FC2ブログ

じゃこ

平成28年11月28日(月曜日)

肉豆腐・きゃべつとわかめの辛子醤油和え・小松菜の味噌汁・ごはん・牛乳

11月もいよいよ最終週になりました。早いですね~。
明々後日から・・・もう12月です。一年が過ぎるのもあっという間な気がします(^^;)

さて、今日の献立はいかがでしたか?肉豆腐も辛子和えもごはんに合っておいしかったですね。
辛子和えには、きゃべつとわかめの他に、人参、ちりめんじゃこが入って、辛子醤油と三温糖とごま油で味付けをして、最後に白ごまをサッと混ぜました。
できあがってすぐの時は辛子の風味が効いていたのですが、食べる頃にはなくなってましたね(^^;)

ちりめんじゃこは鰯(イワシ)の稚魚を使った食材です。
鰯は主に片口鰯(カタクチイワシ)を使用しますが、季節により真鰯(マイワシ)や潤目鰯(ウルメイワシ)なども使用されます。
似たようなもので、しらすもありますが、呼び名の違いは乾燥度の違いから、「しらす(しらす干し)」や「ちりめんじゃこ」と呼び分けられています。一般的には、 「釜茹でしたのみ」のものを「しらす(釜揚げしらす)」、 「釜茹で後に少し干したもの」を「しらす干し」、「じっくり干して乾燥させたもの」を「ちりめんじゃこ」と呼びます。
簡単にまとめると、「しらす」→「しらす干し」→「ちりめんじゃこ」の順に乾燥度が高くなります。

高知では「しらす(しらす干し)」も「ちりめんじゃこ」も全て「ちりめんじゃこ」と呼びます。 乾燥度に限らず、乾燥度が軟らかめの品も硬めの品も全て「ちりめんじゃこ」と総称して呼びます。
※「ちりめんじゃこ」の他、「ちりめん」、「おじゃこ」、「じゃこ」などの表現も使われます。

「高知では」と付けたのには理由があり、「しらす(しらす干し)」と「ちりめんじゃこ」の呼び方は地方によって違うようです。
地方によって「しらす」と「ちりめんじゃこ」の使い分けは様々ですが、主に東日本で使われることの多い表現のようです。
乾燥度の低いものを「しらす」、高いものを「ちりめんじゃこ」、大きさも組み合わさって呼び名が変わる地方もあるようで、さらに「いりこ」まで加わる地方もあるようです。
高知では全く区別せず、全て「ちりめんじゃこ」と統一して呼ぶので、関東などで言う「釜揚げしらす」も高知で言うと「釜揚げちりめん」となるようです。 同じように、「しらす干し」も高知で言うと「ちりめんじゃこ」「おじゃこ」という表現になるようです。
地域によって呼び方が変わるのはおもしろいですね。

ちなみに「小女子(こうなご)」というちりめんじゃこと同じような、小さくて形も似ている魚もスーパーでよく見かけますね。
小女子はちりめんじゃことはまた違う魚です。ご存知でしたか?
小女子はイカナゴという別の種類の魚で、銀色に光っている、頭がとがっているという特徴がありますよ(^^)
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR