FC2ブログ

たらこ VS 明太子

平成28年5月26日(木曜日)

ごはん・いかフライ・子和え・いものこ汁・牛乳

今週、雨予報なのに全然、雨が降らないですね(。´・(ェ)・)
雨が降ってほしい訳ではありませんが・・・降らな過ぎるのもなぁと思っているのは私だけでしょうか(笑)

今日の子和えは、どうでしたか?甘味があって美味しかったですね。
たらこと言えば・・・昔、「たらこ~たらこ~♪」という歌が流れて流行っていたのを思い出しますが・・・たぶん、今の小学生・中学生はこの歌は分からないですよね?   たらこと明太子がありますがみなさんは・・・どっちが好きですか?
たらこと明太子の違いはわかりますか?辛子明太子とたらこは加工法が異なります。

辛子明太子とたらこは両方ともスケトウダラの卵を原料としていますが、味付けや加工法に違いがあるそうです。
まず、たらことはスケトウダラの卵を塩漬けにしたもののことだそうす。1903年頃から北海道でスケトウダラ漁が本格化し始めたのを皮切りに、塩漬けたらこは一般に広く普及されるようになったそうです。
その後、1910年~1921年にかけてたらこに食紅を添加した『紅葉子』が開発されるようになり、現在の有色たらこのもとになったそうです。
塩漬けされているので塩分は高いものの、辛みは少なく、まろやかな風味が特徴だそうです。

一方の辛子明太子は、塩漬けにしたたらこをさらに調味液に漬け込んだものになります。
調味液は唐辛子を主に、日本酒や昆布、砂糖、醤油、ゆずなどで作られており、商品によっては約7日ほど漬け込むそうです。有名店は秘伝のタレで漬けているのですね。
長時間熟成されたたらこには調味液がしっかり染み渡り、唐辛子の辛みがピリリと効いた辛子明太子に仕上がるそうです。
そのため、以前はたらこ=万人向け、辛子明太子=大人向けと認識されていましたが、最近は辛みや塩分をを抑えた辛子明太子も開発されており、子供やお年寄りにも親しまれています。
なお、たらこの産地として最も有名なのは北海道白老市の虎杖浜ですが、辛子明太子は九州・博多の名産品として知られています。

だんだん、暑くなってきました。
6〜8月の3カ月間は全国的に晴れる日が多く、気温が高くなる見込みになるようです。
気象庁によると、夏に南米ペルー沖で海面水温が低くなるラニーニャ現象が発生するとみられ、影響で太平洋高気圧が広く日本列島を覆うとのこと。
列島の南側からは暖かく湿った空気が流れ込みやすく、7月は全国的に降水量が多くなるようです。
気温が高くなってきているので、熱中症対策を心掛けましょう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR