FC2ブログ

アクシデントから生まれた けんちん汁

平成27年12月15日(火曜日)

鶏ごぼう焼き・もやしとハムの酢の物・けんちん汁・ごはん・牛乳

けんちん汁は、鎌倉の「建長寺」が発祥の料理です。
お寺の精進料理ですから、肉類は使いません。 昔、建長寺の修行中の小僧さんが、誤って落としてこわしてしまった豆腐を何か料理に使えないかと考えて作られたお料理です。
ですから、けんちん汁に入れる豆腐は、包丁で切るのではなく手で崩しながら入れるのが本当の作り方なのです。
そして、豆腐が入っていないとけんちん汁とはいえないということになりますね(^^)
けんちん汁は醤油味が普通です。
今も建長寺ではけんちん汁が出されているそうです。建長寺で出されているけんちん汁は、「精進料理は殺生(せっしょう)をしないことが原則」ですから、カツオ節も使ってないのだそうです。どのようにダシをとっているかというと、ごぼうをごま油で丁寧に炒めて、そこからダシをとっていくのだそうです。
本格的な精進料理はやはり奥は深いですね(^^)

寒い時期、具だくさんでとても温まるけんちん汁。お家でもぜひ作ってみて下さい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR