FC2ブログ

豆を炒るわけ

平成29年2月3日(金曜日)

チーズオムレツ・えびとおくらのサラダ・ビーンズポタージュ・豆パン・牛乳

今日2月3日は、「節分」ですね。明日は立春・・・・・でも今年最強の寒さです。春はまだまだ先のようです。下北地方には「インフルエンザ警報」が発令されました。みなさんは元気でしょうか?

節分にまく豆は炒った大豆を使いますが、なぜ炒った大豆を使うのでしょうか?
まず、豆をまくということは豆の持つ力で邪気を払い幸福を呼ぶと考えられています。
炒った大豆を使う理由は昔の家は土間といって床板がなくあしもとが土のところがありました。豆まきの後に、撒いた豆を拾いますが、豆を拾い損ねたものから芽が出てくると災いが起こるといわれていました。そこで忘れても芽が出てこないようにということから大豆を炒って使ったと言われています。考えられた知恵ですね!

節分に豆をまく理由はもうひとつあり、魔の目(魔目=まめ)」に豆を投げつけて「魔を滅する(魔滅=まめ)」にしたと言われています。また、炒って使うのは火を入れると大豆がもっと硬くなり、鬼にぶつけて退治するのに都合が良いとも言われているそうです。
今は、落花生をまくところが多いみたいですね。
豆をはじめとした穀物には、古くから魔よけの力があると信じられていたようです。
豆 → 生命力や英気を養う食べ物 → 悪いことを退ける
子供の頃を思い出しこれからの1年に、悪いことが起きないように願いをこめ今夜は、豆まきをしてみてはいかがでしょうか!「鬼は~外  福は~内」  (^^♪ 👹 
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

むつ教振

Author:むつ教振
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR