FC2ブログ

朝の味噌汁のちから

平成29年1月30日(月曜日)


さけ塩焼き・炒り豆腐・大根の味噌汁・ごはん・牛乳

昨晩からの雪がいっきに積もりましたね。今日も朝から降り続き、止む気配はありません。そして気温もまた下がって朝からとても寒かったですね。
こんな寒い日は朝、布団から出るのもおっくうですよね(^^;)
それでも頑張って起きて朝ごはんをしっかり食べましょう!!

特に朝、味噌汁を飲むことで、体が温まり、代謝を助けるビタミンB群も含まれているので体をしっかり目覚めさせてくれますよ(^^)
毎日1杯程度の味噌汁を食べることで、血管年齢が10歳も若返る、という驚きの調査結果があるのはご存知ですか?
味噌の中に含まれるサポニンやレシチンという物質には、体内の余分な脂肪を溶かす働きがあるとされています。また、大豆に多く含まれる食物繊維は腸の掃除をしてくれます。しかも、味噌には私たちの体を構成するたんぱく質が豊富に含まれています。
しかも、大豆の蛋白質は良質の植物性の蛋白質のため、血液の汚れないのも特徴です。

ここで昔話を一つ…。
昔の人のタバコといったらキセルがメインでした。今はフィルター形のタバコがメインですが…。
キセルの黒ずみやヤニは水洗いではなかなか落ちません。 
そこで、ヤニ落としに味噌汁が使われていたそうです。味噌汁でキセルを掃除すると、きれいに黒ずみ、ヤニが落ちるのです!

体のヤニ、毒素落としでも、お味噌はいいとされています。
家で、お父さんがタバコをよく吸うな…という人、食卓に味噌汁の存在は大切になってくると思います。
はっきりとした検証はされてはいないですが、大豆のサポニンの作用でヤニなどはきれいになる可能性があると思われます(^^)

味噌汁には野菜や海藻、きのこ、肉、卵…さまざまな食材が合います。
便秘がちな時には、ごぼう、かぼちゃ、きのこ類、海藻、こんにゃくなど食物繊維の多い食材を具材にすることで、腸の運動を促したり、便を柔らかくしたりします。
また、この季節、免疫力を上げて風邪の予防をしておきたいですよね。そのような時にお勧めの具材は、ほうれん草や小松菜など青菜、人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜です。緑黄色野菜は、免疫力を高める効果があるビタミンAが豊富です。ビタミンAは油と一緒に摂ると吸収が高まるので、具材を炒めておいたり、油揚げを一緒に入れたりするのも良いでしょう。油を使うことで味にコクもでます。
疲れが溜まった時には、豚肉、大豆製品(豆腐、厚揚げ)と 香味野菜(ニラ、葱)の組み合わせがいいです。豚肉や大豆製品には、疲労回復に役立つビタミンB群が豊富に含まれ、香味野菜はビタミンB群の働きを助けます。
豚肉も大豆製品もどちらも入れて具だくさんの豚汁にするのもお勧めです!
むくみがちな時は、さつまいも、じゃがいも、里芋などの芋類、かぼちゃ、きのこ類、海藻がお勧めです。
身体の水分バランスを調整するカリウムが豊富です。カリウムは水に溶けやすいので、汁もしっかりと飲みましょうね(^^)


最後に…「みそ汁は朝の毒消し」これは味噌汁に関することわざです。「朝の一杯のみそ汁は体にいい」という意味で、味噌汁の栄養がとてもいいということを表わしています。
味噌汁の力…すごいですね(^^)ぜひ、朝ごはんに味噌汁を☆
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR