ球が活性化されたり、風邪などのウイルス性の病気に対する抵抗力がつくだけでなく、抗腫瘍効果もあることが分かっているので、抗がん剤の成分として、医薬品業界でも注目を浴びています。また、最近の研究ではエイズウイルスを抑える作用があることもわかってきているようです。
※ 多糖類・・・糖がたくさんつながっている状態。でんぷんやセルロース、β‐グルカンなどが含まれます。β‐グルカンは、主にきのこ類に多く含まれ、強い抗がん作用を持つことが知られています。

【生活習慣病予防】
シイタケとマッシュルームにしか含まれていない栄養成分であるエリタデニンには、血中コレステロールの排泄や血圧調整作用があるので、動脈硬化や高血圧症などの生活習慣病の予防効果が期待できます。マッシュルームに含まれるエリタデニンの量はシイタケの100分の1程度なので、シイタケ特有の成分といってよいでしょう。また、豊富に含まれるカリウムにも血圧を下げる作用があることが知られています。

【骨粗しょう症予防】
カルシウムの吸収率を高める働きがあるビタミンDは、生シイタケの約9倍も含まれているので、丈夫な骨をつくり、骨粗しょう症を予防する効果が期待できます。また、日光に当てるとビタミンDに変化するエルゴステロールも豊富に含まれているので、食べる前に日光に当てれば、その効果は倍増します。

【女性の強い見方! 美容効果もあり】
生シイタケの10倍も含まれている食物繊維には、エネルギーの過剰摂取予防や便秘解消などの効果があるので、ダイエットにはおすすめの食材です。また、不足すると肌荒れの原因にもなるビタミンB2が含まれているので、お肌にもよいといわれています。カサカサ肌の干しシイタケですが、美しいお肌を保つためにも必要なのですね!

上手に取り入れたいですね(^^)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR