FC2ブログ

醤油、ソイソース

平成27年12月16日(水曜日)

天ぷらうどん・小松菜のアーモンド和え・りんごヨーグルト・牛乳

今年の冬は、雪が降りませんね。例年だと根雪になっているのに・・・雪がなく個人てきにはうれしいですがスキー場、他、困る人もいると思います。このまま、暖冬なんでしょうかね・・・?

今日の天ぷらうどんは、8時頃からだしをとり始めました。20分位すると昆布とかつおのよい匂いが調理場内にただよいます。
だしの匂いって食欲をわかせる何ともいえない匂いですね。そして、具材をいれ最後に醤油をいれます。だしと醤油がよくマッチしてまたまたよい匂いがしました(うどん屋さんの匂いです・・・笑)

醤油って日本人にとってなくてはならない調味料。そして今では、各国世界のホテルやレストラン、家庭の食卓でも、 広く食されています。これほど日本人の食生活に密着し、また広く世界に普及した理由は、やはり醤油の持つおいしさにあるのでしょう。
醤油の原料は大豆、小麦、食塩。そしてこれらの原料から醤油の色、味、香りをつくり出しているのは、「麹菌」からできているそうです。絶妙なバランスで他にはない繊細で複雑なおいしさがあるすばらしい発酵食品です。
相乗効果
口に合わない食べ物に醤油をかけると意外においしく食べられたという経験はありませんか? なんでもかんでも、醤油をかけて食べる人や、洋食に醤油を使っても不思議と合ってしまいます。不思議な力があります。
消臭効果
醤油には肉や魚の生臭みを消すという消臭作用もあります。サバやイワシなど生臭みのある青魚の調理には、醤油はかかせない調味料ですね。材料の生臭みをやわらげたりします。
抑制効果
醤油には塩味をやわらげる働きもあります。塩鮭や漬物に醤油をかけてみると、塩味がやわらぐような感じがすることありませんか?これは醤油に含まれる香味成分や乳酸などが塩味をやわらげる働きをするためなのです。
加熱効果
もうひとつ忘れてはならないものは、醤油に熱を加えた時の食欲をそそる香ばしさ。焼き鳥、ウナギの蒲焼き、せんべいなどで経験されたことはありませんか?これは熱によって醤油の中のアミノ酸と糖分が反応して、たいへん香ばしい成分がつくり出されることによるものだそうです。
美味しさだけではなく醤油の秘密、魅力がこんなにもあります。「味」「香」「色」のバランスがよくどんな素材にも調和し、旨みをひきだしてくれる醤油。日本の伝統発酵食品醤油は、おいしさを倍増し、味に変化を持たせる不思議な力が備わっています。

※  秋田の角館に醤油アイスというのがあるそうです。残念ながら私は、食べたことがありませんが「おいしいそうです」一度食べてみたいと思っています。食べたことのある方はどんな味なのか教えてください(*^_^*)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR