FC2ブログ

健康は腸から

平成28年6月2日(木曜日)

ごはん・無添加ポーク焼売・バンバンジー・えび団子とビーフンのスープ・牛乳

今日は中華風のメニューでしたね。
焼売は大きくてボリュームがありました。バンバンジーは野菜たっぷりでさっぱり香ばしくおいしかったですね。
スープもえび団子がプリプリして、ビーフンもたっぷりで、これまたヘルシーなのにボリュームがありました(^^)

さて、突然ですが…
ご存知でしょうか?人間は腸からできることを…。
母親の胎内で受精卵から人間の形になっていく時、最初に出来上がる器官は、心臓でも脳でもなく、腸です。そしてその後、腸の両端に口と肛門ができます。
人間の誕生は、まず腸が始まりだったのです。そしてこれは人間だけではなく、他のすべての動物に言えることです。
植物が根から養分を吸収するように、動物は、腸によって「栄養の吸収と排泄」を行い、命をつなげています。
植物と動物の違いはなんと「腸があるかないか」です。
腸は「第2の脳」と言われています。腸を元気に保つことで健康な毎日を送ることができます。

腸の中には、100~120兆個もの腸内細菌が住んでいて、善玉菌(ビフィズス菌、腸球菌など)は、免疫力を高め、有害な菌をやっつけたりします。悪玉菌(大腸菌、ウィルシュ菌、ブドウ球菌など)は、腸の壁を溶かしたり、有害物質を作り出し、がんの原因となったりします。この善玉菌と悪玉菌は、常に勢力争いをしています。そしてこの腸内の環境が良いと消化吸収が良くなるだけでなく、
内臓全体の動きが良くなるので、代謝が上がり、やせやすい体になっていくのです。つまり、腸の中を元気にしてあげると、痩せていく!ということです(^^)

さて、皆さんの腸は、善玉菌と悪玉菌、どっちが優勢ですか?
これを見分ける方法は便の色です。
善玉菌が多いと、黄色っぽくなり、悪玉菌が多いと、黒っぽくなります。
赤ちゃんの頃は、善玉菌が多いので、便も黄色っぽいですね。便の色を毎日チェックして、食生活を見直してみるのも良いですね。

お腹の中の善玉菌を増やすためには「野菜・海草」をたくさん食べる事です。
健康の為に野菜をたくさん食べなさい」というのは良く聞く言葉ですが、いったいどうして、野菜を食べると痩せるのでしょう?
それは、野菜や海草にはコレステロール、血糖値、中性脂肪、血圧を下げる効果のある、食物繊維がたくさん含まれているからです。そして、なんといっても、この「腸の環境を良くする成分」もたっぷり含まれています。

実は、腸内の善玉菌を増やす方法は大きく2つの方法があります。
1つ目は、ヨーグルトなどで、ビフィズス菌など善玉菌を直接食べる方法です。そして、もう一つは善玉菌のエサをたくさん食べる方法です。実は、野菜に含まれる食物繊維は、大きく「不溶性食物繊維」と「水溶性食物繊維」の2種類に分類されます。
不溶性食物繊維」は、水に溶けない性質で繊維がしっかりしているもので、ゴボウ、レタス、セロリなど、噛み応えのある食べ物に含まれます。 お腹の中の腐敗物を吸着し、便として早く外に出して腸の中をキレイにお掃除してくれます。「水溶性食物繊維」は水に溶ける性質があり、納豆、オクラ、モロヘイヤ、ワカメなど、ヌルヌルネバネバした食べ物に含まれます。水をたくさん吸着し、便量を増やしてくれたり、コレステロール、血糖値、中性脂肪、血圧を下げる効果があります。そして、この水溶性食物繊維は、善玉菌のエサになるのです。つまり、ネバネバ・ヌルヌルした野菜を食べると善玉菌が増えて腸の環境も良くなるということなのです。
腸の調子が良くなると、代謝が上がって痩せるだけでなく、体全体の調子も良くなります。

腸を元気にして楽しい毎日にしましょう\(^o^)/
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR