FC2ブログ

しっかり睡眠、髪にも良いよ

平成28年7月5日(火曜日)

さんま生姜煮・厚揚げの旨煮・かぶの味噌汁・ごはん・牛乳

暑かったり涼しかったり、気温差があって、体調も崩しやすい時期ですね。

今日は、献立から少し離れたお話を・・・
肌は紫外線によって夏に一気に年をとるそうです。
実は髪(頭皮)にとっても蒸し暑い夏は、皮脂汚れや雑菌と闘う過酷な季節です。
私たちは夜、眠っている間に成長ホルモンが盛んに分泌され、日中のダメージを受けた細胞を修復したり、作り替えられたりして若々しい体を保っています。そのホルモンの分泌は夜22時~2時の間はピークということから、この時間帯を睡眠のゴールデンタイムと呼び、その間に眠ると美肌効果も高い。美肌や若々しさを保つには、夜更かしは禁物。せめてその日中に寝ることが大切です。これは、肌だけでなく、髪にも言えます。

体内の細胞がせっせとリセットに励むこの時間帯、実は毛根でも髪の元となるものがせっせと作られているんだそうです。
そして、髪が実際に生えるのは、そのあとの朝3時~9時。朝方に髪は生えるのですが、その時間帯は発毛のために毛穴がゆるんでいるそうです。その時間帯ににシャンプーをすると…いくらすすいでも毛穴に洗剤が残存しやすくなり、それが毛根にダメージを与え、脱毛や薄毛の原因になるのだそうです!朝、寝癖や汗を流したいなら、何もつけないですすぐのがいいそうです。
よって、シャンプーは夜がおすすめです(^^)
洗い方も、まず2分ほどシャワーを頭にかけつづけ、予洗をすることが大切で、これだけで7割の汚れは落ちるそうです。
次にシャンプーは必ず洗顔ネットやスポンジでたっぷり泡立てて、それで頭皮を洗います。汚れは泡で落とすのは顔も頭皮も同じですね。
顔に比べて頭皮は3倍も皮脂分泌量が多く、シャンプーは毛穴に詰まった皮脂汚れを落とすことが目的です。だから洗い方は指の腹を使って、毛穴から皮脂汚れを押し出すように細かくつまみ洗いするといいそうです。
シャンプー後、よくすすいだら、必ずドライヤーで髪の根もとと頭皮を乾かすこと。
乾かないまま寝ると、雑菌の温床になり湿疹が起こりやすくなり、これもよい髪が生えるのを邪魔します!
夏の頭皮ケア次第で老化の80%を防ぐことができるそうですよ(^^)

しっかり洗って清潔に保つことも必要ですが、食事も3食しっかり栄養のバランスを考えて食べましょう。
たんぱく質を中心に、バランス良く偏らずに色々なものを食べることで、髪や頭皮の健康も保っていきましょうね(^^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR