FC2ブログ

ツリーの飾りの意味

平成28年12月7日(水曜日)

味付きゆでたまご・野菜いため・カレーうどん・牛乳

今日、12月7日は二十四節気のひとつ「大雪」です。
北風が吹いて大雪(おおゆき)が降る頃という意味で「大雪(たいせつ)」。平野部でも雪が降るようになり、熊が冬眠に入るそうです。いよいよ冬本番です。11月から北海道で大雪が降り、今年は、冬の訪れが早いような気がします。

そして、1886年(明治19年)12月7日、横浜の明治屋で日本初のクリスマスツリーが飾られた日です。
クリスマスといえば、ツリーを飾るのが定番ですよね。 ふだん、何気なく見ているクリスマスツリー。 飾りの1つ1つにも、 ふか~い意味があるのをご存知でしたか?

・モミの木・・・・・ モミの木は、冬でも緑を保つ常緑樹で生命力の象徴

・ボール(クーゲル)・・・・・りんごのかわりにガラス球がつくられ、使われるようになりました。ただのボールではなく、色ごとに意味がある。
  赤=キリストが流した血の色
  白=純血
  緑=永遠
  金と銀=キリストの気高さや高貴さを表しているそうです。

・トップスター・・・・・キリストが生まれた時の星を表現しています。

・ベル・・・・・ キリストの誕生を知らせた、天使のベルを表していて、魔物を寄せ付けない聖なるベル

・キャンディー・・・・・ 杖の形をしたキャンディーは、羊飼いが使う杖を表していて、迷った羊を、杖の曲がたところでひっかけ、群れにもどすのに使っていたことから助け合いの心を表します。

・靴下・・・・・ サンタクロースが貧しい家の子どもを助けるために、煙突から金貨をなげ入れた際に、偶然靴下に入ったことからサンタクロースが靴下の中にプレゼントを入れてくれると言われています。

今年は、クリスマスツリー飾りましたか?家族みんなでツリーの由来を話しながら、わいわい楽しみながら飾ってみてはいかかでしょうか!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR