FC2ブログ

ソーセージはサイズで名前が違うんです

平成28年1月22日(金曜日)

粗挽きウインナー・春雨サラダ・きのこスープ・食パン・ブルーベリージャム・牛乳

今日のウインナーは、プリプリして大変おいしかったです。
朝ごはんやお弁当のおかずなどに必ずウインナーが登場しますね。(酒のつまみにも・笑)子供から大人、みんな大好きな食材です。
ところで、ウインナーとソーセージの違いは何かわかりますか?
ソーセージとは、牛・豚・羊の腸などに各種の調製した肉などを詰め、乾燥・湯煮または燻製した保存食品のことで、大きさによって分けられます。「ウインナー」「フランクフルト」「ボロニアソーセージ」の総称を、「ソーセージ」と呼んでいます。

ウインナーは、 太さ20mm未満のもの、オーストリアのウイーンが発祥地
フランクフルトソセージは、太さ20mm以上36mm未満のもの、ドイツのフランクフルトが発祥地
ボロニアソーセージは、36mm以上のもの、イタリアのボローニャが発祥地
もちろん、魚肉ソーセージもソーセージのなかまです。原料が肉と魚の違いです。大正時代、水産試験場で試作されたのが魚肉ソーセージの発祥だと言われています。(日本が発祥地です)

ソーセージは、すごく身近な食べ物ですがこれからは、味や太さを気にしながら食べてみましょう!
※ソーセージは羊、豚、牛の腸に詰めたものを言いますが、今では、技術の進歩により腸のような人工詰め袋(ケーシング)に入れています。
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR